RSS
 

Archive for the ‘料理・レシピ’ Category

雪若丸 平成30年 新米を炊く

07 12月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

超久しぶりに料理の話題・・

土鍋で米炊きは前にも投稿しましたが・・
新米でもう一度(^^♪

新米が食べたくて・・ちょうどテレビを見ていたら
「雪若丸」と「置賜」の話題が・・

お米マイスターの話では・・
つぶがしっかりしていて弾力性に優れているので、チャーハン、ピラフなどで実力を発揮。
柔らかめのご飯が向かないカレーとも相性抜群。
おかずのおいしさを引き立てるお米と料理のプロが認める新食感。

山形県の「つや姫」に続く新ブランド・・「雪若丸」
生産地は山形県内の・・村山、最上、置賜、庄内の県内4地域。

平成29年度・・
米の食味ランキングで最高位の「特A」を参考品種として受賞!

特に、置賜地区(米沢市内)は、仕事で関わっていたこともあり・・
地の利もある程度知っているため懐かしさが加わって買って見ました。

平成30年「雪若丸」

雪若丸

「雪若丸」を土鍋で炊いて見ました(^^♪
四日市【万古焼】アメ釉 土鍋7号
2合炊きで、お米を洗ってから30分浸水させます・・
(洗い終えたお米は、一旦笊に上げてよく残った水を落としてくださいね!)
お水は420ml
新米ですが粒の硬さが確りめということで、通常の炊き方と同じ水の量です!!

万古焼 アメ釉 土鍋7号

何時ものようにタイマーを15分にセット・・(炊き時間)
中火で気持ち弱くして炊き始めます・・

土鍋で米炊き

約5分から6分位の間に吹き上がります・・

土鍋で米炊き

中火の弱火にして・・
この状態(噴出している)で30秒我慢します(笑)

土鍋で米炊き

30秒程経ったら一番弱火にします・・(吹き上がりは止まります)
セットしたキッチンタイマー15分までこの状態をキープします

土鍋で米炊き

キッチンタイマー15分(炊き時間)のアラームが鳴ったら火を止めて・・
もう一度キッチンタイマーを15分セットして・・(蒸らし時間)
タオルを二つ折りにして鍋にかぶせます・・(少し手で押して鍋の蓋に密着させます)

土鍋で米炊き

キッチンタイマー15分(蒸らし時間)のアラームが鳴ったら上に乗せたタオルを退けて・・

土鍋で米炊き

お楽しみの出来上がりです(^^♪
土鍋炊きご飯でこの瞬間が一番楽しみですね・・
何度炊いても微妙に違うので(プロは何時も同じに炊きます)(笑)

土鍋で米炊き

炊き上がったら満遍なくお米をひっくり返して空気を入れます・・

土鍋で米炊き

お楽しみの卵掛けご飯・・
私の場合は醤油と味の素を掛けるのが定番です(^^♪

土鍋で米炊き

良い感じで混ざりました・・
自分で投稿記事を書いていて口の中に唾が溜まってきました(笑)
今週の週末もやろうかな(^^♪

土鍋で米炊き

右が魚沼産「コシヒカリ」左が「雪若丸」
コシヒカリはねばりっけが多めで若干小粒です・・
雪若丸は粒立ちが確りしていて粒は大きめです・・

土鍋で米炊き


どちらも特徴があってとても美味しいので優劣付けられないです・・

魚沼産は若干柔らかめの粘りと甘みがあって・・
(もちろん魚沼産は大好きで何時もの我が家の定番米です)

山形産は食感が確りと程よい粘りがある・・
どちらも引かない高度な対決・・やはり日本のお米は最高です!!!(^^♪
土鍋で炊くとどちらも美味しい(^^♪

次の日・・土鍋で炊いた「雪若丸」の残りでキャベツチャーハンを作って見ました・・

キャベツ炒飯

お米マエストロの言葉通り・・
炒めた米の粒が確りしていてとても美味でした(^^♪

まだ新米は出ているので・・
土鍋でご飯炊き・・
美味しいですよ・・
電子ジャーで炊くより短時間で炊けます・・
炊き時間15分・蒸らし時間15分・トータル30分

————————————————
炊きと蒸らしの工程
「四日市【万古焼】アメ釉 土鍋7号」で、炊いた場合の分量です
※違う土鍋で炊く場合は分量・時間等変わってきますので注意してください!!
お米の硬さは若干固めの水加減です・・
何回か炊いて見てベストの水加減を見つけてくださいね(^^♪

お米を洗って30分浸水(お水は420ml)
(洗い終えたお米は、一旦笊に上げてよく残った水を落としてくださいね!)

