RSS
 

Nyann.net ブログへようこそ!

24 1月

WordPress
Nyann.net Blog
2015.6より「オーディオ」のカテゴリーを追加しました。
2017.2より「料理・レシピ」のカテゴリーを追加しました。
2017.6より「モノラルオーディオの勧め」のカテゴリーを追加しました。
TOPの「ブログへようこそ!」ページ意外はコメントを受け付けています。
迷惑コメントブロックため許可制にしています。
投稿記事↓のNo Commentsをクリック
お気軽にコメントを入れてください。
よろしくお願いします!img_0+Q-vert

「Tumbler」(タンブラー)「My Favorite Image」
お気に入りのイメージを集めています≪随時収集中です≫
よろしかったら・ココ↓・から見てください(^^♪
Tumbler My Favorite Image

 
Nyann.net ブログへようこそ! はコメントを受け付けていません。

Posted in admin

 

ALTEC 408A 8inch BIFLEX FULL RANGE SPEAKER

10 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

今日は秋晴れ?・・まだまだ暑い!!
久々にちょっと珍しい・・古いスピーカーでも・・

ALTEC 408A BIFLEX・・

ALTEC 408A BIFLEX


 
「CD 408-8A」ではないですよ・・

おそらく「ALTEC」で一番小さいバイフレックス スピーカー
あまりお目にかからない物です・・

ALTEC 408A BIFLEX


 
アルテック年表より年代順

ALTEC 415A BIFLEX:15インチ  1954
ALTEC 412A BIFLEX:12インチ  1954
ALTEC 408A BIFLEX: 8インチ  1954
ALTEC 412B BIFLEX:12インチ  1957
ALTEC 415C BIFLEX:15インチ  1963
ALTEC 412C BIFLEX:12インチ  1963
ALTEC 420A BIFLEX:15インチ  1968
ALTEC 419A BIFLEX:12インチ  1968
ALTEC 420-8A BIFLEX:15インチ 1970
ALTEC 420-8B BIFLEX:15インチ 1970
ALTEC 419-8B BIFLEX:12インチ 1970

私の知る限りでは
年代的にこの順だと思います(^^♪
8インチの「BIFLEX」はこの「408A」以外に見当たりません・・

だいぶ昔に手に入れた物なので程度は良いですよ・・
ビスコロイドの状態も良く・・
コーン紙の焼けや汚れキズも全くありません・・
何処で使っていたんでしょう?(^^♪

ALTEC 408A BIFLEX


 
「ALTEC」は奥が深いので・・
まだ知らないユニットがあるかもしれません・・

もしかすると途中「755C」1963 に取って代わられたのかもしれませんね(^^♪

ニアフィールド・・1本モノーラルで

ALTEC 408A BIFLEX


 
年代的にはここらへんかな「ベニーグッドマン」

ALTEC 408A BIFLEX


 
フレームの塗装もほとんど痛みはありません・・
まだ良く艶が残っています・・

ALTEC 408A BIFLEX


 
音は・・
「ALTEC 755C」パンケーキと
「ALTEC 403A」の中間位かな・・
どちらかというと「ALTEC 403A」寄りの音かもしれません・・

ちょうど位置づけ的に中途半端なのであまり生産台数は多くないのではないかと思います(^^♪

 

TASCAM CD-450

02 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

今日は涼しいので・・
CDなんぞを聴こうかな・・
TEACの業務用版 TASCAMブランドのCDプレーヤー・・

Donald Fagen 「The Nightfly」

Donald Fagen


I.G.y
GREEN FLOWER STREET
RUBY BABY
MAXINE
NEW FRONTIER
THE NIGHTFLY
THE GOOBYE LOOK
WALK BETWEEN RAINDROPS

このCDもう30年前のCDなのにいまだに話題になってる・・
 

今田 勝 「リバージュ」

Masaru Imada


MELODIOUS SUMMER
WIND&WAVE
DRIVING THE CABRIOLET
SHIPS IN HARBOR
A DOOR OF GLASS
VINOUS PARTY
SAINT TROPES
STRANGE CONVERSATION
ON GREEN DOLPHIN STREET
今の時期に聴くのにぴったり・・
 

ジョゼフ・レスリー・サンプル
超有名ですね・・
フュージョン系・・
JOE SAMPLE 「RAINBOW SEEKER」

Joe Sample


RAINBOW SEEKER
IN ALL MY WILDEST DREAMS
THERE ARE MANY STOPS ALONG THE WAY
MELODIES OF LOVE
FLY WIHT WINGES OF LOVE
AS LONG AS IT LASTS
ISLANDS IN THE RAIN
TOGETHER WE’LL FIND A WAY
 

ジャズピアノのビルエバンスじゃないですよ・・
同姓同名だけど別人・・
サウンドもジャズじゃなくてフュージョン系・・
BILL EVANS 「PUSH」

Bill Evans


PUSH
ROAD TO RVIN
IF ONLY IN YOUR DREAMS
LONDON HOUSE
NIGHT WING
STAND UP AND DO SOMETHING
THE HOBO
YOU GOTTA BELIEVE
LIFE IS DANGEROUS
U R WHAT U HEAR
A SIMPLE LIFE MATTER OF TIME
 

TASCAM (TEAC) 「CD-450」

TEAC CD-450


かれこれ10年以上倉庫で寝ていたでしょうか・・
ほとんどデッドストック品・・
なのでとても新しいですよ(笑)
「MARANZ CD-34」が壊れてからCDは我が家にはありませんでしたから・・
かれこれ10数年ぶりのCDプレーヤー・・
なので、今日聴いたCDは10数年ぶり(笑)
 

今日は涼しいので久々に
お化けの「CASPER」1995年 点灯・・
こういうのが好きなもんで(爆)
「Casper McFadden」 This is the United States of character

CASPER


Casper the Friendly Ghost 1995
 

「ALTEC LANSING」 This is the United States of companies
「614D ENCLOSURE IN 419-8B BIFLEX FULLRANGE SPERKER ON 811B HORN & 802-8D DRIVER」

ALTEC 12inch SP SYSTEM


我が家のメインスピーカー・・
まだ暑いのでアンプはALTEC 1568Aでドライブ中(^^♪
 

 

憧れのスピーカーシステムはJBLだった(笑)

28 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

さかのぼること42年前・・細かい(笑)
まだ中学生の頃・・
JBLが大好きでした・・(持っていなかったけど)

1975年頃の秋葉原はそこいらじゅうで「JBL」がガンガン鳴っていました・・

ステレオで揃えるとうん百万もするようなシステムが・・
無造作に置かれてガンガン鳴っていました・・

もちろんオーディオ店の試聴室なんかにはパラゴンも置いてある・・
しかも中学生の私がこれ鳴らして・・って言うとその何百万もするものを快く鳴らしてくれた!!

今では考えられない光景が目前に有った・・

D-44000 PARAGON
低域用:38cmコーン型(LE15A)×2
中域用:ホーン型(375+H5038P)×2
高域用:ホーン型(075)×2
ネットワーク:LX5、N7000(各2)
ネットより抜粋

JBL D44000 PARAGON


 
中学生の私には当時このスピーカの良さは解らなかった・・たぶん!!
これから音が出るのが不思議だった(笑)

やはり素晴らしかったのはコレ・・
JBL4343BWX
低域用:38cmコーン型(2231A)
中低域用:25cmコーン型(2121)
中高域用:ホーン型(2308+2307+2420)
超高域用:ホーン型(2405)
ネットより抜粋

JBL 4343BWX


 
正直・・初めて聴いたとき今でも覚えていますがすごい衝撃でした・・
目の覚めるような青いバッフル板に確りとしたエンクロージャー・・
ビジュアル的にもすごくインパクトがありました・・
38センチのウーファーがボコボコピストン運動をしながら爆音で鳴っている・・
爆音で鳴っているのに全く音が崩れていない・・

もう一つ
JBL4333A
低域用:38cmコーン型(2231A)
中域用:ホーン型(2308+2312+2420)
高域用:ホーン型(2405)
4343よりはコンパクトでしたが、その分4343よりも更にモニター的なハイスピードな音・・
ネットより抜粋

JBL 4333A


 
当時は今の様なモダン・・ハードバップ・・
デキシーランドジャズよりも・・
フュージョン系やクロスオーバー系ってジャンルを聴いていました・・
ボブジェームス
ハーブアルバート
ベンシドラン

チックコリアなんかも好んで聴いていましたね・・
なのでJBLは打って付け・・

「JBL43・・」ほんとインパクトのある音を出していました・・
全てが生々しくて煌びやかで・・
目の前で生演奏を聴いているような・・
迫力も十二分・・

お次はコレ・・
JBLのバックロードホーン
JBL4520BK
モニターシリーズとはまた異色でこれも迫力ありました・・
こんな大きいの普通はホールやライブ会場位しかお目に掛かれませんよね・・
当時はこんなのがオーディオ店の軒先に有ったんです・・
ネットより抜粋

JBL 4520BK


 
ALTECと同じくJBL業務用PAシステム
ネットより抜粋

JBL ENCLOSURE


 
独特のホーンレンズを持ったホーンたち
ネットより抜粋

JBL MID/HIGH FREQUENCY HORN


 
こんなのを組み合わせて部屋に入れて爆音で聴くのが夢でした・・(当時自分の部屋が無かった(爆))

もう一つ・・
より現実的なスピーカーシステムとして
JBL4311
初代コントロールモニター
これは本当に欲しかった・・
より現実的に手に入れたかったですね!!
真っ白なコーン紙・・憧れでした!!
ただこれとて当時の私には高嶺の花・・
1台¥198,000でしたからね・・
バイトもしていない中学生には無理無理(笑)
低域用:30cmコーン型(2212)
中域用:13cmコーン型(LE5-2)
高域用:3.6cmコーン型(LE25)
ネットより抜粋

JBL 4311


 
これもいい音していました・・
大型のモニターシステムとはまた違った音で・・とても聴き易く・・なのに明瞭で良かったですね!!
私がよく言っている「美味しい音」・・
今でもブックシェルフタイプでは「最高のスピーカーシステム」だと思います(^^♪

結局のところ
高校3年位からバイトをはじめて大学生の頃は
長岡鉄男先生の元でバックロード「ダイナロード9」を作成
就職してからは「エレクトリ師匠」と出会いアルテックシステムを導入
現在に至る今の今までJBLには今まで一度も縁がありませんでした・・

アルテックのスピーカーと同じく・・(アルテックは殆ど布か紙エッジなので交換不要!)
JBLのスピーカーもエッジを交換すれば確りとした新しい頃の音が再生できますからね・・

一生に一度JBL4343を手に入れてレストアして自宅で鳴らしてみたいです(^^♪

 

ortofon – 2M-RED Play Jean Sibelius

27 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

やっぱり「oltofon」はクラシック音楽なんですねぇ・・
特にオケは・・
何を今さら当たり前でしょう・・って諸先輩方に怒られそう(笑)

解ってはいたんですが、お気に入りの「Sibelius」が見つからなくて・・
ortofon – 2M RED

ORTOFON 2M RED


 
ぐぅっとホールの奥行きが増します・・
同時に縦横方向の音場の広がり感も・・
包み込むようなオーケストラの編成の広がり感・・
絡み合う楽器の和音が繊細で心地良いですね!!

ダイナミックレンジの広さと言い・・
どれをとっても本来の「oltofon」トーン・・
久々にオケを楽しく聴きましたねぇ!!

