RSS
 

Archive for the ‘ALTEC オーディオな日々’ Category

ALTEC 1570A レストア直後(初めての音出し時)の写真

21 10月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

写真を整理してたらこんなのが出てきた(笑)

「ALTEC 1570A」 を調達・・レストアが完了したばかりで初めての音出しの時の写真・・

ALTEC 1570A


今と変わりはありませんね・・
整流管のメーカーが違うだけ位かな・・当時は「Philips-ECG」

当時のメインスピーカーは「ALTEC」ではありませんでした!
「DYNALOAD-9」(ダイナロード ナイン)「FE203Σ 2発」

ALTEC 1570A


「長岡鉄男」先生・設計の「DYNALOAD-9」
「長岡鉄男」先生が設計したバックロードスピーカーの中では最大の大きさ・・
サイドの板厚は先生設計の21mmより倍厚い42mmありました(^^♪

「DYNALOAD-9」を作成した当時・・
「ミューズの方舟」のメンバーも「DYNALOAD-7」までは作成者がいましたが・・
「DYNALOAD-9」は私だけでした・・
「長岡鉄男」先生に作成したことを報告したら・・
ニコニコしながら(あんな大きいの作ったの・・調整が大変だぞ!!)

確かに、最初はとんでもないのを作っちゃったって後悔しましたが・・
「DYNALOAD-7」では出せないダイナミックな音が出てきました(^^♪

「DYNALOAD-7」よりも「DYNALOAD-9」は大きさが1.5倍ほど大きかったですから!!
「DYNALOAD-9」は珍しかったので・・
「ミューズの方舟」のメンバーも何回か音を聴きに遊びに来ました・・

発売したての「YAMAHA A-2000」と「YAMAHA GT-2000」でドライブする組み合わせでしたから・・
私のオーディオもそれなりにハイエンドオーディオ時代でしたね(爆)

「DYNALOAD-9」は21歳頃の作成ですから・・
「ALTEC 1570A」が乗ったこの写真はそれから十数年後のものです!!

「DYNALOAD-9」と「ALTEC 1570A」の組み合わせで音を聴いていたのは・・
世界広しと言えども私だけだったでしょう(笑)

右下に懐かしいフォステックスの「UP-103」もありました・・これ、いい音してたんですよ!!
センターには「ALTEC 419-8B」をプレーンバッフルに入れて・・
このころすでにモノーラル再生も楽しんでいたんですね(笑)

「ALTEC 1567A」も専用キャリングケースを手に入れる前・・1セット所有のみでした・・
パワーアンプは自作の「2A3」シングルステレオアンプ・・
(直結式のロフチンホワイト)

ALTEC 1567A

当時はあまり部屋に何もなく今よりはずっとスッキリしていました(^^♪

私の自宅での「2A3 SINGLE」から「ALTEC 1570A」に変わった際の感想は・・
このころすでに 「ALTEC 1570A」は何台か修理レストアしていたので・・
予想通り・・という感じだったと思います。

もちろん「ダイナロード9」も十分にドライブ出来ていましたね(^^♪

 
ALTEC 1570A レストア直後(初めての音出し時)の写真 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

ALTEC 342B AMPLIFIER

23 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

アメリカの運動会用のアンプと言えば「ALTEC 342B」(笑)

本当に運動会で使ったかは不明(爆)

なんとなくそんな拡声器を鳴らしていたような・・・

久々に3連休なので引っ張り出して聴いています(^^♪
ALTEC 342B

ALTEC 342B

けっしてコンパクトとは言えないアンプだけど・・
アルテックにしてはコンパクトかもしれません(笑)

ALTEC 342B

「ALTEC 1568A」に「ALTEC 1567A」を少しチャンネル数を減らして・・
プリメインアンプに仕立てたようなアンプ・・

トーンコントロールも付いていて便利ですよ・・
効き方も中心周波数からスイングするタイプではありません・・
リニアな効き方なので、イコライザーのカーブを補正するような使い方です!!
「ALTEC 1567A」のトーンコントロールと効き方は全く同じです!!

ALTEC 342B


構成は・・ザッと・・
プリ部:12AX7
ドライバー部:6CG7
出力部:7027A PP (6L6GCの高信頼管)
整流部:5AR4

イコライザーアッセンブリーは「1567A」と同じものが使えます・・
なので直接プレーヤーから接続できます(MMカートリッジ)!!
お手軽ですね(^^♪

「ALTEC 342B」は一応2台あるのですが、メインに繋ぐのはめんどくさいので・・
「JENSEN 525H」で鳴らしています・・

JENSEN H525 15INT COAXIAL

今日は気圧が低いらしく、出力管から久々に蛍光が出ています(^^♪
蛍光はいつ見てもきれいですね!!!
左から「5AR4」「7027A PP」

ALTEC 342B

音は、ストレートで素直な出音です・・
出力は30Wで、フルレンジスピーカーなんかをサクッと鳴らすのには良いかもしれません・・
もちろんアルテックトーンですよ(^^♪

 

ALTEC 1570A 独特の音の凄み(^^♪

17 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

アメリカのカーネギーホール向けに専用に設計されたアンプなんだけど・・
と言っているが、全く資料が見当たらない・・
Nyannは「エレクトリ師匠」から最初に教わったんだけど・・
いくつかのWEBページにも同じような事が書いてあった・・
アルテックのスピーカーに関してはあーだのこーだの色々と書かれているけど・・
アルテックのアンプの事に関してはとても資料が少ない・・
特に「1570A」に関しては・・
検索すると自分のブログばかり出てくる( ;∀;)

話が変わりますが・・
今日の様な夕方からの雨の日はなぜか我が家のシステムはよく鳴る(笑)

北欧組曲


北欧組曲
1977年録音
日本人の演奏だ・・
高橋達也と東京ユニオン
曲は好きなんだけど・・
録音が??

少し前、「ALTEC 1568」で再生してみましたが・・
カートリッジを「SHURE M447」で掛けた時はオーケストラなのに広がりがあまり無く・・
なんかもこもこして線が細い・・
ところが、今のカートリッジ「SHURE M3D」に変えた所、別物のように鳴りだした・・
生き生きと鳴り始めた(笑)

ALTEC 1570A POWER AMP


ところがどうだ・・
「ALTEC 1570A」では・・
音が太いのは当たり前だが・・
格段に音の切れが良い・・スピード感が格段に増している・・
音のエネルギー感が本来のオーケストラでの再生を彷彿させている・・
リアリティーが数段増した感じ・・
音がどんどん迫って来る・・
総評として・・演奏に独特の凄みが加わった・・

このレコードこんなにエネルギーが入っていたんだ・・嬉しい悲鳴(^^♪

この感覚は「ALTEC 1570B」も同じ・・と言うかBタイプの方がパワーがある分もっと凄いかも!!!

この独特の凄みのある音は「BLOG」の記事にいくら書いても解らないと思います・・
残念ながら「ALTEC 1570A」「ALTEC 1570B」を所有してい者でしか味わえない音かもしれない!!

ただし・・好みの問題ですよ・・あくまでも・・
特にハイエンド系が好みの場合は、ほぼ真逆なので受け入れられない感覚です・・

過去にFBで何処かの方がコメントをしていました・・
アルテックの「1567」や「1570」は毒っ気のある音を吐く・・と言っていましたが・・
まさにその通りかもしれません!!!

アルテックはオーディオ機器ではありませんから(笑)
あくまでも公共の拡声装置です(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMP

だからアルテックは止めらんねぇ==(爆)

アメリカの拡声器は良い感じですね~~(^^♪

 

ALTEC 1570A 1570B 1570BT

10 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

暑くて何もする気が無い・・
修理品がたまっているんですが・・やる気が無い・・

9月に入って全くネタが無いのであっちこっちのWEBから写真をパクリ・・

BLOGの検索でたまに見るんですが・・
相変わらず「ALTEC 1570A」の投稿は無いですね・・

アメリカのカーネギーホール向けに専用に設計されたアンプなんだけど・・
評判が良かったのかそれとも折角設計したんだからもう少し生産しようか(笑)?
トーキーで使えるこのクラスの出力のアンプは当時見あたらなかったような??

当時生き残っていた「Western」や「Westrex」にはあったと思うけど・・(200wクラスは無いか?)

500台(300台って聞いたことも有るけど)しか生産されてないし・・
ステレオで使おうとすると半分の250セット・・
確か・・1956年頃から1958頃で生産中止・・

最終ロットとしても60年経ってるから・・
何台生きてるか???

Bタイプは1958年以降の生産開始でトランジスターの「1590シリーズ」あたりが出るまで・・
たぶん一桁違う数千台の生産台数・・
ALTEC 1570 Aタイプ(Nyannの(笑))

ALTEC 1570A POWER AMP

ちゃんと動く「1570A」を所有しているのは私が知っている中では私を含めて3人・・
(あの有名な極道さんも持っていないみたい)・・(笑)
ショップが売っている分もあるみたいなのであと数セットはあるかも知れません!!

ALTEC 1570 Aタイプ(三丁目のカレー屋さん)
ネットより拝借

ALTEC 1570A POWER AMP


kurakichi さん
という方がBLOGに載せています・・
詳しくはkurakichi さんを見てくださいね(^^♪

このお店は今でもこのアンプを鳴らしていますよ・・

システムの主な構成は
スピーカーユニット: ALTEC 605E DUPLEX SPEAKER
エンクロージャー: 国産612タイプ箱
プリアンプ: ALTEC 1567A MIXER AMPLIFIER
パワーアンプ: ALTEC 1570A POWER AMPLIFIER
ターンテーブル: GARRARD 301 TURNTABLE(BLOGの写真はチット古いです)
レコード針: 不明
トーンアーム: 不明

プリアンプとパワーアンプはNyannと同じ構成です・・
イコライザーのチューニングが違うので出音は違うと思いますが・・

お昼は忙しいのでBGMとして音を出しています・・
ちゃんと聴きたければマスターにお願いして見てね・・
閉店後に聞かせてくれるかも知れません???
珍しいレコードたくさん持ってます(^^♪

カレーはとても美味しいです・・
「ALTEC」の音を聴きに行くのもいいですが、此処のカレーは一食の価値ありです・・
他では食べられないですよ(^^♪

次は「1570B」
ネットより拝借

ALTEC 1570B POWER AMP

こちらは後発なので部品が新しいため安心して使えそうです・・

出音は違います・・
直熱送信管独特のメリハリのある音の傾向は同じです・・
アンプの仕様は同じですがBタイプはパワーがある感じです・・
Aタイプはパワーというよりも小出力で使ったほうがいい感じ・・
小出力時の音の出方はAタイプは繊細な音を出します
Bタイプは少しPA的な雑把な音
音量を上げていくとBタイプのほうがクリアで確りした音の出方をします・・

Bタイプは持っていませんが、昔何回か借りてきて鳴らしたことがあるのでそのときの印象です・・

このアンプはトランジスターの200Wクラスとは訳が違います・・
トランジスターの200Wクラスと同じ扱いをするとスピーカーが何個あっても足りません(笑)

トランジスターで言うと1000Wクラスの扱いになりますので・・注意注意(爆)

終わりに「1570BT」
ネットより拝借

ALTEC 1570BT POWER AMP

これは、単に「1570B」に各部の電圧測定用のメータが付いているだけです・・
肝心の増幅回路やトランスなどは「1570B」と全く同じです・・
メーターが付いているとメカっぽくていいんですが、ビンテージ品の場合トラブルの元になります。
「1570B」はそんなにやわではないので基本的には不要だと思います。
好みの問題ですね!!!

珍しいとかめったに出ないとか書いて高く売っている記事がありますが・・
確かに「1570B」よりかは少ないですが・・
意外とこれからも出てくると思います・・

 

エアーフロー 効果抜群(^^♪

06 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

オーディオ部屋の暑いこと暑いこと・・
エアコン無しでは40℃超え・・
なんとかならないかこの暑さ・・ならないよね(笑)

この暑いのに真空管アンプを使っています・・日が暮れてから・・

ふと・・思いついて扇風機でエアーフロー

ALTEC 1570A

一番弱い風で十分効果抜群です・・
パワートランスやチョークトランスの唸り音が消えた・・

温度計が無いのでどれだけ温度が下がったか解らないですが・・

手で触った感じは効果抜群・・

エアーフロー無しだと熱い位になっていたトランス類・・
エアーフロー有りだとほんの少し暖かい位にまで温度が下がっています・・

冬場もこれで行こう(^^♪

おまけ・・

(修理完了時1)

ALTEC 1570A

(修理完了時2)

ALTEC 1570A

アンプのためにも良いことなので・・
冬場までにもう少しスマートな感じのエアーフローを考えよう(^^♪

 

道具箱から救済球&怪しいRCA 5Z3(笑)

30 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

道具箱を整理していたら埃だらけの球4つ・・

球をやっている人ならだれでも持っている普通の球(笑)

救済球


左から
SYLVANIA 6B4G
SYLVANIA 6B4G
RCA 5Z3
SYLVANIA 42

上から見た写真

救済球

そういえばオーディオ仲間が本格的な真空管アンプを買ったらしい・・

整流管は5Z3だそうな・・
「RCA」が欲しいとのことだったので・・参考までに・・

整流管 RCA 5Z3

「RCA 5Z3」の頭の拡大
ヒーターは釣り鐘タイプ

整流管 RCA 5Z3

最近RCAと名乗りながらいろんなタイプが出ているみたい・・
AMAZON」で売っている「RCA 5Z3」(現在在庫切れ)
AMAZONより抜粋

整流管 RCA 5Z3

「RCA」の「5Z3」のヒーターの吊り方も何種類かあるが・・
「RCA」の「5Z3」でヒーターのこんな釣り方の球は見たことないけど・・
AMAZONより抜粋

整流管 RCA 5Z3

「アムトランス」さんで検査済みとあるので動作的には問題ないと思うんだけど・・

パンツの所の印刷もすごく新しい・・
「RCA」社はとっくに製造してないのでこの印刷はどう見ても後から付けたのが見え見え・・

「5Z3」を買うなら問題ないんだろうけど「RCA」の「5Z3」として買うのであれば・・・

超怪しいと思うんだけど??

みなさんどうでしょうかねぇ~~

 

ALTEC 1570A POWER AMP

10 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

去年2017年6月末頃にフルオーバーホールをして休眠していた「ALTEC 1570A」

いい加減1年経っているので動かさないと・・
冬の間に動かす予定が・・私の場合予定は未定でいつになるかわからない横着人間(笑)

うちの大御所ALTEC 1570A 165W POWER AMP

1570A POWER AMP左チャンネル側

ALTEC 1570A 165W POWER AMP

1570A POWER AMP右チャンネル側

ALTEC 1570A 165W POWER AMP

今年は色々壊れて大きなものが二つ(総重量55Kg程)なくなった・・(ハードオフ行き)
その跡地に「ALTEC 342B」を2台積み上げ・・
「CASPER」がやっと平らな場所に(笑)

ALTEC 1570A 165W POWER AMP

スピーカー周りが少しスッキリ・・でも無いか(^^♪

ALTEC 1570A 165W POWER AMP

「ALTEC 1568A」は少しの間お休み・・
ついでに再調整します(^^♪
ALTEC 1568A 40W POWER AMP

ALTEC 1568A 40W POWER AMP

直熱送信管独特の張りのある中高域
圧倒的馬力・・パワーから出てくるスピーカーの鳴らされ感・・
すべての音が、よりクリアに・・よりリアルに再生される・・

「ALTEC 1570A」は、
拡声用のアンプでありながらスタジオモニターのドライブアンプのような音を出します!!
倍音成分を含めすべての音のコントラストがハッキリ再生されるので、
聴き様によっては厳しい音に感じられます!!

歳のせいかもしれません・・
「ALTEC 1568A」の優しいマッタリ感を聴きなれると体が疲れるかもしれない・・
普段聞きは「ALTEC 1568A」の方が長時間疲れずに聴いてられる(^^♪

送り出し側の「ALTEC 1567A」ミキサープリもノイズが目立ってきたので・・
こちらも折を見てオーバーホールを掛けるか・・
ラインケーブルや接続コネクターもそろそろ新しいものと交換時期が来ているかも(^^♪

 

FRANCIS LAI ・ FX-AUDIO TUBE-01J

03 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

FRANCIS LAI
たまにはこういうのも・・
ここいらへんの曲は中学校時代よくラジカセで聴いていました・・
FM放送で流れていたのをカセットに録音して・・
この楽団の「アコーディオン」?かな「バンドネオン」?かな・・なんとなく好きなんです(^^♪

「白い恋人たち」・「恋人たちのメロディー」の出だしの部分などいつ聴いても良いです(^^♪
このアルバム・・雨の日が一番合うんですよ!!

フランシス・レイ

FRANCIS LAI


ベストアルバムだよ~~~

男と女
愛は私たちよりも強く
ある愛の詩
雪の中のたわむれ
白い恋人たち
雨の訪問者
さらば夏の日
恋人たちのメロディー
ハロー・グッドバイ
パリのめぐり逢い
華麗なる対決
泉の詩
遙かなる影
風のささやき
シャレード
ロミオとジュリエット
真夜中のカウボーイ
ラスト・タンゴ・イン・パリ

FX-AUDIO TUBE-01J

FX-AUDIO TUBE-01J


「FX-AUDIO TUBE-01J」はCDプレーヤーに接続するのが一番合うみたい・・
もともとそういう設計でしょうから!!

ジャズ以外のこういうソースは合うのかなぁ・・香ばしい音を出してます(^^♪

手元のレベルコントロールには非常に便利・・

あっ・・再生側はアルテックで聴いています・・
(ALTEC 「1567A MIXER」・「CH-5」「LINEレベル」入力に入れてます)

可もなく不可もなく・・
なんとなく音が落ち着いている感じです(^^♪

 
FRANCIS LAI ・ FX-AUDIO TUBE-01J はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

ALTEC・・・ オーディオ装置では有りません

29 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

最近あまり載せる事が少なくなって・・・
過去映像から・・

レコードを掛けるための機器構成・・
ここ2年位主にこの構成で落ち着いてしまって聴いています(^^♪

プリアンプ
1960年代後半の製品
マイクミキサーをプリアンプ代わりに使用中
マイクもRIAAイコライザーユニット付きでレコードも再生出来ます
米アルテック「1567A 真空管ミキサー」

ALTEC 1567A MIXER AMPLIFIER

パワーアンプ
1960年代の製品
出力40W/方チャンネル
「6CA7 / EL34」シングルプッシュプル
とても扱いやすいアンプですね・・・
米アルテック「1568A 真空管パワーアンプ」

ALTEC 1568A POWER AMPLIFIER

スピーカー
1960~1970年代の製品
N801ー8Aネットワークによる2WAY構成(30Hz~20000Hz)
口径30センチの419-8Bフルレンジスピーカー(30Hz~800Hz)を低域
802-8Dドライバーと811Bホーン(800Hz~20000Hz)を高域
米アルテック「614Dモニター箱を中心としたNyannオリジナル構成」

ALTEC 614D SPERKER SYSTEM

レコードプレーヤー
1950年代の製品
オートチェンジャー機能無しマニュアルリフター付フルオートプレーヤー
アメリカ向け仕様のものが多いですが、こちらはドイツ本国仕様
アメリカ向け仕様「110V 60Hz」(日本国内では電源の関係やキャビネットの作り等こちらが人気)
ドイツ本国仕様 「220V 50Hz」
独エラック「Miracord 18H」(ミラコード)

ELAC Miracord 18H

カートリッジ
1950年代後半の製品
30年以上前に「エレクトリ師匠」から貰ったもの
貰って以来仕舞い込んでいた為動くかどうか不安でしたが今は調子よく動いています
米シュアー「M3D」

SHURE M3D CARTRIGE

古いものなので時々直しながら使っていますが調子はいいです・・・

残留ノイズは多いです・・
シャーとかウーとか出ています・・
但し、レコード再生時に音楽に乗ってくるようなノイズは出ていません!!
ある程度調整すれば小さくはなりますが無音状態には程遠いです!!

半導体を使ったオーディオ機器のように全く無音状態だとかえって物足りなくて(笑)
最近はデジタル化でさらにSNが良くなり違和感を感じます・・・

(ここからは個人の感想です・・感じ方はそれぞれ違うので参考にはなりません)
(言葉で音を表現しても信憑性が有りません・・マイクで音を採って載せてもマイクの音でしか有りません)
(勝手にホザイテいるので読んでも良し飛ばすも良しです(笑))

出てくる音は???