Jean Sibelius


 
カートリッジに・・
ジャズやポピュラーばかり掛けて・・
やぁ~っとクラシックを掛けたか・・
って・・
言われているような・・

餅屋は餅屋ですねぇ(^^♪
———————————–
追加で

「Lorin Maazel」指揮 チャイコフスキー Symphony No.4 in F Minor,Op.36

Tchaikovsky


 
Side:1 の最初の部分も・・
Side:2の最後のフィナーレの部分も・・
難なくこなせましたね(^^♪
———————————–
また追加

弦楽器・・特にバイオリンの響きがなんとも癒しです・・
ここいらへんはオルトフォンのなんとも艶のある響きの良い音・・
分解能が良く確りした音を出します(^^♪

DAS SALON-ORCHESTER COLLN SPIELT CAFEHAUS-MUSIK

Das Salon Musik


 
ジャケットの女性がコーヒーを飲んでいる絵が気に入っています・・
カップに刻んである「MARCO-POLO」なんて文字が洒落てます(^^♪

1982 HARMONIA MUNNDI(FRANCE)
小編成の楽団のようですが・・
ライナーノートがドイツ語です?
カフェサロンミュージックと書いてあります

Das Salon Musik


 
真ん中のパーカッション担当の「立派なひげのおじさん」が良いですね(^^♪

 

モノーラルオーディオのお勧め!

26 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

モノーラルオーディオのお勧め!

オーディオマニアとは・・

低域がどうの高域がどうの・・
音場がどうの・・
一番の楽しみです・・
アンプをいじり倒す・・
ケーブルをとっかえひっかえ・・
とても楽しいひと時です・・
知らず知らずに身構えて・・集中して聴いているものです・・

オーディオルームのメインシステムで音楽を長時間聴いていると・・
時には体力的・精神的に疲れてくる事もあります・・

今日はかったるいなぁ・・
メインシステムの電源を入れるにはちょっと重いなぁ・・
でもなんとなく好きな音楽を聴きたいなぁ・・
なぁんて事もあるでしょう・・

そんな時簡単に手元で鳴らせるモノーラルシステムはどうでしょう・・
レコードラックから今聞きたい曲を何枚か取り出して・・
小さなプリメインアンプで・・
小口径の少し古いスピーカーで・・
昔のラジオを聴く感覚で・・
難しく考えないで純粋に音楽だけを聴く・・
決してハイファイじゃないけど・・
ミュージシャンの演奏が心に沁みる・・

モノーラルオーディオとてオーディオですから・・
余り凝らないのが良いですね(^^♪
—————————————–

mono-system


 
カートリッジ:SHURE M44-7
イコライザー:SHURE M64-A
レコードプレーヤー:ELAC MIRACORD 10H
ステレオ⇒モノーラル合成トランス:タムラ TN-347
プリメインアンプ:Vintage Join Premium Miniamp
スピーカー:HECO Majestic
 

 

⁺今朝の猫たち

23 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

⁺今朝の猫たち

特集をやるわけではありません・・たまたま映像が撮れたので(笑)

新猫登場(^^♪

近所のマンションの入り口に出現・・
目が青い猫・・毛並みもよさそうだし・・野良ではないようですね~~
目つきが怖い(笑)

⁺今朝の猫たち


 
家猫の脱走兵(爆)

 

ALTEC 419-8B ニアフィールドで聴いてみた

08 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

最近ユニットのみで聴く機会が増えてきた・・
箱を作っても置く所がない(笑)

今回はアルテックのバイフレックススピーカー・・
メインシステムでも使っているけど・・フルレンジで鳴らすときはプレーンバッフルか後面開放・・
センターのアルミキャップがいい音を出すんです(^^♪

ALTEC 419-8B


 
アンプは定番の「Vintage Join」製の「Premium Miniamp」・・
ニアフィールドで聴くにはこのアンプ・・
もしくは「Miniamp」(かまぼこアンプ)がいい感じでスピーカーをドライブしてくれます(^^♪

ALTEC 419-8B


 
こんな感じでただ乗っけているだけ・・
台座の部分に大きな溝があるので、結構安定しています・・

ALTEC 419-8B


 
ウエスモンゴメリーのギターなんか最高にいい音を出しますが・・
ボーカル物もなかなか聞かせてくれます・・

ALTEC 419-8B


 
半端物の1本・・
昔、エレクトリ師匠から貰ったものです・・
今のメインのスピーカーシステムの基になったスピーカーです(^^♪

ALTEC 419-8B


 
セミアコースティックギターのチョッパーを聞かせたフレーズはこのスピーカーで聴くと痺れます・・

ALTEC 419-8B


 

私の記憶にある究極のニアフィールドスタイル!!

練馬に住んでいた頃近くの友達が・・
ウエスタンエレクトリックの「728B」12インチフルレンジスピーカー1本・・
ボロボロのアルテックの「622B」に入れて・・
ビンテージ品のフランス製のテーブルの上にサクッと置いて聴いていました!

音源はマランツのCDプレーヤー「CD-34」タムラの小さなトランスでモノーラル合成をして・・
アンプは「IPC」の古いユニットアンプを使って・・
ボリュームはパワーアンプについている入力ボリューム1個・・

コーン紙が日焼けして破れた部分を補修したボロボロの「728B」でしたが・・
(当時、商品にならないものを貰ってきたそうです)
ボロでもウエスタンエレクトリックですね・・とても心地よい音を出していました!

ビンテージはボロボロが良い(爆)

それを前に二人でスコッチウイスキーを呑んで色々なビンテージのオーディオ話をしたものです(^^♪

WESTERN ELECTRIC 728B LOUD SPERKER
ALTEC LANSING 622B ENCLOSURE

WE728B AL622B


 

 

大宮(さいたま市)のお祭りだよ~

02 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

大宮(さいたま市)の夏祭り
大宮氷川神社・例大祭
結構盛大でしょ!!

神事なので土日には合わせません
あいにくの雨ですが熱気ムンムンです!!

毎年8月1日・2日に開催

JR大宮駅(さいたま市)東口・・「仲町」の神輿

さいたま市大宮区の夏祭り


 
「大宮氷川神社」は「武蔵国一宮」と言って、関東の約200社余りある「氷川の神」の総本社です・・
平成の天皇陛下が即位された時もこの氷川神社に即位の報告をしに参拝されました!!

参道は、旧中山道沿いにあり片道約「2キロ」の長さがあります・・

大宮氷川神社は「孝昭天皇」の時代に創建されました・・とされているようです(^^♪

主に祀られている神様は

須佐之男命 (すさのおのみこと)
稲田姫命 (いなだひめのみこと)
大己貴命 (おおなむちのみこと)

詳しくはホームページがあるので見てください・・
武蔵一宮 氷川神社

現在の大宮区(旧大宮市)の名前の由来はこの神社の「大いなる宮居」から来ています(^^♪

さいたま市大宮区の夏祭り


 
本日・・8月2日にはJR大宮駅東口にすべての神輿が集結します・・
集結予定時刻 19時35分

JR大宮駅コンコース「東口」側から見下ろすと圧巻ですよ(^^♪
昔の写真

さいたま市大宮区の夏祭り


 
良かったら見に来てね~~

 
No Comments

Posted in admin

 

⁺今朝の猫たち

20 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

⁺今朝の猫たち

特集をやるわけではありません・・たまたま映像が撮れたので(笑)

たまに朝遇う近所のノラたち(^^♪
何時もの場所で・・路上でくつろぐクロ2匹・・
どうやら兄弟のようです(^^♪

7月7日以来久しぶりの登場(笑)・・

⁺今朝の猫たち


 
新しいメンバー「キジトラ」もいたんですが・・逃げられました(爆)
この場所は、お庭のとても広いお宅があるので、猫たちはそこで自由に過ごしているみたいです(^^♪
左のクロちゃんシッポが長いねぇ~~

⁺今朝の猫たち


 
これでこのエリアの猫メンバーは4匹かな~~
いや・・道路を挟んで斜め前にはお寺もあるし・・

まだまだ増えそうですね(* ´艸`)クスクス

 

Ortofon – 2M RED SH4R 装着してみた(^^♪

19 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

オルトフォン「2MREDSH4R」

来たので装着してみた!!

2Mシリーズの一番安い針RED シェルSH-4R
Ortofonで一番安い針・・の方が解りやすい(笑)

ORTOFON 2MREDSH4R


 
「2M RED」の上「2M BLUE」は¥28,000する・・
何時も使っているカートリッジ「SHURE M44-7」は¥8,000台・・
普通に買えば¥13,000の「2M RED」も・・シェル付きで¥9,800でなければ買わなかった(笑)

安売りでたまには良いかと衝動買い・・
¥9,800なら外れてもそんなに痛くはないか・・音は出るので(笑)

前提条件を・・
うちのアルテックシステムとの相性なので一般的ではありません!!
うちのアルテックシステムが特殊なので・・
「SHURE M44-7」しか使わない前提で膨大な時間をかけてシステムをチューニングしています!

そこにオルトフォンを持ってきて、ただ繋げただけなので、合わないからと言って・・
このカートリッジが良くないという評価にはなりませんから!!

最初の印象は・・いや~~綺麗な音!!
というか、さすがオルトフォン・・気品のある出音です!!

ピアノやギターはいい感じでなりますね~~
トランペットやブラスアンサンブルは・・ハスキーな鳴り方・・
パーカッション系のアタックが弱いかな~~

やはりハイエンド系の優等生的な鳴り方!!
レンジが広く低域の重心が下がった感じ・・(オケには良いかもしれません)
あっさりした綺麗な音(今風の音)・・
いや・・最近聴いてないが「SPU」とかに似ているかなぁ??
いや・・もっと太い音が出ていたような気がする・・
システムが違うので、比較にはならないですね!!
こういう音の方が今でも人気があるんでしょうね(^^♪
「SHURE M44-*」系ならば「M-44G」の音に近い!!

赤のシェルで見た感じは良いですね!!

ORTOFON 2MREDSH4R


 
針圧も関係していると思いますが・・
やはり「M44-7」と比べると音の線が細い・・
音の陰影感が少ない・・平面的かな!!

スイングアームに2か所・・「SHURE M44-7」用に鉛を巻いてチューニング・・
鉛の位置は結構是詰めで合わせてある・・

ORTOFON 2MREDSH4R


 
イコライザーも含めてオルトフォン用に再チューニングをしないといけないかも入れませんね・・
「M44-7」はELACのプレーヤーで・・
「GT-2000」はオルトフォン専用にしようかな・・
エージングもあるので・・もう少し使ってみよう・・

オルトフォンはやはりクラシック音楽を再生しないと本領を発揮できないかもしれない!!
次回はクラシック音楽のレコードもあるので・・
「長岡鉄男先生」推奨盤を鳴らすと化けるかもしれません!!