レコーディングの良し悪しがリアルに出ます・・
ほとんどの再生音はエネルギーが凝縮されたリアルな躍動感を感じます・・
楽器のコントラストは抜群に強いです・・

打楽器系の骨のある音とスティックが当たった時のタッチの鼓気味よさ
バスドラムの音はドスンドスンではなくストンストンという乾いた音

ウッドベースの音階を刻む質の良い低音と弦がネックに当たったときのカツカツという弦鳴り
「サクソフォンコロッサス」などを掛けるとテナーサックスの太い胴鳴りが気持ちよい

バイオリンなどは弓で弦を弾くときのギコギコ擦れる音のリアルさ

オール真空管なんですが決して優しい音では有りません・・
時には結構厳しい音を出すときがあります・・

カートリッジを「SHURE M44-7」メインから「SHURE M3D」メインにしてから
何より「レンジが狭く」より「太っとい」(爆)

「SHURE M44-7」も良いですよ・・
こちらはエラック「Miracord 10H」に標準で装着して使っています(^^♪

「出音」はひたすら「気持ちよい」です(^^♪

この装置(システム)はもちろん音楽を再生するための装置です・・
オーディオ装置では有りません(笑)

この再生装置は一種の楽器だと思っています・・
個々の楽器に個性があると同じくこのシステムにも独特の個性があります・・
それを良しとするかは聞く側の好み・・

最近共感しているオーディオ評論家の「田中伊佐資」さん的「マイファイ」です・・
「ハイファイ」路線よりも「マイファイ」路線の方が楽しめます(^^♪
なので、あまり他人に聞かせるものでもないような気がします!!

正統派のオーディオマニア諸氏に聞かせたとします・・

まともなオーディオマニアなら無音状態のノイズを聴いた時点で・・
音を聴く以前の問題だと「整備不良」ってレッテルを貼って行くと思います・・・

このシステムになってから何十年もまともなオーディオマニアに音を聴かせた事はありません・・
過去に音を聴きに来てくれた人ごめんなさい(笑)

この装置(システム)は
音の良さには全く自信が有りません・・
しかし・・楽曲(演奏家)の躍動感を引き出すのはとても自信が有ります・・

音の忠実再生か・・音楽性か・・どちらが正しいかは個々の問題です・・
どちらも正しいと思います(^^♪

音の忠実再生(イコール)音楽性再生かはベクトルは、ほぼ同じ方向ですが・・
ピタッと一致するものでは無いと思います(^^♪

以上・・言いたい放題でした・・

 
ALTEC・・・ オーディオ装置では有りません はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

FX-AUDIO TUBE-01J その後 その3

22 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

FX-AUDIO TUBE-01J
真空管ソケットから余計な光が・・
最近流行?のLED照射・・
折角の真空管フィラメントのほんのりとしたオレンジ色の灯が台無し・・

FX-AUDIO TUBE-01J

余計な光を取ると・・・

FX-AUDIO TUBE-01J

ほら・・スッキリ・・
怪しい緑の「GE」マークも良く見える(笑)

FX-AUDIO TUBE-01J

スッキリ・・って感じるのは私だけか(笑)
好みの問題なんだと思うけど・・
真空管時代の私にはLEDの演出は「NO-THANKYOU」なのだ・・・

FX-AUDIO TUBE-01J

本来の使い方であるCDの出力側に繋いで見ました・・
デジタルアンプはまた押入れ行き・・

FX-AUDIO TUBE-01J

ちょうど高さもピッタリ収まる(^^♪

FX-AUDIO TUBE-01J

出音はどうかって・・
あまり解らない・・変わらない・・
雑身が加わったのかな・・
聴きやすいというよりなんとなく丸くなったような気がする・・
トランジスターでの構成のものを繋ぐと違いがわかるんだろうけど・・
違いがわかるのと・・良くなるのとでは違うから・・

結論としては・・

オールトランジスターのシステムを使っている人にはそれなりの変化が楽しめるのかも知れません・・

私のようなオール真空管のシステムを使っている場合は・・どうかな??って感じ・・

CDのボリュームコントロールが付いたので使いやすくなりました(笑)

また、なんか発見があったら投稿しますね(^^♪

 
FX-AUDIO TUBE-01J その後 その3 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

FX-AUDIO TUBE-01J その後 その2+ボヤキ

18 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

FX-AUDIO TUBE-01J(ラインバッファー)なるものを購入!!

FX-AUDIO TUBE-01J 中華球


中華球はいまいち・・ん~~~だったので・・
追加で・・GE球を・・
な~~んか怪しいけど・・¥1500位なのでいいか・・

GE 5654W

JAN球で緑の印刷・・・やっぱり怪しい・・
もちろん箱はオリジナルではない・・・

GE 5654W


昔はJAN球なんて格安の球だったのに・・・

やっぱり中華よりは球アンプらしい(^^♪

FX-AUDIO TUBE-01J GE球


見てくれは少しはましになったが・・
肝心の出音の方は・・・

中華球からアメリカ球に替わったので・・先入観レベルかな(笑)
私の駄耳ではそんなもんか・・

気持ち混濁していた音がすっきりしたような・・
音が若干前に出てきた感・・
音の骨格が少し確りしたせいもあるかもしれませんね(^^♪
でもツマラナイ・・・
————————————–
ツマラナイ・・・のは
手持ちのデジタルアンプが悪すぎるのか?
いや・・そうでもない・・
デジタルアンプっていうやつはこういう音をしてるんだ・・
昔、川越にある何とか言う(名前は忘れた)
喫茶店が併設されているオーディオ屋さんなのかな??
方チャンネル200万だか400万だかのアンプを聞いたことが・・
当時、最新のデジタルアンプだそうな・・

アキュフェーズも顔負けのとても整ったプリント基板
シャーシもとても作りが良かった・・
見ているだけでも美しい内部配線・・
ボンネットをガラスにしたら・・言った記憶がある!!

スピーカーは何だったか・・
プリアンプは何だったか・・
プレーヤーは何だったか・・
記憶に無い・・
針はもちろんオルトフォン(笑)

周波数的にとても伸びてる感じだし・・
当時のハイエンドと違い・・癖が無い・・
SNも抜群に良い・・
オケなんかも細かいところまで再生している・・
でも何か足らない・・・

周りの人たちは(5~6人いた)(常連?・信者?)口々に・・
最高だね・・・
感動した・・
って・・言ってた・・

店主はどんどんレコードソースを掛けてくれた・・
でも何か足らない・・・

掛けてくれるほどにツマラナサガ増してきて退席した・・
なのでツマラナイ以外に全く音の印象が残っていない・・

併設された喫茶店のカレーライスが旨かった印象が深く残っている(笑)

————————————–
楽しくないんだよね・・・
わくわく感が無いんだよね・・・
美味しくないんだよね・・・
世の中、世間一般(オーディオマニア)の大半は・・こういう音だ・・

私のシステム(好み)がおかしいんだ(笑)
要求が変すぎるか・・

世間的にはビンテージと言われている機械だが、私には現役の機械・・
ビンテージでは無い・・
ビンテージ扱いもしていない・・
ビンテージ的な古い音を聴いているつもりも全く無い・・・
オール真空管だが決して丸い音は出ていない・・

音を聴く時の視点が世間一般(オーディオマニア)とは違って来ているのかもしれません・・

「エレクトリ師匠」から・・
お前はもうオーディオは終わった・・
言われた言葉が最近じわじわと理解できるような感じがする・・・

夏はエアコン買い換えるか(爆)

 

PIONEER E-1000A on ELAC Miracord 10H

07 5月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

昨日の一枚・・
「荒井由美」さんの「ミスリム」

MISSLIM/YUMI ARAI

ゴールデンウイーク最終日・・
「FX-AUDIO」の「TUBE-01J」(ラインバッファー)をいじるのも飽きたし・・
GE製の球に変えたけど・・ん・・
所詮ごまかしに過ぎない・・
後で投稿しますが・・ん・・

たまには昔の喫茶店風に「PIOINEER E-1000A」レシーバーで・・

PIONEER E-1000A


「PIOINEER E-1000A」レシーバー・・

昔はこんな風にレシーバーの上にレコードプレーヤーを乗せて・・・
こういう使い方の喫茶店が多かった・・

記憶は定かではありませんが「PIONEER PL-12」あたりのプレーヤーかなぁ・・
ネットより拝借

PIONEER PL-12

「PIOINEER E-1000A」レシーバー・・
昔、ドフで¥5,000で買ってきて中を掃除しただけなんですが・・丈夫ですね・・
もう何年使っているか・・
何処も壊れないし・・
ボリュームにガリもほとんど出ないです・・
シンプルな回路で確り作ってあります・・

今でも確りした音でそれほど不満も感じないし・・
今のデジタルアンプよりずっと音楽性のある音を出しますよ・・・
イコライザーもこのアンプの内臓のものを使っていますが・・
使い初めの頃は少しもっさりしていたんですが・・
最近ではその「もっさり」も取れて音の輪郭が確りして来ました・・
1970年代でこれだの音が出れば良いんじゃないかと思います(^^♪

スピーカーはニアフィールドで・・
NHK技研設計の日野オーディオ製・・

RESIVER-2S

Mini SP

おまけ
ELAC Miracord 10H&SHURE M44-7

ELAC Miracord 10H

 
PIONEER E-1000A on ELAC Miracord 10H はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, ELAC Miracord & Miraphon

 

FX-AUDIO TUBE-01J その後 その1

29 4月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

前回「FX-AUDIO」なる処から出ている「TUBE-01J」(ラインバッファー)なるものを購入!!

FX-AUDIO TUBE-01J


ほぼ一日前回の構成で音楽を聴いていましたが・・・

どうも乗らない・・
しっくりいかない・・

アルテックに比べればしょうがないんだけど・・・
いい加減耳直し・・
何時もの「Vintage Join」製「MINI AMP」と「Isophon」「Isonetta」に切り替えて音楽を聴く

Miniamp Isonetta


はぁ~~
全然違う・・・

一気に霧が晴れて・・音楽が手元に帰って来る(^^♪
やっぱりこれだよな~~

試しに「SHURE M64A EQUALIZER」と「MINI AMP」の間に「TUBE-01J」を入れてみる・・
明らかに音が濁って聞こえる・・
濁っているというか音が遠くなる・・
音が引っ込んで切れが悪い・・

ひとっきり聴いてまた「TUBE-01J」を外す・・

また何時もの音楽が帰って来る・・

前にも増して力強い音・・
とても太い・・
確りしたパーカッション・・
実に心地よい(^^♪
「MINI AMP」と「Isonetta」・・もちろん今までもとても良かったんだが??
あれ==もっと良く変わってる===

原因は・・・そういえば・・・

SHURE M3D


セッティングを再調整した「SHURE M3D」と繋いだのは初めてだ・・・

今までは
「SHURE M44-7」が「Isonetta」または「HECO」系のモノーラルシステム
「SHURE M3D」は「ALTEC SYSTEM」ステレオ系のシステム
専用に繋いでいました・・
今回初めて「Isonetta」または「HECO」系のモノーラルシステムに「SHURE M3D」を繋いだ・・

それにしてもこんなに激変するとは・・
音が弾む弾む・・
申し分ない音だ・・・

なんと嬉しい限り(^^♪

今年の夏はステレオをあきらめて
「SHURE M3D」「SHURE M64A EQUALIZER」「Vintage Join」製「MINI AMP」「Isophon Isonetta」
これで行こうか・・・

なかなかアルテックに叶うものが無いですね・・
昔・・「エレクトリ師匠」に・・お前はもうオーディオは終わっているよ・・・
って言われたことを思いだします!!
 
「TUBE-01J」はどうしようか・・
やはり中国規格の中華球「6J1」に原因があるのか?
抵抗を「アーレンブラッドレー」
カップリングコンデンサーを「コーネルダブラー」や「ウエスタン」
電解コンデンサーを「オーディオグレード」
全部替えると「TUBE-01J」3台位買えてしまう・・・

GEの「5654」を注文してあるのでこれが来てから考えようか・・・

ネットより抜粋・・

5654

この球で音が変われば改造しても価値があるか??

 
FX-AUDIO TUBE-01J その後 その1 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, モノラルオーディオの勧め

 

FX-AUDIO TUBE-01J

28 4月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

映像ネタも機械ネタも無いので・・・たまにはネタついでに・・・

と言う訳でも無いけど・・

夏に向けての暑さ対策!!

最近巷では「ラインバッファーアンプ」なるものが流行っているらしい・・

正確には増幅をしていないらしいので「ラインバッファー」が正解かな・・

「密林商会」をググると各社結構出ているみたい・・

物は試しで一番安い「FX-AUDIO」なる処から出ている「TUBE-01J」なるものを購入!!

FX-AUDIO TUBE-01J


下のアンプは3年前位に買ったデジタルアンプ・・
出力は「20W」位だと記憶している・・
やはり暑さ対策で買ったのだが・・
実につまらない音なので押し入れにお蔵入りしていた・・・
 

FX-AUDIO TUBE-01J


見ての通り「北京」と書いてある中華球・・・
日本向けのミリタリークラスの選別球らしい・・・
頭の「J」の印刷は日本向けの意味か???

しかし誰が思いついたんだろう・・
真空管の下からの光はLEDらしい・・
せっかくの真空管のフィラメントの光が台無し(・´з`・)

下のパワーアンプも・・
青色LEDが光っていて全くセンスゼロ・・

元々青色発光ダイオードは目に刺さる光なので嫌いである(・´з`・)

そのうち余計な部品は全部撤去・・

パイロットランプの青色発光ダイオードもオレンジ色LEDに交換(^^♪

組み合わせたのはレコードでの再生がメインなので「SHURE M64A EQUALIZER」

SHURE M64A EQUALIZER


 
お次は「ELAC MIRAPHON 18H」

ELAC MIRAPHON 18H


 
カートリッジは「SHURE M3D」

SHURE M3D


最初「SHURE M44-7」で掛けてみたが・・
若干レンジが広く感じられ、中音域の密度が薄く感じられた・・
「SHURE M3D」の方がナローレンジなので・・
 
「ALTEC AMP」の代わりなので・・スピーカーはうちのメインスピーカー

ALTEC SP SYSTEM


スピーカーシステムの構成は過去の投稿ををググってくださいね(^^♪

デジタルアンプで悩んでいるオーディオファイルには朗報なアンプかも知れない・・
デジタルアンプのつまらない音がこの「TUBE-01J」を通すと真空管による倍音が加わるのだろうか?
デジタルアンプが何とか使い物になる(^^♪
コンデンサー系を交換するとか・・
互換球もあるようなので、機会があったら差し替えてみようと思う・・

評価的には・・
音楽のエネルギー感はやはり少ない・・
低域の出方の質はもたつきが無くて良い・・
帯域のバランスは良いようだ・・
打楽器・・パーカッションのアタックは若干弱い・・
音像が若干引っ込む・・
奥行き感はやはり少ない・・
小ざっぱりした音である・・

まあこれからの暑さを考えると我慢できるレベルまでは上がったように思う・・

昔買ったデジタルアンプが無駄にならなかったのは朗報であるし・・

オールアルテックのアンプとの比較なので無理もないが・・だいぶ健闘していると思う(^^♪

しかし当たり前だがSNは良い・・
シーとかシャーとかジーになれている私的にはとても違和感がある・・慣れの問題か(笑)

オマケ映像

ELAC MIRAPHON 18H


手前に見えるのはマニュアルリフター・・
非常に便利です(^^♪

 
FX-AUDIO TUBE-01J はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, ELAC Miracord & Miraphon

 

ELAC 2台を使い分ける贅沢

18 2月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

3連休に続いて今夜も一人ジャズ喫茶状態(笑)・・

リスニングルームには
「ELAC Miracord 10H」・「ELAC Miraphon 18H」
2台のELACプレーヤーがあります・・・
たまたま縁があって共に西ドイツ本国仕様(220V 50Hz)
100V⇒220Vに変圧しております・・・

我が家のシステムは・・
「ALTEC」システム(STEREO)系・・

Vintage Join」システムを中心とした(Monaural)系・・・

2つのシステムをその時の気分で聴き分けております・・
どちらもメインのシステムです(^^♪
「ALTEC」システム(STEREO)系は気分によっては電源を入れない週末もあります・・

「Vintage Join」システム(Monaural)系は必ずほぼ毎週末聴いています・・
特にボーカル物は、はっきりとした声と押し出しが強く・・
なかなか聴き入ってしまいます(^^♪

話を元に戻して・・
「ALTEC」システム(STEREO)系には「ELAC Miraphon 18H」を使っています・・
「ELAC Miracord 10H」がALTECに合わないわけではありません・・
「ELAC Miracord 10H」でも十分に満足できるんです・・

より比較試聴した結果我が家のアルテックには「ELAC Miraphon 18H」をメインに・・・

我が家のアルテックに対し「ELAC Miracord 10H」は少し大人しい感じの出音・・
クラシック音楽メインであれば逆の選択であったと思います・・

私の場合・・ジャズ・・ポピュラー音楽がメインなので「ELAC Miraphon 18H」・・
「ELAC Miraphon 18H」は「ELAC Miracord 10H」よりも若干音が明るく、より「ジャージー」さが出る・・

私的には非常にレベルの高い選択だと思います・・
(カートリッジは共に「SHURE M44-7」で比較)

こちらは「ALTEC」システム(STEREO)系「ELAC Miraphon 18H」
カートリッジは過去ログにも投稿のように・・
より太くよりジャージーさが出るように・・
SHURE M3D」1950年代のカートリッジを使用中です(^^♪

ELAC Miraphon 18H


 
ステレオシステムには・・
当ブログではおなじみのアルテックミキサー
イコライジングもこのアンプで行っています・・

ALTEC 1567A MIXER AMPRIFIER


 
モノーラルシステムとして・・
Vitage Join」システム(Monaural)系「ELAC Miracord 10H」

ELAC Miracord 10H


 
カートリッジは「SHURE M44-7」現行品のカートリッジを使用中です(^^♪
西ドイツの「HECO」スピーカーは小口径のラジオスピーカーなので・・
若干ワイドレンジに仕立てています・・

SHURE M44-7


 
Vitage Join」さんの「MINI AMP
出力は「0.5W」ですが全く不足がありません・・
HECO」西ドイツ製のラジオスピーカー・・
13センチ位の小さなスピーカーですが・・
「MINI AMP」との相性が非常に良く・・
絶妙な箱の作りと相まってビックリする位・・低音から高音まで実にバランスよく鳴ってくれます・・
飽きの来ないデザインもとってもお気に入りです・・

Vintage Join MINI AMP&HECO SPERKER


 
イコライザーアンプは「SHURE」純正の「M64A」を使用し・・
出力側を「50KΩ」の抵抗でモノーラル合成しております・・・

SHURE M64A EQUALIZER


 

「ELAC Miracord 10H」
「ELAC Miraphon 18H」
共に「Vintage Join」さんからの購入ですが・・
電話などでの対応も確りしているし・・
保守部品や修理対応も安心していられるので大変満足しています(^^♪

特に目立ったトラブルもなく1960年代のプレーヤーにも関わらず、確り現役なのは驚きです・・

 
ELAC 2台を使い分ける贅沢 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, ELAC Miracord & Miraphon, モノラルオーディオの勧め

 

ALTEC で一人ジャズ喫茶(笑)

11 2月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

3連休のなか日・・
久々に「CASPER」を点灯・・
一人ジャズ喫茶状態(笑)

ALTEC 614D+811B


 
THE BILL PERKINS OCTET
ON STAGE

THE BILL PERKINS OCTET


 
テノールとアルトサックスの競演がなかなか心地よいアルバム・・
もちろんスイングしてるよ~~~
足が自然と動く(爆)

「ELAC Miraphon 18H」と「SHURE M3D」の骨太な音がよりステージのリアル感を増してくれます・・・

ELAC Miraphon 18H


 
このスピーカーシステムの構成になってから3年程経ちますね・・
今後もメインシステムは変わらないだろうなぁ・・・

ALTEC 614D+811B


 
「SHURE M3D」なかなか・・

SHURE M3D


 

ん・・ご機嫌だ・・一人ジャズ喫茶(^^♪

 
ALTEC で一人ジャズ喫茶(笑) はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, ELAC Miracord & Miraphon

 

SHURE M3D & ELAC Miraphon 18H

05 2月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ゼネラルエレクトリック社 製
フォノイコライザー・・・GE UPX-003Bはちょっとお休み・・

大昔にエレクトリ師匠から貰った「SHURE M3D」・・

一旦「YAMAHA GT-2000」で鳴らしたんですがあまり上手くいかずお蔵入り・・

呑み友F氏より「ELAC Miracord 10」用シェルを格安で手に入れたのを機会に再度チャレンジ(^^♪
早速・・装着・・

SHURE M3D


 
接続のコネクターを全て外し・・
シェルリード線をエタノールで洗浄・・
赤と緑と黄色の色線が浮き上がってきた・・
コネクターを再度半田上げ(KESTER ROJIN CORE SOLDER 44)・・