オルトフォンの場合は、オルトフォンにしか出ない世界があるはずなので・・

また変わってきたらレポートしますね(^^♪

 

PIONEER SX-401 真空管RECEIVER

11 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

こんなものを落札してしまった(笑)

PIONEER SX-401 RECEIVER

PIONEER SX-401


 
真空管レシーバーです・・
全くの衝動買いではありません(^^♪
良いものが出たら・・程度で、考えてはいたんです・・
なかなか程度の良さそうなものが無くて・・

このレシーバーは、私がまだ中学生の頃同級生の家へ行ったとき、
彼がおじさんから貰ったと言って聞かせてくれたのがこのSX-401でした!!
当時はもうすでにトランジスターのレシーバーが全盛の頃でしたが、
こういうスタイルの真空管レシーバーは、かえって斬新に見えたのかもしれません・・
このSX-401のデザインがとても気に入っていました・・

音は・・
全く記憶にございません(*・ω・)/ハーイ
たぶん出力管は当時一番ポピュラーな「6BQ5」プッシュプルだったと思います・・

商品解説
————————————————————
◆商品◆
メーカー———パイオニア
型式————-SX-401
付属品———–画像に写っているものがすべてになります。

◆状態◆
中古品ですのでキズや汚れなど使用感はご容赦ください。
こちらで確認したところボリュームを回すとガリ音が出ますが音出し確認出来ました。

※音質は測定器等での正確な数値等の計測は行っておりません。
 またすべての機能をチェックしているわけではございませんのでご理解の上ご入札ください。

※直接手渡しは対応しておりません。
————————————————————
だそうな・・

映像ではボンネットもほとんど錆も無く綺麗だし
ブログに載せていないけどリアーパネルも良い状態です・・

PIONEER SX-401


 

だけど何処へ置こうか・・・

あれ==そういえば新旧のパイオニアのレシーバーが2台になっちゃう・・(無計画)(・´з`・)

 

ortofon – 2MREDSH4R

09 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ortofon – 2MREDSH4R

ORTOFON 2MREDSH4R


 
うちのシステムのレコード針はすべて「SHURE M44-7」

SHURE M44-7


 
何年振りかで違うメーカーのカートリッジの音でも・・
ortofon – 2MREDSH4Rはユニバーサルシェル付きなので手っ取り早く・・
「YAMAHA GT-2000」で・・

YAMAHA GT-2000


 
販売店の触れ込みでは・・
——————————————————-
ortofon/2M Red/ 通常売価¥13,000(税別)
ortofon/SH-4/通常売価¥3,200(税別)

合計通常価格16,200円(税抜)が今だけ数量超限定で 9,800円(税抜)となっております。

なくなり次第終了いたしますので、お早めにどうぞ!

ORTOFON MCQ5SH4R

500個の特別セットでございます!!

お得なお値段で最高の音質を手に入れることができます!!

安定のORTOFONの音質をご体験ください!!

商品名:【奇跡の再入荷!早い者勝ち!】ORTOFON/カートリッジ/2MREDSH4R
——————————————————-
だそうです・・・

アルテックシステムなので相性はそんなに期待はしてないけど・・
たまには違った毛色の音でも楽しみましょうか(^^♪

来週中に到着する予定なので・・
来たらまた掲載しますね(^^♪

 

⁺今朝の猫たち

07 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

⁺今朝の猫たち

特集をやるわけではありません・・たまたま映像が撮れたので(笑)

たまに朝遇う近所のノラたち(^^♪
正確には完全なノラではありません定住場所があるので半野良ですね!!
何時もの場所で・・路上でくつろぐクロとシロクロの2匹・・

ここ数日雨や台風で路面が濡れていたので見かけませんでした・・
今朝は路面も乾いて・・曇りで少し涼しかったせいか出て来ていました(^^♪

⁺今朝の猫たち


 
アップ(^^♪
馴れたのかカメラ(iPhone)を向けても逃げません(笑)
ズーム無しで余裕で近くで撮れました”`ィ (゚д゚)/

しかしあんたたちくつろいでるね~~

⁺今朝の猫たち


 
もう一匹いるはずなんだけど・・何処にいるのかな??

 

送信管大人買い2⁺

04 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ALTEC 1570A Repairing(修理)
ALTEC 1570A Repairing(修理)その2 通電・試聴
ALTEC 1570A Repairing(修理)その3 夏眠

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER OUTPUT-165W
一番白く光っているのがパワー管「811A」
20年前は秋葉原の真空管ショップでは何処でも売っていたパワー管「811A」
最近では真空管ショップ自体が減ってしまって・・
パワー管「811A」などはとっくの昔に製造が中止されている球なので店に置いていません・・
結局はオクなどで出物があると運が良ければ購入出来る代物・・
このアンプのパワー管は「811A」以外に代替管がないため、入手困難になると非常に困る(・´з`・)
オクに出品されたときは少々無理をしてでも落札しておかないと・・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
「811A」以外の球は再製造しています・・
メーカーに拘らなければ新品が入手出来るのでそんなに慌てていないんだけど・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
久々にオクで大量出品・・
———————————————————————-
CETRON社 811A ペアの出品です。 米国製の、811Aは、ST19型でカッコイイです。 このCETRON-811Aは、ゲッターも豊富で優秀です。今回、4ペア出品します。
———————————————————————-

「CETRON」管だけど・・ロシア管や中国管よりは良い(^^♪
「MADE IN USA」ですから・・
本当は本家「RCA」が欲しいけど値段が(・´з`・)
たまに「RCA」の出物があるけど・・怪しい・・これはと言うものがあると馬鹿高くなってしまう・・
なんせステレオですから一度に4本使ってしまいます・・
今回は8本(ペアー管)ペアーリングしてあるので助かります(^^♪

CETRON 811A ELECTRON TUBE


 
球の容姿は「RCA」管と同じST19形・・

CETRON 811A ELECTRON TUBE


パンツの色が茶色か黒かの違いのみ・・中の(ステム)も「RCA」管とほぼ同じ・・

CETRON 811A ELECTRON TUBE


 
前回も同じ出品者から8本入手・・
送信管大人買い

CETRON 811A ELECTRON TUBE


 
セトロン管16本(8ペアー)・・
4回は交換できる・・

他に
ロシア管4本(2ペア)・・
セトロン管2本(1ペアー・・)
「RCA」管4本(2ペアー)・・あったかな~~
「ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER」これで当分延命できそう(^^♪

⁺今朝の猫たち

特集をやるわけではありません・・たまたま映像が撮れたので(笑)
野良はすぐ逃げちゃうのでなかなかシャッターチャンスが無くて撮れません(^^♪
3匹います・・

⁺今朝の猫たち


 
白黒・・アップ(^^♪

⁺今朝の猫たち

 

ALTEC 1570A Repairing(修理)その3 夏眠

26 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ALTEC 1570A Repairing (修理)
ALTEC 1570A Repairing(修理)その2 通電・試聴
の続き・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER OUTPUT-165W

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
先週、試験的に電源を入れ各部のチェック・試聴を行いましたが・・
暑い暑い・・
エアコンがフル稼働の状態で日中は部屋の温度が下がり切らない・・
やっと下がってきたのは夕方の7時過ぎ頃・・
冬は、ストーブいらずで一石二鳥なんですがね~!!
冬眠ならぬ「夏眠」をします(^^♪

若いころは、暑くても平気で一年中稼働させていたものですが、
ここ数年は歳をとってきたのか、最近は体が暑さに弱くなってきたこともあり、
高圧直熱管独特の音を聴くときは少し構えて聴くため、聴いていて疲れてくることがあります。

おのずと「ALTEC 1568A」40Wの出番が増えてますね(^^♪
傍熱管「EL34」(6CA7)シングルPPの音は、若干ソフトな感じで耳障りも良く疲れない音です。

将来「ALTEC 1568A」40Wでは役不足となる「A7-500」導入時には・・
「ALTEC 1570A」165Wでなければ味わえない世界が待っています(^^♪
館の環境も整えて・・「A7-500」で爆音三昧(笑)

サブ機の「ALTEC 1568A」40W
オーディオ的には「ALTEC 1570A」に比べると多少聴き劣りはしますが・・
出力も「40W」と今の家のスピーカーシステムには丁度よいバランスです・・

ALTEC 1568A POWER AMPRIFIER


 
虫の音が聞こえる時期まで・・いや!
木枯らし一号が吹く頃まで・・
しばらくは「ALTEC 1568A」をメインに聴き続けます・・

ALTEC 1568A POWER AMPRIFIER


 
次回・・
またこんなのを手に入れてしまった(笑)
モノーラルオーディオのお勧め(^^♪
「EMI 3972」

EMI 3972


イギリス製 2Way オーバルスピーカー
Nyannとしては・・
友達の、ロジャース「LS3/5A」以来イギリスの音は聴いたことないので・・
タンノイとかはよく聞いていたので正確には・・
何十年ぶりかの「LS3/5A」以来「イギリス スタジオモニタースピーカー」の音(^^♪

 

Nyannの炒め飯(チャーハン&ピラフ⁺)

22 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・ご意見がありましたらコメントを頂けると嬉しいです(^^♪

久しぶりの料理の掲載です・・
沢山撮り貯めている写真の中から一部・・Nyannのチャーハンとピラフを少しご紹介しますね(^O^)/
あと・・ケチャップライスもね!!

赤と緑のピーマンの彩ピラフ

赤と緑のピーマンの彩ピラフ


(赤・緑ピーマン・・玉ねぎ・・ひき肉)
 

作り方の工程は
チャーハン?・焼き飯?・なぁ~んちゃってピラフを見てください。

チャーハンとピラフ・・違う点は・・中に入れる基本の調味料です。
塩・コショウ(黒コショウ)などは共通です!!
卵は炒飯に入れるのが基本ですが、ピラフに入れるのも良し・・ご家庭のお料理なのでお好みで!
パルメザンチーズ(粉チーズ)はコク出しなので、これもお好みで入れてください。
ピラフの仕上げにチリペッパーなどを入れるとピリッとするので良いかもしれません。(入れすぎ注意)
ほんの少しですが「タバスコ」を入れることもあります。(入れすぎ注意)
 
ピラフ
基本の火力は(中火)
ベースの味付けは(コンソメ)・・「オリーブオイル」・・「バター」
 
チャーハン
基本の火力は(強火)
ベースの味付けは(顆粒鶏ガラ)・・「サラダ油」または「ラード」・・「醤油」(鍋肌に沿って)
調味料は「味の素」ではなく「いの一番」を一振り
ネギは長ネギの白い部分と色づきで青い部分を使います(玉ねぎを入れる場合もあります)
仕上げは
「日本酒」を(大さじ1/2)位鍋肌に沿って入れます・・(お好みで)
ぐうっとお店の味に近づきますよ!!
「日本酒」の代わりに「紹興酒」を入れるとまた独特の香りがして「中華街」風になります!!
こちらもお好みで(^^♪

ピラフもチャーハンも中に入れる野菜は冷蔵庫の中身次第(笑)
最近赤や黄色やオレンジ色などのピーマンが出ていますね・・
3色のピーマンを加えて色合いの良い「ガパオライス」風・・なんていいかも!!
注意点は・・
葉物を入れる場合はよく水気を切ってくださいね・・特にレタスは(^^♪
 
ケチャップライス
基本の火力は(中火)
ベースの味付けは(トマトケチャップ)・・「サラダ油」または「オリーブオイル」・・「ナツメグ」
基本ピラフと同じですが、どうしても家庭用のコンロだと少し(べチャッ)としてしまいます・・
かといってあまり強火で長い間炒めると辛くなったり焦げっぽくなるのでお勧めできません。
何回か作るうちに最適の火加減が解ると思います。

ケチャップライスの主役はもちろんケチャップですね・・
Nyannはケチャップは「デルモンテ」を使います。
酸味が強い方が好みの場合は「カゴメ」を入れてください。
甘みが強い方が好みの場合は「ハインツ」を入れてください。

ナポリタンなどを作るときは「デルモンテ」:「カゴメ」の2種類を
「6:4」くらいの割合で使って甘みと酸味を調整しています(^^♪

甘み—「ハインツ」–「デルモンテ」–「カゴメ」—酸味

ケチャップライス

ケチャップライス


(ピーマン・・人参・・玉ねぎ・・ベーコン)
 

シンプルすぎる卵オンリー炒飯

卵のみ炒飯


(卵)のみ・・鶏がら・塩コショウで味付けしています(^^♪
 

ちょっとピリ辛・鳥皮炒飯

ちょっとピリ辛・鳥皮炒飯


(鳥皮・・卵・・ピーマン・・玉ねぎ・・鷹の爪)
このチャーハンは油をごま油にしています
(癖があるので最後の香り付に小さじ1杯位加えても良いですよ)
鷹の爪は種を取って丸ごと炒め(1本)、ご飯を入れる前に取り出します(^^♪
 