SHURE M3D


 
カートリッジの高さが低い・・
手持ちのリングワッシャーを5個組み合わせて高さを稼ぐ・・
もう少し高くしたいが・・

SHURE M3D


 

SHURE M3D


 
針も前のが若干曲がっていてたまに歪むため新品に交換・・
オクで¥3,800・・安い・・

SHURE M3D


 
こんな感じ・・
まだ鋭角っぽいがレコードも痛めていないようだし・・
音も歪まない・・
でも・・まだ低いかなぁ・・

SHURE M3D


 

SHURE M3D


 

SHURE M3D


 
久々にレコードを仕入れて・・

「ZOOT SIMS MEETS JIMMY ROWLES」
「”If I’m Lucky」
「Zoot Sims」のレコードは外れが無い(^^♪

SHURE M3D


 
こんな感じ・・・(フロントに何も飾りが無いのでなんだかわからない)(笑)

SHURE M3D


 
この「SHURE M3D」は・・
何時も使っている「SHURE M44-7」よりも1.5倍太い・・
腰が倍確りしている
それでもって・・
「ELAC Miraphon 18H」が・・さらに図太くカッチリした音を出す・・

いや~~これは楽しいぞ・・・・・(^^♪

 
SHURE M3D & ELAC Miraphon 18H はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, ELAC Miracord & Miraphon

 

GE UPX-003B フォノイコライザー ペア その3

29 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ゼネラルエレクトリック社 製
フォノイコライザー・・・GE UPX-003B

前回の続きです・・

片方を友達に貸し出したので・・
モノーラルシステムで組んでみました・・

GE UPX-003B EQUALIZER


 
プリメインアンプは「Vintage Join」製・・
今回は「Premium Miniamp」・・
スピーカーも・・何時もの「HECO」・・

カートリッジは「SHURE M44-7」・・
プレーヤーは「ELAC Miracord 10H」・・

GE UPX-003B EQUALIZER


 
「SHURE M44-7」の出力はステレオなので・・
ステレオ合成はタムラ「TN-347」100kΩ:50kΩ スプリット構成
何時もはイコライザーアンプとプリメインアンプの間に入れますが・・

今回はフォノ出力とイコライザーの間に入れます・・

GE UPX-003B EQUALIZER


 
カートリッジ側入力L・R各50KΩ・・
イコライザー側出力50KΩ並列接続で25KΩ・・
フォノイコライザー・・・GE UPX-003B側に入力抵抗が入っていないため・・
(青で囲んだ部分「*R1」抵抗が入っていない)

GE UPX-003B EQUALIZER


 
実質25KΩ受け・・
やはり高域過多・・
それでもアルテックよりバランスが良い(^^♪

「UPX-003B」のRIAAの推奨は「*R1」6.2KΩだが・・
出力側に手持ちの10KΩを2本パラって5KΩを並列に接続・・
入力抵抗は・・(25KΩ×5KΩ)÷(25KΩ+5KΩ)=4.17KΩ(四捨五入)
・・・計算・・合ってるよね(笑)
(※モノーラル合成後の出力コードが短すぎて使いにくいので途中から長いのに変えてある)

GE UPX-003B EQUALIZER


 
まだ少し高域過多だが・・手持ちがないので今日の所は「*R1」4.17kΩで・・

推奨は「*R1」6.2KΩだが・・
もっと低く「*R1」3.3KΩ位でちょうど良いかもしれない・・

アルテックより「Vinage Join」「Premium Miniamp」の方が相性が良さそう(^^♪
音の出方のバランスが良い・・

GE UPX-003B EQUALIZER


 
試しにガラス管の「6SC7」TUNG-SOL USA-NAVYが有ったのでこちらに変えてみた・・

GE UPX-003B EQUALIZER


 
もちろんメタル管ではないので多少ハムが乗る・・
こちらの方が気持ち音が太くなりマイルドに・・
ガラス管の方が聴き易い・・

GE UPX-003B EQUALIZER


 
やはりバリレアが欲しいなぁ・・・

でも・・まだまだ試すことが色々ありそう(^^♪

次回は・・
フォノイコライザー・・・GE UPX-003Bはちょっとお休み・・

SHURE M3D


 
へぇっ・・・

 
GE UPX-003B フォノイコライザー ペア その3 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, ELAC Miracord & Miraphon, モノラルオーディオの勧め

 

GE UPX-003B フォノイコライザー ペア その2

15 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ゼネラルエレクトリック社 製
フォノイコライザー・・・GE UPX-003B

前回の続きです・・

GE UPX-003B EQUALIZER


 
以下出品者の説明書き・・
——————————————————————-
GE UPX-003B フォノイコライザー ペアの出品です。GE UPX-003Bは、同社のバリレラカートリッジ向けに販売されていたフォノイコになりますが、その完成度から他カートリッジのファンからも支持のある製品になります。これ以上にシンプルな回路は無いと言う程シンプルな回路ですが、真空管の良さがダイレクトに感じられる素晴らしい出音になります。真空管のフォノイコを楽しみたい、サウンドを更にグレードアップしたい方にお奨めします。現行のフォノイコとは異なる、素晴らしい50年代のハイファイサウンドが堪能できる筈です。

こちらは、ペア販売となり、ステレオでの使用を念頭に選定した2台になります。マッチングに関しては申し分ないと思います。外観、パーツ共に美品と言えるオリジナルコンディションを保っており、現状で問題無く鳴る事を確認しています。内蔵スイッチにてGEバリレラ向け抵抗(6K)とバイパスが切り替える事ができます。ご指定の抵抗に変えてお渡しする事も対応しますので、その際はご用命下さい。ヴィンテージ品をご理解頂ける方の入札をお願い致します。マニュアルのコピーが付属します。
——————————————————————-
だそうな・・・

とりあえず繋げてみた・・

「ALTEC 1567A」「AUX」入力相当の5チャンネル・・

相性が悪いのか・・
原因不明のガサガサノイズ・・(´;ω;`)ウゥゥ

また終段のドライバー管の接触不良か??
「ALTEC」「1567A」もフルオーバーホールを掛けてからブランクもあり10年経ってるからなぁ・・
他のチャンネルは問題なし・・
しかも「5CH」は増幅段を通っていない・・
この間CDプレーヤーを繋いだ時は全く問題なしだった・・

よくある現象で・・最初拒絶反応を起こす・・(ちゃんと修理してないからか・・爆)

その日は・・放置(笑)

次の日・・午前中は用事があり留守だったので夕方からまた電源投入・・

最初はまた色々ノイズ・・(爆)

別の用事があったので・・2時間ほど放置・・

何時もの事だが・・約2時間後・・あれっ・・ノイズは何処へやら・・
何時も不思議なんですこのミキサー・・馴染むんです(笑)

「811B」ホーンから(シュワー)・・・と言う心地良いノイズが・・

一般的なオーディオマニア諸氏ならこの時点でアウト~~~
私の場合このノイズが出ないとアウトーーー

タダの変態マニア・・少なくとも私を入れて3人いる(爆)

「GE UPX-003B」の真空管は「6SC7」・・・
確かこの後の「GE UPX-003C」は「12AX7」・・・
「6SC7」はGT管・・「12AX7」はMT管・・
「12AX7」と同じような仕様ならノイズはそれなりに出る・・
後で規格を調べてみよう・・・

ALTEC 802-8D DRIVER + 811B HORN


 
あれっ・・ガサガサ・・ブツブツ・・収まってる(笑)(〃艸〃)ムフッ
何処をぶっ叩いても大丈夫みたい(爆)(^^♪
早速何か掛けてみる

GE UPX-003B EQUALIZER


 
THE ART FAMER QUARTET
FEATURING JIM HALL
INTERACTION

GE UPX-003B EQUALIZER


 
広域のレベルが妙に大きい

GE UPX-003B EQUALIZER


 
アルテックのイコライザーの音から比較して・・
妙にリアルだ・・いやーリアル・・
一皮むけたみたい・・と言うかカメラのピントがぴたりと合った?
アルテック独特の含みのある音から・・
やたら明るい音・・・
少し軽い音かなぁ・・・
太さは変わらない・・いや・・若干細いか・・
音がはっきりした分奥行き感や陰影感が減少・・
急にハイエンドに(笑)・・んな訳無いか・・(爆爆)

またアルテックのイコライザーに戻す・・
やはり安定感はこちらのほうがある・・・

アルテックのイコライザーと違って録音や年代によって・・
ちゃんと掛かるレコードとそうでないのがあるようだ・・・

アルテックのように適度になまらした方が何でも掛かる(笑)

写真のように高域を絞って・・
少しバランスを取ってみる・・
録音によってはもっと絞っても良い・・
アルテックのトーンコントロールはどちらかと言うとフォノのカーブの補正用に近い・・
こういう時、役に立つ・・・

ALTEC 1567A MIXER


 
それにしても元気のいい音だ・・・
このイコライザーはモノーラルの「バリレア」仕様・・・

カーブの再調整は必要・・・

一度カーブの測定が必要!!!

面倒くせ~~~

「バリレア」買ってモノーラルで聴いた方が正解かも・・・

それにしても面白い音だ・・・
出過ぎなのだがとても綺麗で生々しい・・・
もう寝る時間なんだけど・・妙に音が良くなってきた・・・

このまんま聴こうか・・((´∀`))ケラケラ

次回再調整???・・・

乞うご期待・・と言いたいところだが・・

期待しないで待っててください・・

気が向けばすぐやります(笑)

そういえば「YAMAHA」「GT-2000」とうとう壊れた・・

まあ・・30年以上よく持ったなぁ・・・

これも修理か・・

めんどくせ~~~

まだヤマハさん修理してくれるかなぁーーー

 
GE UPX-003B フォノイコライザー ペア その2 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

GE UPX-003B フォノイコライザー ペア その1

08 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また訳の解らないものを入手してしまった・・(爆)

GE UPX-003B EQUALIZER


 
ゼネラルエレクトリック社 製
フォノイコライザー・・・GE UPX-003B

以下説明書きです・・
——————————————————————-
GE UPX-003B フォノイコライザー ペアの出品です。GE UPX-003Bは、同社のバリレラカートリッジ向けに販売されていたフォノイコになりますが、その完成度から他カートリッジのファンからも支持のある製品になります。これ以上にシンプルな回路は無いと言う程シンプルな回路ですが、真空管の良さがダイレクトに感じられる素晴らしい出音になります。真空管のフォノイコを楽しみたい、サウンドを更にグレードアップしたい方にお奨めします。現行のフォノイコとは異なる、素晴らしい50年代のハイファイサウンドが堪能できる筈です。

こちらは、ペア販売となり、ステレオでの使用を念頭に選定した2台になります。マッチングに関しては申し分ないと思います。外観、パーツ共に美品と言えるオリジナルコンディションを保っており、現状で問題無く鳴る事を確認しています。内蔵スイッチにてGEバリレラ向け抵抗(6K)とバイパスが切り替える事ができます。ご指定の抵抗に変えてお渡しする事も対応しますので、その際はご用命下さい。ヴィンテージ品をご理解頂ける方の入札をお願い致します。マニュアルのコピーが付属します。
——————————————————————-
だそうな・・・

GE UPX-003B EQUALIZER


 
まあ・・あまり安いとは言えないが・・
妥当な価格かなぁ・・
即決・・と言うのが気に入りました(^^♪

ステレオでの使用を前提にある程度選別して揃えてくれているみたい・・

バリレアカートリッジも持っていないのに・・(笑)

GE UPX-003B EQUALIZER


 
「ALTEC 1567A」のイコライザーと聴き比べでもしましょうか・・・
少しの間・・遊べそうです・・
Western Eleciric「E.R.P.I-71D」パワーアンプ 専用のイコライザーに出来そう(^^♪

手持ちの機械と組み合わせて・・

GE「UPX-003B」 EQUALIZER AMP–
ALTEC「1566A」PRI AMP–
Western Eleciric「E.R.P.I-71D」POWER AMP–
Western Eleciric「755A」SPEAKER

の・・ラインナップでも作ろうか(^^♪

 

ALTECは低音が出ない・・VIEW ランキング3位

03 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

暇なので・・
2017年のブログVIEWランキングを見てみました・・
ローカルなブログなので元々アクセス数は少ないです・・

1位の8インチの403ユニットに関してはやはり安価だし・・
アルテックの入門用としては一番適切なユニットだし・・
音楽を聴く上でとてもワクワクする表現ができるスピーカーだと思いますね(^^♪
何もこの上のクラスじゃなくても403であれば長く付き合っても決して飽きないユニットだと思います・・

2位はなぜこれが?・・・不明

3位の「ALTEC」は低音が出ない?
4位のメインシステムのスピーカー・・と僅差ですが

VIEW RANKING


 
アルテックユーザーの低音で悩んでいる方は多いようですね・・
この3位のページでは・・「当たり前だ」論を書いていますが・・そうはいってもねぇ!!

低音で悩んでいる人はやはり15インチクラスを導入されている上級ユーザーが多いようです・・

どうしてもJBLとかに比べると見劣りしますよね・・
JBLのようにスカッと重低音が出れば申し分ないんでしょうが・・
アルテックはどうしても「スカッと」じゃなくて「スカスカ」か「もさっと」か・・

それでもJBLとはまた違った魅力のある音を出すから??

アルテックのを導入した理由は?
映画館の音・・
昔聞いたジャズ喫茶の音・・
ボイスオブシアターに憧れがある・・
世界最大の業務用音響メーカーの音・・

みなさんそれぞれ思い入れがあるでしょう・・

ここからは経験値です・・ご参考程度にお願いします(^^♪

それではアルテックを上手く鳴らすにはどうしたらいいでしょう・・
大枚はたいて大きなA7やA5を買ってその金額に似合うバランスのアンプと言えばやはり・・
マッキントッシュ
アキュフェーズ
または今今のハイエンド大出力トランジスターアンプ・・
これらは値段が高い分・・個性的で主張が強いため
同じく主張の強いアルテックとは喧嘩を始めるので上手く鳴らすのはとても難しい・・

爆音派は別ですよ・・ただしスピーカーを壊しますし
そうしょっちゅう爆音で鳴らすわけにもいきませんね・・(普通は)

でも無理はないですよね・・
5万や6万クラスの安いアンプで鳴るはずがないって・・
だから組み合わせたことがないはずです・・

いえいえちゃんと鳴るんですよ・・
私の様な貧乏人は高いアンプが買えませんから・・
どちらかと言うとその方がバランスよく鳴る場合が多い・・

許容力から言ってもどうでしょう・・
年代にもよりますが・・515や416や604なんかでもせいぜい40Wが良い所です・・
しかも能率から言ったら1Wで100db出ますから・・

私の所は12インチですが耐入力は同じく40W・・
Vintage Joinさんの「Premium Mini amp」このアンプは1Wしか出ませんが・・
うちのアルテックをちゃんと鳴らしてくれます・・

それでも最高級なものをお望みであれば「300B」PPのアンプなんかどうでしょう・・
10~20Wあれば十分です・・
ただし組成の良い回路を使った良質なアンプに限ります・・

これなら文句なし・・ただし天井値・・
ネットより抜粋・・

WESTERN ELECTRIC 1086


 
または「6L6」や「EL34」などのポピュラーな球を使ったPPアンプ・・
私がサブで使っている「1568A」パワーアンプは「EL34」PPで40Wです
「342B」プリメインアンプは「7027A」PPで30W・・「6L6」の高信頼管です

例えばダイナコのパワーアンプ(KT-88 PP)なんか意外と何でも鳴らしてくれます・・

ネットより抜粋・・

DYNACO MK-3


 
また好き勝手書いてしまいましたm(__)m

あくまでも自己責任でお願いします・・

低音は量ではなくて質です(^^♪

アンプとの組み合わせは未知数です・・ご健闘を祈ります!!

 

硬派Jazz喫茶・・に行って無いなぁ~~

01 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

最近硬派ジャズ(&バー)喫茶にいってないなぁ・・

ジャズが流れている喫茶店や呑み屋・・レストランへは、たまに行きますが・・
————————————
下北沢の「マサコ」は良かった・・
「JBL」のスピーカーで会話を邪魔しない程度の程よい音量で・・
普通に鳴らしてくれていた・・
学生時代は一番通ったジャズが流れている喫茶店・・(えーあれジャズ喫茶って言うの・・)
確かにJazzの文字が有ったように思う・・
ながら聴きが心地よかった・・
椅子に寝ている猫を膝の上に移して・・あんこの乗ったトーストも美味しかった・・
————————————
そうそう・・硬派オーディオ喫茶も・・

20代の頃はよく行ったけど・・

もちろんジャズ談義など出来る訳ないし・・する気もない・・
ジャズを語れる知識もない・・
基本的にジャズは気持ちよく聴ければ何でもいい・・

千九百なんねんのアメリカの何州の何とかホールで誰と誰のセッションが最高だった・・なんて・・
全くわからない・・

そういう会話も面白いんだろうけど・・それを語っている人・・
その頃生まれていない(笑)・・

さも現場で聴いてきたように語っている・・面白いなぁ・・・

スイングジャーナルの何号の記事は良いとか・・
全くわからない・・

MJになる前の無線と実験の何号の記事は良かった・・なら少しは解る・・

オーディオ談義は面白いけどね・・
年代的に合う人が多いからね(^^♪

正直・・ジャズ喫茶(正確には硬派の・・かな・・)言う所で・・
いい音(正確には美味しい音)が鳴っていた試しがない・・

全部行ったわけじゃないから・・断言は出来ないかもしれないけどね・・
(最近は行って無いから・・いい音のお店もあるかもしれないけど・・)

1.爆音でなんだかわからない音で鳴っているか・・
2.低音過多でボワンボワン言っているか・・
3.キンキンシャンシャン高域が煩いか・・
4.やたら歪みっぽいか・・
5.スピーカーの中の中の方でボソボソ言って鳴っているか・・

一番多いのは1.2.のパターン・・

お店的に誇張して鳴らすのは、しょうがないんだろうけど・・

もう少しバランスよく鳴らしてほしいもんだ・・

聴く側も責任があるんだろうと思う・・

ボワンボワン低音を誇張しないと、やれあそこの店は低音が出ていないなんて陰口叩かれる・・

「ALTEC」は低音が出ない・・・なんてよく話題になるけど・・
(あれはダンピングファクターのやたら大きな・・
トランジスターの大出力アンプなんかで鳴らすから低音が出ない!!)
(そもそも鳴らし方を間違えてる!!)
(1Wで100db出るんだから・・)

「ALTEC」でやたら低音が出ている店を聴いたことがあるけどそれこそ煩くて聴けたもんじゃない・・

前にも言ったけど・・20人や30人収容の小さな空間でそんな音出したら煩くて・・
しかも・・なんか低域ばかり増強してあって・・

でも・・有名店だったから、みんな真剣に聴いているんだよね・・
大いなる勘違い(笑)
そんなに大きな音で聴かなくてもジャズには浸れると思うんだけど・・・

「ALTEC」は図体が大きいからかぁ・・やたら低音の要求が多い・・

私は「ALTEC」はそんなに大きな音を出さなくてもバランスよく音が出ていると思うんだけど・・

そんな人がうちのシステムを聴きに来たら低音が出ていないだのレンジが狭いだの・・
(糞味噌)だろうなぁ・・(爆)

糞味噌な音のミキサー・・(笑)
このミキサー・・いい音・・としては「落第」だろうなぁ~~

ALTEC 1567A MIXER


 
家庭用としてはこの位が限界かも・・
これでも大きい・・

ALTEC 614D MONITER SPEAKER


 
やたらトランスの唸りが大きいパワーアンプ・・
映画館のスクリーンの後ろに置いてあった・・

ALTEC 1570A POWER AMP


 
プレート電圧930Vは家庭用には不向き・・

ALTEC 1570A POWER AMP


 
家庭用としてはこちらの方が扱いやすいかも・・
出力40Wだからね・・

ALTEC 1568A POWER AMP


 
部屋でコーヒー・・
ジャズ喫茶に行かなくても・・

メリタ コーヒーメーカー


 
マイルスの古いの・・

ERAC MIRAPHON 18H


 

ジャズ喫茶(硬派ではない)で・・たまには雰囲気でコーヒーを飲むのも良いのかな・・

何でも下北沢に「ハヤシ」とか言う喫茶店が出来ているらしい・・
「マサコ」のアルバイト店員さんが開いたとか・・
そのうち行ってみたい・・あんこの乗ったトーストも食べられるらしい・・

年明けから過激な失言・・お許し有れ・・ドウドウ・・

 
硬派Jazz喫茶・・に行って無いなぁ~~ はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

ALTEC への煩悩はきりがない

03 12月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

特にネタもないし・・ツー・・

昔の写真シリーズ(笑)・・

前回の投稿のコピー・・

Facebookやblogに頻繁に投稿されているオーディオ諸氏はなんであんなにシステムをとっかえひっかえ・・

世の中お金持ちは沢山いるんですね(^^♪・・うらやましい!!