釜揚げしらすとレタスの炒飯

釜揚げしらすの炒飯


(釜揚げしらす・・シイタケ・・ベーコン・・ピーマン・・レタス)
釜揚げしらすの塩気があるので、塩は加えていません・・
レタスは細く千切りで・・よーく水気を切って最後に加えます・・
醤油も気持ち少な目で十分に味が付いています(^^♪
 

赤と緑のピーマンの彩炒飯

赤と緑のピーマンの彩炒飯


(赤・緑ピーマン・・玉ねぎ・・ハム)
 

ニンニクの芽炒飯(これお勧めです・・ニンニクの芽の香ばしく後味の甘みが良いですよ)

ニンニクの芽炒飯


(ニンニクの芽・・キャベツ・・ばら肉)
 
チャーハンばかりですね(・´з`・)

シメジと鮭のピラフ

シメジと鮭のピラフ


(ピーマン・・シメジ・・鮭フレーク・・ばら肉)

写真はまだまだあるんですが・・また次回(^^♪

 

ALTEC 1570A Repairing(修理)その2 通電・試聴

19 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER OUTPUT-165W
アメリカ ニューヨーク州 ニューヨーク市 マンハッタン区 ミッドタウン
カーネギーホール 向け 専用設計のアルテックパワーアンプ

これ一台で「ALTEC 515」15インチ(38センチ)ウーファー6発をドライブします

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER

1年半ほど前から色んな接触不良でだましだまし使っていたけど・・
相次ぐ整流管のソケット不具合やらパワースイッチの故障やら・・

ついに1年ほど前からピンチヒッターの「ALTEC 1568A」(40W)機にバトンタッチ・・

ALTEC 1568A POWER AMPRIFIER


 
あんまりほっとくのも不味いので・・やっと重い腰を上げて修理開始したのが先々週(笑)
整流管のオクタルソケットの金具交換及びパワースイッチ交換・・
各所半田盛り直し・・
ALTEC 1570A Repairing(修理)

通電・試聴
CH1 (LEFT)側アンプ通電

ALTEC 1570A Repairing


 

ALTEC 1570A Repairing


 

ALTEC 1570A Repairing


 
CH2 (RIGHT)側アンプ通電

ALTEC 1570A Repairing


 

ALTEC 1570A Repairing


 

ALTEC 1570A Repairing


 
もう一枚・・上から

ALTEC 1570A Repairing


 
プリアンプは定番の「ALTEC 1567A」ミキサープリにて繋いでいます・・

ALTEC 1570A Repairing


 
「ALTEC 1567A」ミキサープリ側からは・・
写真の一番左側の赤い丸いトランス「15095」ライントランスにて「600Ω」バランス伝送出力

ALTEC 1570A Repairing


 
「ALTEC 1570A」パワーアンプ側は・・
写真左側の灰色の四角いトランス「4665」ライントランスにて「600Ω」バランス伝送入力

ALTEC 1570A Repairing


 
「15095」トランス「15,000Ω」:「600Ω」–バランス–「600Ω」:「80,000Ω」「4665」トランス

久しぶりに「ALTEC 1570A」の音を・・
電源投入直後は、一年ぶりの動作なので少し低域が重く全体的に重心が下がり気味でしたが・・
3時間ほど通電していくと次第に元の「altec 1570A」らしい張りのある音に・・

「ALTEC 1570A」の音は「811A」の「トリュームタングステン フィラメント」独特の音色・・
中低域の音は高圧直熱管ならではのパンパン・・と張りのある音・・
中高域はスーッと透き通った濁りの少ない音・・
サブの「ALTEC 1568A」に比べてグッと奥行き感が増してきます・・
「ALTEC 1568A」もほかに比べれば十分レベルは高いですよ・・
「ALTEC 1568A」のウォームトーンも良いですが・・
「ALTEC 1570A」の圧倒的なパワーによるスピーカーの制動力・・
ダンピングファクタではないですよ・・
(低域から高域まですべてスピーカを完全に制圧しているという意味です)

「ALTEC 1570A」に出会うまでは、名立たるド級パワーアンプでもこの制圧感はありませんでした(^^♪
今まで自分が聴いてきたパワーアンプの中では類を見ない制圧力のある音を出しています!!

過去の管球王国の何号か忘れましたが・・
他の名立たるパワーアンプと比べて次元の違う音が出ている・・
という記事があったようです(「ALTEC 1570B」です)

でも暑いので・・
中も外もきれいに掃除をしたし・・
来週には綺麗に包んでスピーカ台の下で冬まで・・冬眠ならぬ夏眠します・・

ALTEC 1570A Repairing


 
Nyannは音の良さより暑さに負けるので・・暑い間は「ALTEC 1568A」の出番です(笑)

 

ALTEC 1570A Repairing (修理)

12 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER OUTPUT-165W

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER

Nyannのオーディオ装置の大御所「ALTEC 1570A」過去にも何度か掲載したことがあります。
以下のブログに初めて掲載・・
メインシステムのパワーアンプ
入手のエピソード何なんぞ・・
エレクトリ師匠とALTEC LANSING

1年半ほど前から色んな接触不良でだましだまし使っていたけど・・
ついに1年ほど前からピンチヒッターの「ALTEC 1568A」にバトンタッチ・・

相次ぐ整流管のソケット不具合やらパワースイッチの故障やら・・

最初に掲載したのは・・
2016年3月8日
右チャンネルの整流管ソケットの一つが不具合で、足の太い整流管に交換・・
整流管5U4GBの交換

2016年6月13日
左チャンネルのパワースイッチの故障
ALTEC 1570A 壊れた(笑)・・冬眠→夏眠

2016年6月19日
ここらへんから調子が悪くなり
ALTEC 1570A 壊れた(笑)・・の続き

その後左チャンネルの整流管ソケット不良で7月末に予備のアンプ「ALTEC 1568A」にチェンジ・・

2017年3月6日
やっとラックから引っ張り出した・・
ALTEC 1570A POWER AMP 大御所をラックの外へ出す

「1570A」の記事は故障の記事ばかりか(笑)

そんな訳でやっと重い腰を上げて修理修理!!!
まずは整流管のオクタルソケットの金具から・・
真空管のソケットの金具を交換しようと思いジャンクから部品を取った・・

8Pオクタルソケット金具


 
左チャンネルのアンプ修理・・(ソケット交換とパワースイッチ交換)
左はソケットから金具を取ったところ・・
真ん中は古い金具と入れ替えの金具・・
右はソケットに金具を挿入したところ・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
こんな感じに配線します・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
まあこんなにボロボロだとは・・よく今まで動いていたなぁ・・
左の3つなんか原型を留めていない・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
故障していたパワースイッチもジャンクから取り出した代替えスイッチと交換

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
右チャンネルのシャーシ配線(だいぶくたびれてるけど意外と丈夫です)

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
左チャンネルのアンプ修理・・(ソケット交換とパワースイッチ交換)
右チャンネルと同様の交換(白丸で囲んだ部分)

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
左チャンネルのシャーシ配線
(よく見ると解るが・・
こちらの方が20番新しいせいか・・固定バイアス用の整流器がシリコンダイオードになっている)
(右チャンネルはセレン整流器)
入手当初は修理後にシリコンダイオードになったのかと思ったが・・
シリコンダイオードの仕様だった!!
若干バイアス電圧は違うが・・音も出力も左右同じ・・流石メーカー品である(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


修理は完了・・後は老けている半田をチェックし半田の上げ直し・・
大した修理じゃないの休み休みやっていたので時間ばかし掛かってしまった(爆)
 
にわか修理ベンチで・・修理完了

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
左から
4665:インプットトランス(ALTEC 1570B は15095インプットトランス(赤くて丸いトランス)
12AX7 6SN7:入力段
6W6GT:ドライバー段
811A:出力段
整流管:5U4GB(ALTEC 1570B は5R4GY)

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
「4665」インプットトランス
「1570A」を手に入れてから2年程探しましたね・・
今みたいのオークションとかなかった時代なので足で探しました・・
確か京都のビンテージショップでやっと見つけました・・
当時で9万円程しましたが・・ここで逃したら手に入らない・・
思い切って購入しました!!
案の定・それ以来・・現物は一度しかお目にかかったことがありません(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
オマケで写真を沢山載せておきます・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
設置及び電源投入は来週の予定です・・
フィラメントの灯ったところの写真はその後掲載します(^^♪

 

ONKYO A-9010 久しぶりの国内メーカー

29 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・ご意見がありましたらコメントを頂けると嬉しいです(^^♪

5月ももう終わり・・
そういえば、5月の連休中の写真が残っていた・・
数年前に知り合いから貰ってきた「YAMAHA A2000」が故障し、
長いことアトリエのアンプの不在状態が続いていました。
今回アトリエで過ごすにあたって、適当なアンプが無く、どうしようか・・
ググっているといくつか安そうなアンプの候補が・・

1.Pioneer インテグレーテッドアンプ A-10
2.YAMAHA プリメインアンプ A-S301
3.TEAC プリメインアンプ A-R630MKII-S
4.marantz プリメインアンプ PM-5005/FN
5.DENON プリメインアンプ PMA-390RESP
6.ONKYO プリメインアンプ A-9010(S)
同じような価格帯で6社の候補を上げました・・

各メーカー一長一短で、最終的にデザインと下馬評で(笑)

パイオニアのアンプと今回のオンキョーのアンプを最終的に選択し・・
デザインは、パイオニアの方が好みなのですが・・
下馬評では、出力の安定度はこちらの方がよさそうなので・・
あと・・
「ONKYO」の触れ込み・・
————————————————-
ヨーロッパにてサウンドチューニングを施し、
厚みのある中域とクリアでエネルギッシュなサウンドを実現
————————————————-
という内容を信頼し・・
ONKYO プリメインアンプ 85W+85W シルバー A-9010(S) を選択しました(^^♪

ONKYO A-9010 プリメインアンプ


———————————————————————
仕様
定格出力 44W+44W(8Ω)
(1KHz、0.08%以下THD、2ch駆動時)
実用最大出力 85W+85W
(4Ω、1kHz、2ch駆動時、JEITA)
全高調波歪率 0.08%(定格出力時)
周波数特性 10Hz~100kHz/+1dB、-3dB(LINE1)
SN比 92dB(LINE、IHF-A)
78dB(PHONO MM、IHF-A)
トーンコントロール最大変化量 ±10dB、100Hz(BASS)、±10dB、10kHz(TREBLE)
スピーカー適応インピーダンス 4~16Ω
PHONO最大許容入力 94 mV (1kHz 0.5 %)
適応カート リッジ MM

接続端子
音声入力端子 アナログ×5(前面×1、背面×4)
PHONO(MM)×1W
音声出力端子 ヘッドホン端子(φ6.3mm)×1
アナログ(LINE OUT)×1
スピーカー出力端子 1系統(バナナプラグ対応)
RI端子 1

総合
電源・電圧 AC 100V、50/60Hz
消費電力 140W
待機時電力 0.3W
最大外形寸法 435(幅)×129.5(高さ)×332.5(奥行)mm
質量 6.4kg
付属品 リモコン(RC-902S)、リモコン用乾電池 、保証書
———————————————————————
だそうです(^^♪

デザイン:まあまあ・・出力:出来るだけ安定・・音作り・・の3点で選択した次第です(^^♪
最近のアンプはみんなリモコンが付いているのね・・

最近はオーディオショップに出向くことも無くAmazonで・・ポチリ(笑)
山の中でも届いちゃう・・便利なんだかなぁ・・買い方も変わったもんだ!!