ということで・・相変わらずの・・

代り映えのない写真で・・

大金持ちでもないので、そう簡単にシステムの入れ替えはできません・・

そう簡単に入れ替えができないので・・一つのシステムをじっくり使いこなすタイプ(^^♪

貧乏人の負け惜しみ(笑)

えい・・ちきしょう・・

俺だってこんな位持ってるわい・・

大昔に揃えたけど・・今では無理・・
これだけでも揃えておいてよかった(笑)

オールアルテック・・プロフェッショナルシリーズ・・(一部)(爆)

ALTEC AMPRIFIER’S


 
ついでだい・・ちきしょう・・これでどうだ・・
「250SU」MIXING CONSOLE

ALTEC 250SU MIXING CONSOLE


 
これも欲しい・・
「ALTEC 1570B」
ネットより拝借

ALTEC 1570B POWER AMPRIFIER


 
あれも欲しい・・
ALTEC 1570B「165W」よりもさらに高出力・・
出力「260W」のモンスター
ネットより拝借

ALTEC 260A POWER AMPRIFIER


 
私的にこんなに欲しい物の多いメーカーがあっただろうか・・

スピーカーも欲しいけど・・
大きすぎて・・館を立てなければ無理・・

アルテックへの煩悩はきりがない(爆)

 
ALTEC への煩悩はきりがない はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

ALTEC 代り映えのない写真で・・

28 11月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

11月はバタバタして精神的に余裕がなくて・・

特にネタもないし・・

1か月以上投稿しなくても広告は出ない(^^♪・・オリジナルサーバーの強み・・(笑)

Facebookやblogに頻繁に投稿されているオーディオ諸氏はなんであんなにシステムをとっかえひっかえ・・

世の中お金持ちは沢山いるんですね(^^♪・・うらやましい!!

ということで・・相変わらずの・・

代り映えのない写真で・・

大金持ちでもないので、そう簡単にシステムの入れ替えはできません・・

そう簡単に入れ替えができないので・・一つのシステムをじっくり使いこなすタイプ(^^♪

貧乏人の負け惜しみ(笑)

好きなカット・・

ALTEC HORN


 
いつものミキサーで・・

ALTEC MIXER


 
いつものパワーで・・

ALTEC POWER


 
ユービーソーナイストゥ・カムホームトゥ・・・

ELAC MIRAPHON-18H


 
てかぁ~~~

 
ALTEC 代り映えのない写真で・・ はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

MIRACORD 10H & PIONEER 「E-1000A」&NHK技研

07 10月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

最近やっと秋めいてきて涼しくなりました・・
ここのところ精神的に参っていてメインを聴く気にならない・・
やっとブログも少しは書く気になってきた・・

つい数年前も5年ほどオーディオを休止していたころがありました・・
休止していたとは言えメインのシステムのメンテナンスでたまには音を出していましたが・・

今はその頃と同じ状態がここ数週間続いています・・

そういえば「ELAC MIRACORD 10H」と繋げたことがないなぁ・・

いつもFM音源のみで使っているパイオニアの古いレシーバーなんだけど・・
初めて「ELAC MIRACORD 10H」と繋いで聴いてみた!

このレシーバーに「YAMAHA GT-2000」を繋ぐのはもったいなくて・・
繋いでみたことがあるがぼけた音・・

「ELAC MIRACORD 10H」を繋いでみた・・
あら・・ちゃんと鳴るジャン・・
しかもぼけてない・・
しかもボーカルがいい・・
ノリも良い・・

「1970年頃」のレシーバーは丈夫です
繋ぐとちゃんと音がでる(^^♪
15年位前にハードオフで数千円で買った・・
昔の家具調3点セット→プレーヤー付きレシーバー→プレーヤーとレシーバーは別体になった時のもの!
ベルトドライブのプレーヤーと専用のスピーカーとセットだった。

35年位前
「音にこだわらないごく普通の喫茶店」でよくこんなレシーバーと薄型のスピーカーから音が出ていた!!
FMか有線放送かカセットデッキと繋いで・・たまにレコードを掛けてくれるところもありましたね・・
私がまだ大学生で中野にいた頃・・西武新宿線「新井薬師前~沼袋」界隈・・
音にこだわらないごく普通の喫茶店は未亡人っぽい怪しい綺麗なお姉さんがやっている店が多かった(^^♪

今の写真

Pioneer Receiver


 
昔の写真
RESIVER-1S

Pioneer Receiver


 
今はここにCDプレーヤーが入っています。

スピーカーはこれ・・
秋葉原の「日野オーディオ」さんでおじいちゃん社長に勧められて買った・・
元NHK技研の方が設計したそうな・・2ウェイ密閉型スピーカー・・
今でも気に入っていて・・可もなく不可もなく・・とても聴きやすいシステムです(^^♪

HINO AUDIO NHK GIKEN-SP


オーディオ的でなく音楽を聴く感じ・・上も少し足りないが下も少し足りない・・
ビンテージ系よりはワイドレンジ・・
秋の夜長はこのスピーカーも聴きやすい(^^♪

doris day and harry james
「young Man With A Horn」

doris day and harry james


 
marian montgomery
「LOVIN’IS LIVIN’aND LIVIN’IS LOVIN’」

marian montgomery


 
JULIE LONDON
「LONELY GIRL」

JULIE LONDON

メインを聴きだすのは・・
木枯らしが吹いて・・
ストーブに火が入る頃かなぁ~~(^^♪

 
MIRACORD 10H & PIONEER 「E-1000A」&NHK技研 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, ELAC Miracord & Miraphon

 

ALTEC 408A 8inch BIFLEX FULL RANGE SPEAKER

10 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

今日は秋晴れ?・・まだまだ暑い!!
久々にちょっと珍しい・・古いスピーカーでも・・

ALTEC 408A BIFLEX・・

ALTEC 408A BIFLEX


 
「CD 408-8A」ではないですよ・・

おそらく「ALTEC」で一番小さいバイフレックス スピーカー
あまりお目にかからない物です・・

ALTEC 408A BIFLEX


 
アルテック年表より年代順

ALTEC 415A BIFLEX:15インチ  1954
ALTEC 412A BIFLEX:12インチ  1954
ALTEC 408A BIFLEX: 8インチ  1954
ALTEC 412B BIFLEX:12インチ  1957
ALTEC 415C BIFLEX:15インチ  1963
ALTEC 412C BIFLEX:12インチ  1963
ALTEC 420A BIFLEX:15インチ  1968
ALTEC 419A BIFLEX:12インチ  1968
ALTEC 420-8A BIFLEX:15インチ 1970
ALTEC 420-8B BIFLEX:15インチ 1970
ALTEC 419-8B BIFLEX:12インチ 1970

私の知る限りでは
年代的にこの順だと思います(^^♪
8インチの「BIFLEX」はこの「408A」以外に見当たりません・・

だいぶ昔に手に入れた物なので程度は良いですよ・・
ビスコロイドの状態も良く・・
コーン紙の焼けや汚れキズも全くありません・・
何処で使っていたんでしょう?(^^♪

ALTEC 408A BIFLEX


 
「ALTEC」は奥が深いので・・
まだ知らないユニットがあるかもしれません・・

もしかすると途中「755C」1963 に取って代わられたのかもしれませんね(^^♪

ニアフィールド・・1本モノーラルで

ALTEC 408A BIFLEX


 
年代的にはここらへんかな「ベニーグッドマン」

ALTEC 408A BIFLEX


 
フレームの塗装もほとんど痛みはありません・・
まだ良く艶が残っています・・

ALTEC 408A BIFLEX


 
音は・・
「ALTEC 755C」パンケーキと
「ALTEC 403A」の中間位かな・・
どちらかというと「ALTEC 403A」寄りの音かもしれません・・

ちょうど位置づけ的に中途半端なのであまり生産台数は多くないのではないかと思います(^^♪

 

TASCAM CD-450

02 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

今日は涼しいので・・
CDなんぞを聴こうかな・・
TEACの業務用版 TASCAMブランドのCDプレーヤー・・

Donald Fagen 「The Nightfly」

Donald Fagen


I.G.y
GREEN FLOWER STREET
RUBY BABY
MAXINE
NEW FRONTIER
THE NIGHTFLY
THE GOOBYE LOOK
WALK BETWEEN RAINDROPS

このCDもう30年前のCDなのにいまだに話題になってる・・
 

今田 勝 「リバージュ」

Masaru Imada


MELODIOUS SUMMER
WIND&WAVE
DRIVING THE CABRIOLET
SHIPS IN HARBOR
A DOOR OF GLASS
VINOUS PARTY
SAINT TROPES
STRANGE CONVERSATION
ON GREEN DOLPHIN STREET
今の時期に聴くのにぴったり・・
 

ジョゼフ・レスリー・サンプル
超有名ですね・・
フュージョン系・・
JOE SAMPLE 「RAINBOW SEEKER」

Joe Sample


RAINBOW SEEKER
IN ALL MY WILDEST DREAMS
THERE ARE MANY STOPS ALONG THE WAY
MELODIES OF LOVE
FLY WIHT WINGES OF LOVE
AS LONG AS IT LASTS
ISLANDS IN THE RAIN
TOGETHER WE’LL FIND A WAY
 

ジャズピアノのビルエバンスじゃないですよ・・
同姓同名だけど別人・・
サウンドもジャズじゃなくてフュージョン系・・
BILL EVANS 「PUSH」

Bill Evans


PUSH
ROAD TO RVIN
IF ONLY IN YOUR DREAMS
LONDON HOUSE
NIGHT WING
STAND UP AND DO SOMETHING
THE HOBO
YOU GOTTA BELIEVE
LIFE IS DANGEROUS
U R WHAT U HEAR
A SIMPLE LIFE MATTER OF TIME
 

TASCAM (TEAC) 「CD-450」

TEAC CD-450


かれこれ10年以上倉庫で寝ていたでしょうか・・
ほとんどデッドストック品・・
なのでとても新しいですよ(笑)
「MARANZ CD-34」が壊れてからCDは我が家にはありませんでしたから・・
かれこれ10数年ぶりのCDプレーヤー・・
なので、今日聴いたCDは10数年ぶり(笑)
 

今日は涼しいので久々に
お化けの「CASPER」1995年 点灯・・
こういうのが好きなもんで(爆)
「Casper McFadden」 This is the United States of character

CASPER


Casper the Friendly Ghost 1995
 

「ALTEC LANSING」 This is the United States of companies
「614D ENCLOSURE IN 419-8B BIFLEX FULLRANGE SPERKER ON 811B HORN & 802-8D DRIVER」

ALTEC 12inch SP SYSTEM


我が家のメインスピーカー・・
まだ暑いのでアンプはALTEC 1568Aでドライブ中(^^♪
 

 
TASCAM CD-450 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

憧れのスピーカーシステムはJBLだった(笑)

28 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

さかのぼること42年前・・細かい(笑)
まだ中学生の頃・・
JBLが大好きでした・・(持っていなかったけど)

1975年頃の秋葉原はそこいらじゅうで「JBL」がガンガン鳴っていました・・

ステレオで揃えるとうん百万もするようなシステムが・・
無造作に置かれてガンガン鳴っていました・・

もちろんオーディオ店の試聴室なんかにはパラゴンも置いてある・・
しかも中学生の私がこれ鳴らして・・って言うとその何百万もするものを快く鳴らしてくれた!!