ONKYO A-9010 プリメインアンプ

スピーカ出力は1系統・・
PHONO入力が一つ付いています!!
妙にグランド端子が確りしている・・

ONKYO A-9010 プリメインアンプ

アトリエのレコードプレーヤー・・これまた昔貰った「YAMAHA YP-D9」
針は、いつもの「SHURE M44-7」
何年も使っていないので、埃とカビだらけ・・
きれいに掃除をして、電源オン・・動かない!!
分解したら、フューズボックスとフューズが緑青を吹いていて、なんとか磨き上げ・・

YAMAHA YP-D9

最初、少し回転が不安定だったが2時間ほど回して・・
何とか使えるようになった・・

YAMAHA YP-D9

アトリエのスピーカ
15年ほど前に自作で作った密閉箱・・
バックキャビネットはHFとLFが、影響を受けないように内部で分かれています・・
板厚は表面は12ミリですが、内部は4センチ角の角材でがちがちに補強されているため、
持ち上げると相当の重量です・・
LFは「TEAC」の無名の25㎝
HFは「ALTEC」ブランド名の入った最終期の「405」だったと思います・・

TEAC&ALTEC SP

ネットワークは付いていないので「ALTEC N501-8A」を自宅より持参・・

ALTEC N501-8A


HFがフルレンジなので500Hzクロスでも問題なし(^^♪

煙突ストーブを挟んで配置・・

TEAC&ALTEC SP

何処かの雑誌のオーディオ試聴室状態です・・
違いは・・標高1040メートルの山の中・・
ダイニングのテーブルを代用しています(^^♪

入笠山 アトリエ

レコード三昧をしようと思って、いろんなジャンルのレコードを持参しました。(写真撮り忘れ)
ONKYO プリメインアンプ A-9010(S)にはMMのフォノイコライザーが搭載されています。
自宅より「SHURE M64A」イコライザーアンプを持参・・
な~~んちゃって聞き比べをしようかと(^^♪

SHURE M64A

まずは、「A-9010」のイコライザーでの再生はどんなもんかなぁ・・
意外と本格的な音・・クリアーで中音域もそれなりに太く出てくる・・
ドンシャリ感は無く全体的に中音域寄りにまとまっていて聴き易い・・
1990年代の国産中級プリメインの少し頼りない高音域寄りの音の線の細さは感じられない・・
その分細かい部分での繊細さに欠ける音の出方を感じる・・
(クラシック音楽メインのユーザーには少し物足りないかもしれない)
ヨーロッパチューニングのはずだけど・・ロック系か(笑)
音が上手~~くまとめられていてこれは好みの分かれる所かなぁ・・

・・ああそうか今はデジタル音源が中心なのでそこらへんが違うかも・・
(クラシック音楽のCD持ってこなかった)(・´з`・)

中音域から低音域に掛けての力強さは結構は感じますが・・
今回のスピーカーとの相性で、低域のもたつきがあります・・

このスピーカーは「YAMAHA A-2000」でチューニングしてあります・・
当たり前ですが・・「A-2000」に比べれば低域の制動能力はやはり劣りますね
ダンピングファクタも違う・・
後程スピーカー側で再調整する必要があると思います。

次に、PHONOを「SHURE M64A」変えてみる・・
やはり音の出方は歴然としていて躍動感があり力強さの質が違う・・
低域も若干締まっているように感じる(周波数特性の関係かも知れません)

聴き込んでいくと・・やっぱ違うわ!!
「A-9010」のイコライザーがな~~んちゃってに感じるのは仕方のない事ですね(^^♪
ジャージーな出音・・ジャズテナーサックスの躍動感ハイハットの響・・
「A-9010」のイコライザーが無難に音をまとめた優等生に対して・・
「M64A」の音はミュージシャンの演奏の高揚感を確り訴えてくる・・
躍動感・臨場感に満ちて、聴く人を引き付ける力の次元が違います・・

レコードを聴くときは、毎回「SUHRE 64A」を持って行くようだ(・∀・)/

あくまでも個人の主観ですから・・音の印象を文章で伝えるのは毎度毎度難しいですね(^^♪

なんか全然まとまっていないですね・・
「A-9010」のイコライザーは「SHURE M64A」との比較ですから仕方ありません・・

ONKYO「A-9010」プリメインアンプとしての評価は!!

パワー部が確りしていて、ボリュームを上げて行っても煩くならずクリアーな出音が期待できます。
線の細さは感じられず、確りした中音域が出ています。
長く聴いていてつまらない感じはなくそれなりに楽しめる出音です。
どんなジャンルのソースを掛けても80点位の評価は出るのではないかと思います。

値段からして安いからこんなもんだろうはありません・・
1990年代の6~8万円台の中級機の音は出ていると思います・・十分にコスパなアンプです。
昔の中級機プリメインと比較すると素直に時代の進歩を感じ取れる製品ではないかと思います。

以上・・5月休みの備忘録(^^♪

 

オーディオ・喫茶店・妄想その5メインストリーム

21 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・ご意見がありましたらコメントを頂けると嬉しいです(^^♪

アトリエからはこちらも近い「南アルプス甲斐駒ケ岳」(^^♪

南アルプス甲斐駒ケ岳

南アルプスジオパーク(中央構造線・・南アルプス造山帯エリア)
入笠山はその最北端に位置しています(^^♪

妄想の続き5・・音蓄小屋メインストリーム・・

妄想喫茶店の店主に全く魅力がないので・・
魅力のある機械を揃えて目玉にしよう(爆)(*´з`)

このブログには何度も紹介されている「ALTEC」アンプ群
少しづつ役者を揃えています(^^♪

オーディオ・喫茶店・妄想その1
オーディオ・喫茶店・妄想その2
オーディオ・喫茶店・妄想その3
オーディオ・喫茶店・妄想その4

土曜・日曜のみ開店の「妄想 オーディオ喫茶・音蓄小屋」でもやろうか・・
「音蓄小屋」とは 音のうんちくを垂れる小屋・・

妄想もダメ押しの5度目(あきれてもう誰も見ない)・・(爆)
お店で使うスピーカー「ALTEC」から・・は妄想その4で・・
メインストリームのアンプ(^^♪

パワーアンプ
現在の自宅システムの大御所(これは外せませんね・・)
ALTEC 1570A 最大出力165Wパワーアンプ

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


出来ればこれも手に入れて置きたい・・
ALTEC 1570B 最大出力165Wパワーアンプ
WEBより抜粋

ALTEC 1570B POWER AMPRIFIER


1570Aは製造台数が300台と極めて少なく・・
製造年代が半世紀以上前と相当古いのでやはり年代の新しい1570Bは欲しい所です・・
こちらの1570Bも1570Aと回路構成は殆ど変わらない・・
1570Bはとても頑丈に出来ているため・・
普段使いは「1570B」たまに「1570A」・・的な使い方にしようかと考えています(^^♪

「ALTEC 1570A」「ALTEC 1570B」新旧2世代の大御所が並ぶ風景は他では見られないかもしれない・・
自画自賛(笑)・・・楽しみ・・楽しみ

プリアンプ
現在の自宅システムの主軸プリアンプ(これも外せません・・)
ALTEC 1567A ミキサー

ALTEC 1567A MIXER AMPRIFIER


レストアが間に合えば
ALTEC 250SU コンソールミキサー

ALTEC 250SU MIXING CONSOLE


こちらは幅1メートルほどあってボリュームノブも特大・・
VUメーターも目立つし迫力満点(^^♪
フルユニットが入っているわけではありませんが、ほとんど改造なしのオリジナルの状態です!!
こちらもまず日本ではほとんどお目に掛かれない珍しい機械かもしれません・・

スピーカーといい・・アンプといい、アメリカ製はみんな大きいし重いので体力の温存が必要です!!

 

オーディオ・喫茶店・妄想その4

19 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・ご意見がありましたらコメントを頂けると嬉しいです(^^♪

八ヶ岳山麓・・
空気も良いし涼しいし思わず深呼吸(^^♪
春の時期は少し霞が掛かっているので、色の深いコバルトブルーの「八ヶ岳ブルー」の空になりません・・

長野県諏訪郡富士見町富士見「とちの木公民館」あたりから見た八ヶ岳

妄想の続き4・・
少しづつ役者を揃えています(^^♪

オーディオ・喫茶店・妄想その1
オーディオ・喫茶店・妄想その2
オーディオ・喫茶店・妄想その3

土曜・日曜のみ開店の「妄想 オーディオ喫茶・音蓄小屋」でもやろうか・・
「音蓄小屋」とは 音のうんちくを垂れる小屋・・

妄想もダメ押しの4度目・・(笑)
お店で使うスピーカー「ALTEC」から・・

数年前に手に入れてあった38センチウーファーと1インチ500Hzセクトラルホーン・・
数年ぶりにやっと東京都品川の倉庫から入笠山のアトリエ「音蓄小屋」へ回収・・

ALTEC 416-8A 38センチウーファー

ALTEC 416-8A WOOFER


ALTEC 416-8A WOOFER

ALTEC H-511B 500Hzセクトラルホーン

ALTEC H-511B SECTRAL HORN


久々に開梱してみましたが・・大きい・・
特にホーンは(^^♪

入笠山のアトリエにて・・
再梱包して4年後まで眠りにつきます(^^♪

自宅には

ALTEC N501-8A 500Hzクロス ネットワーク

ALTEC N501-8A CROSSORVER NETWORK

ALTEC 802-8D 1インチホーンドライバー

ALTEC 802-8D HORN-DRIVER

これでやっとすべて手元に揃いました(^^♪

残るはエンクロージャー・・
後4年後に購入する予定です・・
「H-825」になるか「H-828」になるか・・その時次第(^^♪
ALTEC より抜粋

ALTEC A7-500 VOICE OF THE THEATER SYSTEM

4年後・・良いのが残っていればいいけど・・
なかなか出てこないけど、少し高額でも良いので・・乾いた音の箱ではやはり
ボロ箱の「縦スリットタイプが欲しい・・」
ALTEC より抜粋

ALTEC A7 VOICE OF THE THEATER SYSTEM

音が全然違います(^^♪

 

=HECO=・・WEST GERMANY-My Small Audio

14 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

前回の続き・・

レコードを聴きながらいつもの如く・・
FB(Fasebook)の「Vintage Join デザイン部」を覗くと・・

とても良い佇まいのスピーカーボックスがあるじゃないですか・・久々に触覚が・・
早速キヨトさんに電話を掛けると・・まだ完全に整備していないので売りには出てないよ・・って(^^♪

早速代々木のショップへGo==

ビンテージ ジョインさんより・・
現金を渡して・・追剥のように分捕ってきた・・戦利品(爆)
=HECO= West Germany Redio Sperker

メンバーが揃って・・

My Small Audio

完成(^^♪

メンバーその1
毎度愛用の「SHURE M44-7」重針圧タイプ MM型カートリッジ

=HECO= & SHURE M44-7

メンバーその2
同じく愛用の「SHURE M64A」RIAA EQURIZER

=HECO= & SHURE M64A

メンバーその3
同じく愛用の「ELAC Miraphon 18H」フルオート レコードプレーヤ
(チェンジャー付いてない仕様・・マニュアルリフター付き)(220V 50Hzドイツ本国仕様)

=HECO= & ELAC Miraphon 18H

メンバーその4
同じく愛用の「Vinage Join MINI AMP」右手前の紫色の箱(パワーは0.5W位かな)

=HECO= & Vinage Join MINI AMP

メンバーその5
今回の主役「=HECO= West Germany Redio Sperker」

=HECO= West Germany

ニアフィールド(近距離で聴く)マイ スモール オーディオ

「=HECO= West Germany」

何年寝ていたのか・・
鳴らすほどにエージングが効いてきて、最初あまり出ていなかった低音域がどんどん伸びてくる、
同じくして高音域もまた伸びてきてドラムのハイハットなどがより鮮明に聴こえてきた(^^♪

箱の響きがとても絶妙です・・(幅22センチ・高さ18センチ・奥行10センチ)
手で触ると小音量から箱がビンビン鳴っています、しかしその低音域の響かせ方がとても良く、
ウッドベースが気持ちの良い音階を刻んで行きます、今では再生帯域の狭さがほとんど感じない!!
ただ音が出ているだけじゃなく中音域も確り充実していて 「美味しい」 んです(^^♪

スピーカーエンクロージャーは楽器なんですね・・
スピーカーの振動を殺すことだけに拘っているどこぞの国のスピーカーとは訳が違います・・
改めて思い知らされます”`ィ (゚д゚)/

スピーカーの口径は「13センチ」位かと思います(「ISOPHON P13」が実装できる?)”`ィ (゚д゚)/
箱全体で響かせているため、意外と音響出力は大きいです(^^♪

もちろんメインのアルテックシステムとは大きさが全く違うので比較はできませんが・・
この小ささでここまでのオーディオ帯域が再生できるのか・・
いや~~この時代に・・「恐るべしドイツ製品」改めてドイツの技術に感服です(^^♪

この箱の薄さも意味があるようです・・(半後面開放)

=HECO= West Germany

英語で「made in Western Germany」って書いてある・・アメリカ向けだったのか?