今では考えられない光景が目前に有った・・

D-44000 PARAGON
低域用:38cmコーン型(LE15A)×2
中域用:ホーン型(375+H5038P)×2
高域用:ホーン型(075)×2
ネットワーク:LX5、N7000(各2)
ネットより抜粋

JBL D44000 PARAGON


 
中学生の私には当時このスピーカの良さは解らなかった・・たぶん!!
これから音が出るのが不思議だった(笑)

やはり素晴らしかったのはコレ・・
JBL4343BWX
低域用:38cmコーン型(2231A)
中低域用:25cmコーン型(2121)
中高域用:ホーン型(2308+2307+2420)
超高域用:ホーン型(2405)
ネットより抜粋

JBL 4343BWX


 
正直・・初めて聴いたとき今でも覚えていますがすごい衝撃でした・・
目の覚めるような青いバッフル板に確りとしたエンクロージャー・・
ビジュアル的にもすごくインパクトがありました・・
38センチのウーファーがボコボコピストン運動をしながら爆音で鳴っている・・
爆音で鳴っているのに全く音が崩れていない・・

もう一つ
JBL4333A
低域用:38cmコーン型(2231A)
中域用:ホーン型(2308+2312+2420)
高域用:ホーン型(2405)
4343よりはコンパクトでしたが、その分4343よりも更にモニター的なハイスピードな音・・
ネットより抜粋

JBL 4333A


 
当時は今の様なモダン・・ハードバップ・・
デキシーランドジャズよりも・・
フュージョン系やクロスオーバー系ってジャンルを聴いていました・・
ボブジェームス
ハーブアルバート
ベンシドラン

チックコリアなんかも好んで聴いていましたね・・
なのでJBLは打って付け・・

「JBL43・・」ほんとインパクトのある音を出していました・・
全てが生々しくて煌びやかで・・
目の前で生演奏を聴いているような・・
迫力も十二分・・

お次はコレ・・
JBLのバックロードホーン
JBL4520BK
モニターシリーズとはまた異色でこれも迫力ありました・・
こんな大きいの普通はホールやライブ会場位しかお目に掛かれませんよね・・
当時はこんなのがオーディオ店の軒先に有ったんです・・
ネットより抜粋

JBL 4520BK


 
ALTECと同じくJBL業務用PAシステム
ネットより抜粋

JBL ENCLOSURE


 
独特のホーンレンズを持ったホーンたち
ネットより抜粋

JBL MID/HIGH FREQUENCY HORN


 
こんなのを組み合わせて部屋に入れて爆音で聴くのが夢でした・・(当時自分の部屋が無かった(爆))

もう一つ・・
より現実的なスピーカーシステムとして
JBL4311
初代コントロールモニター
これは本当に欲しかった・・
より現実的に手に入れたかったですね!!
真っ白なコーン紙・・憧れでした!!
ただこれとて当時の私には高嶺の花・・
1台¥198,000でしたからね・・
バイトもしていない中学生には無理無理(笑)
低域用:30cmコーン型(2212)
中域用:13cmコーン型(LE5-2)
高域用:3.6cmコーン型(LE25)
ネットより抜粋

JBL 4311


 
これもいい音していました・・
大型のモニターシステムとはまた違った音で・・とても聴き易く・・なのに明瞭で良かったですね!!
私がよく言っている「美味しい音」・・
今でもブックシェルフタイプでは「最高のスピーカーシステム」だと思います(^^♪

結局のところ
高校3年位からバイトをはじめて大学生の頃は
長岡鉄男先生の元でバックロード「ダイナロード9」を作成
就職してからは「エレクトリ師匠」と出会いアルテックシステムを導入
現在に至る今の今までJBLには今まで一度も縁がありませんでした・・

アルテックのスピーカーと同じく・・(アルテックは殆ど布か紙エッジなので交換不要!)
JBLのスピーカーもエッジを交換すれば確りとした新しい頃の音が再生できますからね・・

一生に一度JBL4343を手に入れてレストアして自宅で鳴らしてみたいです(^^♪

 

ortofon – 2M-RED Play Jean Sibelius

27 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

やっぱり「oltofon」はクラシック音楽なんですねぇ・・
特にオケは・・
何を今さら当たり前でしょう・・って諸先輩方に怒られそう(笑)

解ってはいたんですが、お気に入りの「Sibelius」が見つからなくて・・
ortofon – 2M RED

ORTOFON 2M RED


 
ぐぅっとホールの奥行きが増します・・
同時に縦横方向の音場の広がり感も・・
包み込むようなオーケストラの編成の広がり感・・
絡み合う楽器の和音が繊細で心地良いですね!!

ダイナミックレンジの広さと言い・・
どれをとっても本来の「oltofon」トーン・・
久々にオケを楽しく聴きましたねぇ!!

Jean Sibelius


 
カートリッジに・・
ジャズやポピュラーばかり掛けて・・
やぁ~っとクラシックを掛けたか・・
って・・
言われているような・・

餅屋は餅屋ですねぇ(^^♪
———————————–
追加で

「Lorin Maazel」指揮 チャイコフスキー Symphony No.4 in F Minor,Op.36

Tchaikovsky


 
Side:1 の最初の部分も・・
Side:2の最後のフィナーレの部分も・・
難なくこなせましたね(^^♪
———————————–
また追加

弦楽器・・特にバイオリンの響きがなんとも癒しです・・
ここいらへんはオルトフォンのなんとも艶のある響きの良い音・・
分解能が良く確りした音を出します(^^♪

DAS SALON-ORCHESTER COLLN SPIELT CAFEHAUS-MUSIK

Das Salon Musik


 
ジャケットの女性がコーヒーを飲んでいる絵が気に入っています・・
カップに刻んである「MARCO-POLO」なんて文字が洒落てます(^^♪

1982 HARMONIA MUNNDI(FRANCE)
小編成の楽団のようですが・・
ライナーノートがドイツ語です?
カフェサロンミュージックと書いてあります

Das Salon Musik


 
真ん中のパーカッション担当の「立派なひげのおじさん」が良いですね(^^♪

 
ortofon – 2M-RED Play Jean Sibelius はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

Ortofon – 2M RED SH4R 装着してみた(^^♪

19 7月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

オルトフォン「2MREDSH4R」

来たので装着してみた!!

2Mシリーズの一番安い針RED シェルSH-4R
Ortofonで一番安い針・・の方が解りやすい(笑)

ORTOFON 2MREDSH4R


 
「2M RED」の上「2M BLUE」は¥28,000する・・
何時も使っているカートリッジ「SHURE M44-7」は¥8,000台・・
普通に買えば¥13,000の「2M RED」も・・シェル付きで¥9,800でなければ買わなかった(笑)

安売りでたまには良いかと衝動買い・・
¥9,800なら外れてもそんなに痛くはないか・・音は出るので(笑)

前提条件を・・
うちのアルテックシステムとの相性なので一般的ではありません!!
うちのアルテックシステムが特殊なので・・
「SHURE M44-7」しか使わない前提で膨大な時間をかけてシステムをチューニングしています!

そこにオルトフォンを持ってきて、ただ繋げただけなので、合わないからと言って・・
このカートリッジが良くないという評価にはなりませんから!!

最初の印象は・・いや~~綺麗な音!!
というか、さすがオルトフォン・・気品のある出音です!!

ピアノやギターはいい感じでなりますね~~
トランペットやブラスアンサンブルは・・ハスキーな鳴り方・・
パーカッション系のアタックが弱いかな~~

やはりハイエンド系の優等生的な鳴り方!!
レンジが広く低域の重心が下がった感じ・・(オケには良いかもしれません)
あっさりした綺麗な音(今風の音)・・
いや・・最近聴いてないが「SPU」とかに似ているかなぁ??
いや・・もっと太い音が出ていたような気がする・・
システムが違うので、比較にはならないですね!!
こういう音の方が今でも人気があるんでしょうね(^^♪
「SHURE M44-*」系ならば「M-44G」の音に近い!!

赤のシェルで見た感じは良いですね!!

ORTOFON 2MREDSH4R


 
針圧も関係していると思いますが・・
やはり「M44-7」と比べると音の線が細い・・
音の陰影感が少ない・・平面的かな!!

スイングアームに2か所・・「SHURE M44-7」用に鉛を巻いてチューニング・・
鉛の位置は結構是詰めで合わせてある・・

ORTOFON 2MREDSH4R


 
イコライザーも含めてオルトフォン用に再チューニングをしないといけないかも入れませんね・・
「M44-7」はELACのプレーヤーで・・
「GT-2000」はオルトフォン専用にしようかな・・
エージングもあるので・・もう少し使ってみよう・・

オルトフォンはやはりクラシック音楽を再生しないと本領を発揮できないかもしれない!!
次回はクラシック音楽のレコードもあるので・・
「長岡鉄男先生」推奨盤を鳴らすと化けるかもしれません!!

オルトフォンの場合は、オルトフォンにしか出ない世界があるはずなので・・

また変わってきたらレポートしますね(^^♪