今夜は、寝るのが遅くなりそうだ(笑)

 

=HECO=・・WEST GERMANY

10 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

巷のゴールデンウイークとやらも終わって・・
買い貯めしておいたレコードでも聴こうか!!

な~んてレコードを聴きながらいつもの如く・・
FB(Fasebook)の「Vintage Join デザイン部」を覗くと・・

とても良い佇まいのスピーカーボックスがあるじゃないですか・・久々に触覚が・・
早速キヨトさんに電話を掛けると・・まだ完全に整備していないので売りには出てないよ・・って(^^♪

普段は不精で全然体が動かないのにこういう時だけはサッサと行動に出られる・・
単なる怠け者だぁ~~

早速代々木のショップへGo==

久々のビンテージジョインなので、積もる話で盛り上がった後は・・
現金を渡して・・追剥のように分捕って参りました・・その戦利品(爆)

=HECO= West Germany Redio Sperker
深い緑色の何とも渋い佇まい(^^♪

=HECO= West Germany

エンブレムが付いていてなかなかの物・・(majestic)は英語なので元々輸出向け仕様か??

=HECO= West Germany

=HECO= 我が家での初めての音出しは・・
「LEE WILEY NIGHT IN MANHATTAN」が、時代的にも相応しいかな(^^♪

Lee Wiley Night In Manhattan


「West Of The Moon」 とどちらにしようか迷ったが・・

音は・・
と言う言葉に意味がない・・
純粋に音楽を奏でるスピーカー(^^♪
声がとてもチャーミングでフワッと前に出てくる(・∀・)/ ハーイ

なんてカッコいいことを言ってるけど・・やはり低域は・・中高域は・・
性ですね・・つい気になってしまう・・

正直に!!

箱の大きさ・・
大体(幅20㎝・高さ15㎝・奥行10㎝位)おがくずを固めた感じの板で厚さは3mm
表面は合成皮革の様なもので箱全体を被せてあるような感じ・・所々シワがよっている・・
大きな穴の空いた裏板・・ユニットは外していないので詳しいことは解らないが
マグネットはアルニコ・・口径は5.5インチ(約14㎝)位だろうか??

低音域は箱の大きさ構造からみて期待できない・・
中高域は、やはり古さを感じます高域はあまり伸びていない・・
中音域が充実したかまぼこ型周波数特性・・

「LEE WILEY NIGHT IN MANHATTAN」
リーワイリーはちょっとオバサン声だけど、ガラ声のビリーホリデイと同じく
たまに無性に聴きたくなる歌手なんですよ(^^♪

とにかく聴き易い
ラジオスピーカーだからかもしれないが・・
声の再現能力がリアル(これは今まで聴いたドイツスピーカーに共通)
ピアノの音色もとても艶やか(^^♪
面白いことに低音域不足なんですが・・嫌な中途半端な低音は表現しない・・
言葉で言うのはとても難しいですね・・上手く言えない!!

私的(マイファイ)で言うと嫌な音が出ない・・
耳が・・というか脳が疲れる音を出さない・・
何時間でも聴いていられる・・

今回の=HECO=はVintage Joinさんの「MINI AMP」を繋いで鳴らしています。
耳が・・というか脳が疲れる音を出さない・・何時間でも聴いていられる・・は・・
このVintage Joinさんのミニアンプとの組み合わせで実現できていると言えます(^^♪

=HECO= West Germany&Vintage Join MINI AMP


このVintage Joinさんの「MINI AMP」なんですが・・
ドイツビンテージの小口径ミニスピーカーを鳴らすのにもってこいのアンプなんですよ(・∀・)/ ハーイ
もともとドイツイソフォンの「ISONETA」に繋ぐのを前提に作られたらしいのですが?

尚・・Vintage JoinさんのMINI AMPですが、
電気的特性はちゃんとオーディオ周波数帯域が確保されていますので
現代のスピーカーとの組み合わせるとナローではなく、きちっと特性が出ています(^^♪
誤解の無いよう(・∀・)/ ハーイ

オーディオ的に言うと・・
低音域のダンピングファクターがドイツビンテージの小口径ミニスピーカーにドンピシャ(^^♪

レコードを鳴らす場合はこの手前にイコライザーアンプを繋ぎます・・
私の場合は「SHURE M64A」を前段に使いました・・
iphoneのヘッドホン出力に繋ぐこともできます・・
「Vintage Join」さんには、まだ色んなデザインのビンテージミニスピーカーがありました。
お気に入りのデザインのビンテージミニスピーカに出会えるかもしれませんよ(・∀・)/ ハーイ

若い人達の間で今流行りの?(またオーディオ業界の勝手な売り文句か!)ニアフィールドリスニング

私のニアフィールドリスニング(笑)

=HECO= West Germany&Vintage Join MINI AMP On The ALTEC 344A

アルテックのアンプ群に囲まれて=HECO=のニアフィールドリスニング・・
なぜかアルテックグリーンにマッチしています(^^♪)

 

JAY HAWK TALK(PRESTIGE)& ALTEC TONE

17 4月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

日曜日の夜・・
買い貯めしておいたレコードでも聴こうか!!

中古レコードばかり買っているので・・開けようとしたら
開かない・・
あれ・・封を切ってない・・
もしかしてNEWレコード??

久々のデッドストックレコード(^^♪
どう見てもジャケットの日焼け具合から見て古い・・
1970年代っぽい・・
しかもオリジナルっぽい(^^♪
有名なミュージシャンじゃぁないみたいです???
「プレステージ盤」 「JAY HAWK TALK」

JAY HAWK TALK


演奏は確りスイングしてます・・
なかなか良い演奏です(^^♪

盤の印刷通り・・
CARMELL JONES
JIMMY HEATH
BARRY HARRIS

誰が何をやっているか・・ライナーノート見忘れた(・´з`・)
後で確認して記事を追加します(^^♪

確認しました(笑)
——————————————————————-
Recorded
May (5) 8, 1965 New York City

SIDE:A
1.”Jay Hawk Talk” – 5:51
2.”Willow Weep for Me” (Ann Ronell) – 4:57
3.”What Is This Thing Called Love?” (Cole Porter) – 8:57
SIDE:B
4.”Just in Time” (Betty Comden, Adolph Green, Jules Styne) – 5:34
5.”Dance of the Night Child” – 6:38
6.”Beepdurple” – 6:18

Player
Carmell Jones – trumpet
Barry Harris – piano
Jimmy Heath – tenor saxophone
George Tucker – bass
Roger Humphries – drums
——————————————————————-
だそうな・・

私が知らないだけで、有名な盤みたいです・・
「Barry Harris」のレコードは何枚か持っていたかも・・

爆音ではありませんが・・(爆音はボリューム位置12時以降)
「ALTEC-1567A」のマスターボリュームをメモリ「28」(10時)まで回すと・・
急に覚醒した感じで・・
高能率スピーカー独特の「パンパン」と軽く勢いのあるタッチの「アルテックトーン」になるんです・・

ALTEC 1567A

「802 811」のホーンからはビュンビュン音が飛んでくる・・

ALTEC 419-8B SYSTEM

久々の「アルテックトーン」
この独特の音はアンプからスピーカシステムまでオールアルテック純正ラインナップ以外では・・
絶対に出ない音(・∀・)/ ハーイ

残念ながらこればかりは「ALTEC」の真空管アンプと「ALTEC」のスピーカーシステムを所有している諸氏
のみに許された特権と言えるかと思います。

「McIntosh」を繋いでも「Marantz」を繋いでも「Accuphase」を繋いでも「Luxman」を繋いでも・・
絶対・・絶対・・出ません。
音が良いか悪いかは別ですよ・・「マイファイ」ですから(爆)

ハイスピードで・・やたら音がぶっとくてパワフルな演奏(^^♪
パワーアンプを大御所に変えるとこれに「怖さ」が加わる(爆)

大御所の修理はいつになるやら(・´з`・)

 

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

07 4月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また料理ネタだゾ~~~ン(・´з`・)
第10弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理
先日買った菜の花がまだ残っているので(笑)
「菜の花入りタンメン」を作ってみました・・

「菜の花入りタンメン」Nyannオリジナル

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

約1人分です
1.中華麺(太麺):1玉(お好みです中太麺でも大丈夫です)・製造は埼玉県
2.菜の花:3房(お好みで増減してください)・群馬県
3.ばら肉:スライス2枚・埼玉県
4.今回はお手頃な・ミックス野菜(イトーヨーカドー)を使いました
 セブンプレミアム・顔が見える野菜ちょっと使える野菜炒め用セット(150g)

ちょっと使える野菜炒め用セット


 (すべて国内産)
 もやし・神奈川県
 キャベツ・鹿児島県
 人参・茨城県
 ニラ・高知or千葉県
 ・・だそうです
 (食の安全を考えて国内産に拘る商品が増えてきましたね)

5.ピーマン:1個・群馬県
6.マイタケ:1/3房・新潟県
7.木耳:2枚・新潟県
8.顆粒鶏がらスープ:大さじ1/2杯
9.白醤油:大さじ1杯(白だしでも良いですよ)
 いずれも無い場合は「薄口醤油」(大さじ1/2杯)位入れてください
10.塩:小さじ1杯(できれば天然塩)
11.コショウ:2振り(粗挽き黒コショウ)
12.ナツメグ:1振り(無いときは入れなくてもいいですよ)
13.片栗粉:小さじ1杯
14.ラード:大さじ1/2杯
15.チーユ:大さじ1/2杯(鶏油)
16.水:500cc

下ごしらえ
 今回はミックス野菜を使ったので野菜の下ごしらえが大幅に省けてとっても楽でした(^^♪
A.菜の花は「5センチ」位に縦に切ります(下茹ではしません)
 (風味をより出すために下茹ではしませんが、えぐみが気になる場合は熱湯で湯通ししてもいいですね)
B.ばら肉は「3センチ」位に切っておきます
C.ピーマンは「細く輪切り」に切ります
D.マイタケは「1口大」にちぎっておきます
E.木耳を水で戻して同じく「1口大」に切ります

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

 Nyannの台所のコンロは3口あるのでフルに使います
 3口無い場合は・・
a.まず500ccのお水をお鍋に入れて火に掛けます
 「顆粒鶏がらスープ:大さじ1/2杯」
 「白醤油:大さじ1杯」
 「塩:小さじ1杯」
 「コショウ:2振り」
 「ナツメグ:1振り」
 を全て入れて沸騰したら火から降ろします

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

b.別の鍋に水を中華麺用に(2~3リットル)(分量外)ほど入れて沸騰させます
(bとcは同時進行です)
c.フライパンに「ラード:大さじ1/2杯」を入れて「強火」で熱します(此処からずっと強火)
 中華は火力が命(笑)(焦がさないように注意してくださいね)
d.「ばら肉」を入れて色が変わるまでフライパンを煽ります

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

e.「ミックス野菜・ピーマン・マイタケ」を入れます
f.全体的に1/2位に(しなっと)なったら「菜の花」を入れ2~3回フライパンを煽ります

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

g.先程作って置いたスープをフライパンに全量入れます

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

h.別の鍋で中華麺用に火に掛けた水は沸騰していると思いますので・・
 「中華麺」を投入し指定時間通りに茹でます・・
 (煮こぼれやすいので火加減を調整してください)

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

i.フライパンの中のスープが煮立ってきたら
 「チーユ」(鶏油)「大さじ1/2杯」を入れて風味を付けます
 「片栗粉:小さじ1杯」を「小さじ2杯」の水で溶いてスープを回しながら少しづつ入れます
 (少し照りが出る程度です)

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

j.肉・野菜入りのスープのスープを先にどんぶりに入れます
k.茹で上がった中華麺の湯をよく切ってスープの中に入れます

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

l.箸でスープと麺を絡めたら・・フライパンの肉・野菜を上から掛け入れ出来上がり(^^♪

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

野菜てんこ盛りの・菜の花入り春のタンメンで~~す

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

熱いうちにフーフー言いながら召し上がれ(^^♪

日高屋さんの「野菜たっぷりタンメン」が好きでよく食べるんです(^^♪

でわでわ(^^♪

 

音の定期確認

03 4月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

日曜日の夜・・
久しぶりに・・
音の確認を・・
ネタないけどたまには載せないと・・

前にもブログで書きましたが・・
私の音の確認は「太田裕美さん」のアルバムです(^^♪
このブログを見てくださっている方は、たぶん同年代でしょうから・・わかりますよね(^^♪

音のチェックなんて、何でもいいんですけどね(・´з`・)

高校生の時から聴いているアルバムなもんで、って・・
「手作りの画集」って「1976年」売り出しで・・
確か高校1年の時買ったアルバムなので・・だから39年前に買ったレコード!!

もう何百回聴いただろう・・
レコードって一生もんだよね~~

「太田裕美さん」「手作りの画集」

手作りの画集

定期的に音のチェックを・・
まあ・・前回と変わらないけどね(・∀・)/ ハーイ
「ALTEC 1568A」が良く鳴っている・・ご機嫌ご機嫌(^^♪

大御所・・手付かず!!
「ALTEC SYSTEM」と「ALTEC 1570A POWER AMP」(手前・風呂敷の中)

ALTEC SYSTEM

相変わらず大御所「ALTEC 1570A POWER AMP」は、風呂敷に包まったまま(笑)

何時直そうか・・もう春だし・・気温が上がるとまたお蔵入り(*´з`)

修理後1日だけ鳴らしてお蔵入りのパターン(爆)

 

キムチ・スンドゥブを作る

29 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また料理ネタだゾ~~~ン(・´з`・)
第9弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理
春らしく・・冬に逆戻り(笑)
「キムチ・スンドゥブ」を作ってみました・・

ここのところ花冷えですね・・
「三寒四温」で冬に逆戻り・・
何時も寄る「肉のハナマサ」の入り口にレシピカードがあるんです・・
いちばん簡単そうな料理は~~~
ん・・これがいい・・って訳で「キムチ・スンドゥブ」

Wiki抜粋
—————————————————–
スンドゥブ
豆腐そのもののスンドゥブは、豆乳に凝固剤を加えた状態のままのもので、絞らないので水分を多く含み柔らかである。チゲなどの食材とするほか、そのままヤンニョムカンジャン(薬味入りの醤油)などをかけて食べたりする。スンドゥブの呼称は「純豆腐」の朝鮮語読みとも「水豆腐(スドゥブ)」が変化したものとも言われているが、定説はない。但し現在では漢字表記で紹介されるときは「純豆腐」と書かれることが多い。

スンドゥブ・チゲ
スンドゥブ・チゲは、その名の通りスンドゥブを使った鍋料理である。小型の土鍋(トゥッペギ)などにアサリやシジミを敷き、スンドゥブと肉・野菜を入れて水またはスープを張り、コチュジャン、唐辛子粉、ニンニク、ごま油などを使った合わせ調味料で辛味の味付けをして煮込み、最後に生卵を落とす。飲食店ではご飯やパンチャン(おかず類)と共に、スンドゥブ・ペッパン(白飯=大衆料理としての「定食」のこと)として供される。
—————————————————–
だそうな・・・

なので・・正確には「韓国風」・・(^^♪

韓国料理なので石鍋なんですね・・
参考画像です・・(Wiki抜粋)

スンドゥブ・チゲ


こっちの方が美味しそう(^^♪

石鍋は無いので・・
前回ご飯炊きで活躍した「万古焼」7号土鍋を使います
まずは食材下ごしらえ

約2人分です
1.木綿豆腐:1丁(絹ごし豆腐でも良いですよ・お好みで)
2..卵:1個
3..ばら肉:スライス2枚
4.にら:売っている一房の半分
5.玉ねぎ:大きいので1/2球
6.白菜:葉っぱ4枚
7.シイタケ:1個
8.もやし:1/2袋
9.市販のキムチ:量はお好みで
10.お水:500cc
11.顆粒鶏がらスープ:大さじ1杯
12.醤油:大さじ1/2杯
13.コチュジャン:大さじ2杯

キムチ・スンドゥブ

下ごしらえ(上の写真の様な感じ)
A.お豆腐は「半分」に切ります・・
B.ばら肉スライスは「縦3センチ」位に切ります・・
C.にらは「縦5センチ」位に切っておきます・・
D.玉ねぎはスライスしてください・・
E.白菜は「5センチ角」位に切ってください・・
F.シイタケはスライスしてください・・
G.もやしは2センチ位に縦に細かく切ってください・・(適当で大丈夫です)

キムチ・スンドゥブ

a.土鍋にお水「500cc」と顆粒鶏がらスープ「大さじ1」と醤油「大さじ1/2」を入れ火に掛けます
 中火位で
b.煮立ったらコチュジャン「大さじ2杯」を入れ更に煮立たせます

キムチ・スンドゥブ

c.コチュジャンが煮立ってきたら・・
 豆腐を入れ上からばら肉野菜類を鍋に入れて煮込みます
(汁が煮立っているので火傷をしないように気をつけてくださいね)

キムチ・スンドゥブ

d.白菜に火が通ってきたら真ん中に卵を落として出来上がり(^^♪
(吹きこぼれやすいので火加減など気を付けてください)
(汁が多い場合は、一旦別の容器に移しておいてください・・後で使います(・∀・)/ ハーイ)

「キムチ・スンドゥブ」

キムチ・スンドゥブ


熱いので・・
汗拭き用タオルを用意して・・
ハフハフしながら召し上がれ(^^♪

ダイエット中の貴方・・あぁ・・私だ(爆)
お豆腐と野菜がメインなのでとてもヘルシーですよ~~

韓国のコチュジャンの辛さは・・
中国の豆板醤とはまた違う辛さで・・
沢山入れても火を噴く様な辛さではなく少し甘みのある優しい味ですね・・
まだたっぷりあるので、また違うお料理に使いますよ~~(^^♪

今回は5種類の野菜とお肉でしたが・・
それ以外にも、マイタケやシメジ、エノキ等・・
アサリなどの貝類なんか入れて・・「海鮮・キムチ・スンドゥブ」も美味しそうですね(^^♪

でわでわ(^^♪

次の日・・
別に取り置きしておいた汁と余った野菜をとキムチ・スンドゥブの残りを使って
「キムチ・スンドゥブ・ラーメン」

キムチ・スンドゥブ・ラーメン

これが結構いけるんですよ(^^♪

隠し味で豆板醤を小さじ1杯位お好みで加えてください・・
汁の濃さが足りない場合はコチュジャンと残ったキムチを足してくださいね・・

麺は「肉のハナマサ」プロ仕様の「太麺」

肉のハナマサ プロ仕様 太ちじれ麺


肉のハナマサ「プロ仕様・生中華麺」・・
モチモチの麺で、少々多く煮てしまってもモチモチ感が損なわれず美味しくいただけます・・
お勧めですよ(^^♪

ちじれ麺で(細めん・中太麺・太麺)とあるんですが、今回は太麺が合いますよ(・∀・)/ ハーイ
「キムチ・スンドゥブ・ラーメン」

キムチ・スンドゥブ・ラーメン

今度は「豆板醤」を使った「四川辣油 麻婆豆腐麺」が食べたくなってきた・・
当分痩せられませんね・・・(・´з`・)

でわでわ(^^♪

 

菜の花とほうれん草のパスタをつくる

27 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また料理ネタだゾ~~~ン(・´з`・)
第8弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理
春らしく・・
「菜の花とほうれん草のパスタ」を作ってみました・・
3連休
お墓参りに行った帰り・・道の駅に寄ったんです!
「道の駅」っていいですね・・地元の農家さんの朝採れ野菜が沢山(^^♪
どれもこれも目移りしちゃって・・つい沢山買い込んでしまいます
どれもこれも安いので感動してしまいます(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
「道の駅」・・とても良いアイデアですね!!

そこで見つけた春の香り・・菜の花野菜
隣にあったほうれん草も勢いがよく新鮮・・

早速パスタ料理にして見ました「菜の花とほうれん草のパスタ」

何時もの「銀行の粗品」で貰ったお皿・・

菜の花とほうれん草のパスタ

約1人分です
1.乾燥パスタ1.6mm:100g
2.菜の花:3房(お好みで増減してください)
3.ほうれん草:3房
4.ばら肉:スライス2枚
5.顆粒コンソメ:大さじ2分の1杯
6.顆粒鶏がらスープ:小さじ1杯
7.塩:一つまみ(できれば天然塩)
8.コショウ:2振り(粗挽き黒コショウ)
9.片栗粉:大さじ2分の1杯
10.オリーブオイル:大さじ2杯
11.水:200cc(具材が少し浸る位)

下ごしらえ
A.菜の花は「5センチ」位に縦に切ります(下茹ではしません)
 (風味をより出すために下茹ではしませんが、えぐみが気になる場合は熱湯で湯通ししてもいいですね)
B.ほうれん草は「5センチ」位に縦に切っておきます・・
C.ばら肉は「2センチ」位に切っておきます・・(ベーコンが無かったので代用です)

お鍋に、適当に水を入れ・・お鍋に「6割」位・・
水は多い方がパスタが美味しく煮えるかもしれません・・
Nyannの場合「塩」は入れません・・
(Nyannの場合ゆで汁に塩を入れてしまうと塩加減が濃くなったり薄くなったり上手くいかないんです)

パスタを袋の指示通りの時間茹でる・・

パスタのゆで時間4分前位になったら・・

a.フライパンにオリーブオイル:大さじ2杯を入れ火に掛けます
 中火位で
b.ばら肉を入れて色が変わる位・・(此処はベーコンが正解です)
 (ベーコンと違うのであまり火を通し過ぎないように注意してくださいね)
c.菜の花とほうれん草を全部入れてフライパンをあおりながら火を通します
 (菜の花とほうれん草は火を通していくと3分の1位になります)
d.直後に顆粒コンソメ「大さじ2分の1杯」と顆粒鶏がらスープの素「小さじ1杯」を入れます
e.菜の花とほうれん草が「しなっと」(3分の1位になります)なったら「水200cc」を入れます
f.煮立ったら塩・コショウを入れ
g.片栗粉を「大さじ1杯の水」で溶いて少しずつ、フライパンの中の具材と混ぜながら入れます
 (固さは・・照りが出る位で十分です)
h.最後にお決まりの味見をして塩コショウで調整します
 (少し味を濃い目に・・パスタに絡めるとちょうど良い加減になると思います)
i.パスタが茹で上がったらお湯をよく切ってお皿に盛る
j.パスタの上にフライパンの具材「アン」を掛けて出来上がり

菜の花とほうれん草のパスタ

菜の花とほうれん草のパスタ


さあ・・温かいうちに召し上がれ(^^♪

オリーブオイルが菜の花の味を引き立ててちょっと春を感じる味に仕上がっています(^^♪
片栗粉を加えることで「アン」がパスタに良く絡みます・・
お好みでお皿に盛り付けてからオリーブオイルを少し掛けてみても美味しいかもしれませんね!!

でわでわ(^^♪

 

ポトフ「8種の野菜とあらびきウインナー」

24 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また料理ネタだゾ~~~ン(・´з`・)
な~んか雑居ブログ(爆)
第7弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理
「ポトフ」を作ってみました・・

近所のスーパーの品揃えと価格から春を感じる今日この頃・・(´Д`)ハァ…
な~~んか侘しいです・・

八ヶ岳ブルーの空の下・・春の息吹を感じたい・・・
たぶんこれからは代表的な「タラの芽」「ふきのとう」「こごみ」等をはじめ・・
山野草が息吹を吹き返す頃(^^♪
お山を一回りすると採りたての山野草が、かごにいっぱい(^^♪

現実に戻って・・
冷蔵庫の中を見たら期限切れ一週間程経った「粗挽きウインナー」が・・
まあ・・真空パックで封を切っていないのでまだ食べられる?・・食べちゃお~~(笑)
ウインナーの出汁を利用して「煮込み野菜とウインナーのスープ」でも作りましょう・・

日ごろの野菜不足を少しでも補いましょう・・
「ブロッコリー」「キャベツ」「玉ねぎ」「ジャガイモ(男爵)」
「にんじん」「ほうれん草」「マッシュルーム」「シイタケ」
8種類入れて・・

Nyannの食卓は常に7~8種類の野菜を置いています
無くなってくるとスーパーで買ってきて補充します・・
特に「玉ねぎ」と「ジャガイモ」は大好きで・・
長野の入笠山の家へ行くたびに地元の「びっくり市」という大きなお店で10kg単位で買ってきます(^^♪
(ちなみに・・玉ねぎとジャガイモは、北海道産です)

これって「ポトフ」って言うらしいです(^^♪

全部入れて煮込むだけ・・簡単ですよ(^^♪
何時もの「銀行の粗品」で貰ったお皿・・

ポトフ


約4人分です
1.ブロッコリー:一房の半分
2.キャベツ:葉っぱ4枚
3.玉ねぎ:大きいの1個
4.ジャガイモ(男爵):大きいの1個
5.ニンジン:1本
6.ほうれん草:3房(スーパーで一袋5~6房入っています)
7.マッシュルーム:2個(白マッシュでも普通のマッシュでも)
8.シイタケ:2個
9.顆粒コンソメ:大さじ1杯
10.塩:小さじ1杯(できれば天然塩)
11.コショウ:5振り(粗挽き黒コショウ)
12.粗挽きウインナー8本(お好みで)

下ごしらえ
A.ブロッコリーは大きな房から小さな房毎に小分けに切ります
B.キャベツは「2センチ」角位でざく切りに・・
C.玉ねぎは「1センチ」位で輪切りに・・(縦に半分に切って、繊維と垂直に横に切る)
D.ジャガイモは「2センチ角」位に・・
E.ニンジンは縦に「5ミリ」位に切って大きい部分は縦に半分に切ります・・
F.ほうれん草は「5センチ」位に縦に切っておきます・・
G.マッシュルームとシイタケは薄切りに・・
H.粗挽きウインナーは半分の4本は2分の1の斜め切り・・(後の半分は切らずにそのまま)

下処理
ブロッコリーは水洗いし耐熱ガラスまたはセトモノの容器に入れラップをして電子レンジで1分加熱します
ニンジンも同じくラップをして電子レンジで1分加熱します
電子レンジから取り出したらラップをすぐに取ります・・
(ラップをすぐに取らないと収縮して野菜がぺちゃんこになっちゃいます)
(容器が熱くなっているのと、ラップを取る際に蒸気が熱く吹きだすので、十分注意して!)

a.お鍋にお水を1リットル程入れます
b.顆粒コンソメを大さじ1杯いれます
c.「キャベツ」「玉ねぎ」「ジャガイモ」「ニンジン」
 「マッシュルーム」「シイタケ」「粗挽きウインナー」を入れます・・
(ブロッコリーとほうれん草以外全部入れ)
d.塩:小さじ1杯と粗挽きコショウ5振りを入れます
 沸騰するまで強火で
 沸騰したら中火で「10分」位茹でます
e.10分程経ったら「ブロッコリー」と「ほうれん草」を入れます・・
(電子レンジで加熱した際にブロッコリーから出た汁もお鍋に入れてくださいね大事な栄養分が入ってます)
f.ブロッコリーを入れてさらに
 一番弱火でコトコト「10分」程煮込みます
g.最後に味見をして塩コショウで調整して出来上がり(^^♪

「ポトフ 8種の野菜とあらびきウインナー」

ポトフ


野菜のエキスと粗挽きウインナーのエキスが解け出てコクのある美味しさです(^^♪

暖かいうちに召し上がれ・・

Nyannは生のサラダは苦手なんです・・
こうやって煮野菜にして食べると沢山食べられます!!
沢山の野菜と豚肉の粗挽きウインナーでお腹にも優しい栄養バランスの良いメニューです(^^♪

カレーなどと一緒で、一晩置くとさらに風味が増して美味しいですよ(・∀・)/ ハーイ

でわでわ(^^♪

 

ペペロンチーノをつく~~る「Nyann’s スぺシャル」

22 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

料理ネタ・・ばっかり(・´з`・)
第6弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理

「ペペロンチーノ」を作ってみました・・簡単ですよ(^^♪

Wiki抜粋
———————————————————————–
イタリア語で
アーリオはニンニク
オリオは油(特にオリーブ・オイル)
ペペロンチーノはトウガラシ
を意味する。これら3つの素材をソースに用いたパスタ料理を指す。

パスタとしてスパゲッティを選んだものが、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノである。
このパスタは別名「絶望のパスタ」とイタリアでは呼ばれることがあるが
その理由は諸説あり
一例として「貧困のどん底にあってもオリーブ油とニンニクと唐辛子さえあればなんとかなるパスタ」
との説がある。
———————————————————————–
だそうな・・・

もう一つは・・(Nyannの聞きかじり)
塩加減だけで味の決まる「ペペロンチーノ」は、
その単純な味付けが災いして「シェフ泣かせ」のお料理でもあるそうです。
なので「残酷なパスタ」とも言われているそうです(^^♪

ということで・・(Wikiを載せた意味は特にないんですが(笑))

「ペペロンチーノNyann’s スペ」
何時もの「銀行の粗品」で貰ったお皿・・

ペペロンチーノNyann’sスペ

なんで「Nyann’s スペ」かというと・・
余計なものが入っているんです・・
それは・・「パセリ」
「イタリアンパセリ」ではないですよ・・ただの「パセリ」
そう・・料理の端にちぎって一つ置いてある・・苦いので大体の人は捨てちゃう(笑)

でもね・・
ただの「パセリ」は、油で熱を加えると甘くなるんです・・

例えば・・
「春菊のてんぷら」とか「大葉(青じそ)のてんぷら」とか・・
これから味わえる「タラの芽」「ふきのとう」のてんぷら等と風味が似ています!

パセリも初夏頃から大きくなり黄緑色の新芽が出てきます・・
この新芽のてんぷらが最高ですよ・・
騙されたと思って作ってみてください・・(新芽でなくても美味しいですよ)
病みつきになっちゃうかもしれませんよ~~~
パセリの独特の甘さを利用したペペロンチーノなんです・・
なので・・
「Nyann’s スペ」では・・「イタリアンパセリ」では独特の風味が出ないんです(^^♪
もともとペペロンチーノにはイタリアンパセリは入れませんよね(・´з`・)

一人分です
1.パスタ1.6mm:乾燥状態で100g(スーパーで売っている普通の乾燥パスタです)
 ・・一番安い奴(爆)
2.赤トウガラシ:1個(お好みで・・でも入れすぎるとただの辛いパスタになるので注意してね)
3.ニンニク:1片
4.パセリ:2房(スーパーで大体一袋5房位入っています)
5.ベーコン:2枚(お好みで・・お金があればパンチェッタでも良いですよ)
6.ほうれん草:3房(スーパーで一袋5~6房入っています)
7.塩:一つまみ(塩は、出来れば、博多の塩とか、岩塩とかの自然塩)
8.粗挽きコショウ:3振り
9.オリーブオイル:大さじ2杯

下ごしらえ
A.パセリを茎からちぎる・・(茎が入っても大丈夫ですよ)
 包丁で・・これでもか・・という位細かく「みじん切り」に・・
 (なめ牢を作るときみたいに確りと叩くように粉砕する)・・「なめ牢」なんてもっと解らない(笑)
B.ニンニクは適当に「みじん切り」・・「スライス」でも良いですよ・・
 (初めに縦に半分に切って真ん中の芽の部分を取ってくださいね)
C.ベーコンは縦に「1~2センチ」位に切ります・・
D.ほうれん草は「5センチ」位に縦に切っておきます・・
E.唐辛子は中の種を取り出して「2mm」位に輪切りにしておきます・・

お鍋に、適当に水を入れ・・お鍋に「6割」位・・
水は多い方がパスタが美味しく煮えるかもしれません・・
Nyannの場合「塩」は入れません・・

パスタを袋の指示通りの時間茹でる・・

パスタのゆで時間3分前位になったら・・

a.フライパンにオリーブオイル:大さじ2杯を入れ火に掛けます
中火位で
b.ニンニクのみじん切りと唐辛子を入れて「20秒位」したら
c.ベーコンを入れてかき混ぜながら・・固さはお好みで
d.ほうれん草を全部入れてフライパンをあおりながら火を通します
 (ほうれん草はフライパンに入れたときは多すぎかと思いますが、火を通していくと三分の一位になります)
e.パスタが茹で上がった頃だと思うので鍋からパスタを取り出してフライパンに入れる
 (煮汁は少し残しておいてください)
f.パスタを入れたら・・みじん切りにした「パセリ」を水をよく切ってフライパンに入れる
(Nyannの場合手で直接パセリを握って水を出します・・細かいのが手につきますが・・お構いなし)
強火にして
フライパンを煽る・・
g.塩を一つまみ
h.粗挽きコショウを3振り程入れて・・
菜箸で勢いよくかき混ぜながら煽る煽る・・(これぞ男の料理です・・(笑))
味を見て薄ければ塩を少し足します・・(入れすぎると辛くなってしまうので注意してください)
(途中・・パスタの煮汁を大さじ2杯位フライパンに入れて煽るときれいにパセリが拡散します・・)
写真のようにパセリが混ざったら出来上がり(^^♪

お皿に盛って

ペペロンチーノNyann’sスペ


さあ・・温かいうちに召し上がれ(^^♪

でわでわ(^^♪