タイマーを15分にセット(炊き時間)
 「中火で気持ち弱く」炊き始め
 約5分から6分位の間に吹き上がり
 「中火の弱火」にして約30秒
 30秒程経ったら「一番弱火」に
 炊き時間のキッチンタイマーが鳴ったら火を止める

もう一度キッチンタイマーを15分セットして・・(蒸らし時間)
 タオルを二つ折りにして鍋にかぶせる
 蒸らし時間キッチンタイマーが鳴ったら上に乗せたタオルを退けて
 出来上がりです
————————————————
炊き上がりの鍋の蓋を取る時のドキドキ感
鍋の蓋を上げたとき炊き上がりのお米の良い臭い
何回炊いてもこの感覚は変わりません・・・
お勧めですよ!!

・・でわでわ(^^♪

 

土鍋ご飯&生姜焼き

06 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

久しぶりの料理ブログです・・

人生の楽園で「おくどさん」(京都の炊事に使うかまど)の羽釜ご飯を見ていたら・・
「京都のお料理はすべての素材の味を大事にするので大好きです!!!」
久しぶりに土鍋ご飯を食べたくなりました♪

土鍋はいつも使っている万古焼7号・・土鍋です・・
今の時期・・鍋焼きうどん・・白菜とばら肉鍋・・チゲ鍋等々大活躍です・・

お米の分量は1合
水加減はめんどくさいのでいつも使っている電子ジャーのメモリで合わせました・・
今回は少し柔らかく炊けました・・
硬めが好きな場合は大さじ2杯位少なくしてくださいね・・

今回は1合なので火力は中火よりほんの少し弱火で(いつもは2合焚きなので中火)
火力を強くするとお焦げが出来るので(個人的にお焦げは嫌いです)
キッチンタイマーはいつもの15分

土鍋ご飯


 
蓋をして・・

土鍋ご飯


 
中火よりやや弱め・・

土鍋ご飯


 
湯気が立ってきたら・・

土鍋ご飯


 
弱火・・(火力最小)

土鍋ご飯


 
キッチンタイマーで15分経ったら火を止める・・

土鍋ご飯


 
タオルを掛けてもう15分蒸らす・・

土鍋ご飯


 
15分蒸らしたら出来上がり・・
蓋を開けた瞬間・・こんな感じ

土鍋ご飯


 
出来上がり・・(^^♪

土鍋ご飯


 
今日のおかずは生姜焼き・・
何時もは火力を強めで料理しますが・・
今回は最初から最後まで「中火」で・・

フライパンに油を引き
まず肉を投入・・
少し表面が白くなったら(多少赤い所が残っているくらいがベスト)
お皿に取り分ける・・

次に同じ火力で野菜を投入・・(お好みで)
今回は・・
ピーマン
茄子
1分ほど炒めたらフライパンに蓋をして2分待つ
蓋を開けて取り分けた肉を投入・・
黒コショウをお好みで加えます・・(今回・・塩は使っていません)

30秒程混ぜる・・

次に・・
生姜焼きの汁を加える・・

汁は・・
———————–
生姜:1かけら・・すりおろす(多少多めが美味しい)
大蒜:1かけら・・スライス(おろしても良いですよ)
味醂:大さじ1
醤油:大さじ1
酒:大さじ1
———————–
汁を加え30秒程混ぜる

フライパンの蓋をして2分程待つ

大体の時間なので・・ふたを開けて汁が茄子に沁み込んでいるようなら出来上がり・・

生姜焼き


 
今回は今流行りの火力弱めの調理をして見ました・・(最初から最後まで中火)

肉はいつもより柔らかく野菜は程よい歯触りで本来の野菜の味が引き立っています・・

いい感じに仕上がりました(^^♪

お試しくださいね・・
でわでわ・・

 

Nyannの炒め飯(チャーハン&ピラフ⁺)

22 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・ご意見がありましたらコメントを頂けると嬉しいです(^^♪

久しぶりの料理の掲載です・・
沢山撮り貯めている写真の中から一部・・Nyannのチャーハンとピラフを少しご紹介しますね(^O^)/
あと・・ケチャップライスもね!!

赤と緑のピーマンの彩ピラフ

赤と緑のピーマンの彩ピラフ


(赤・緑ピーマン・・玉ねぎ・・ひき肉)
 

作り方の工程は
チャーハン?・焼き飯?・なぁ~んちゃってピラフを見てください。

チャーハンとピラフ・・違う点は・・中に入れる基本の調味料です。
塩・コショウ(黒コショウ)などは共通です!!
卵は炒飯に入れるのが基本ですが、ピラフに入れるのも良し・・ご家庭のお料理なのでお好みで!
パルメザンチーズ(粉チーズ)はコク出しなので、これもお好みで入れてください。
ピラフの仕上げにチリペッパーなどを入れるとピリッとするので良いかもしれません。(入れすぎ注意)
ほんの少しですが「タバスコ」を入れることもあります。(入れすぎ注意)
 
ピラフ
基本の火力は(中火)
ベースの味付けは(コンソメ)・・「オリーブオイル」・・「バター」
 
チャーハン
基本の火力は(強火)
ベースの味付けは(顆粒鶏ガラ)・・「サラダ油」または「ラード」・・「醤油」(鍋肌に沿って)
調味料は「味の素」ではなく「いの一番」を一振り
ネギは長ネギの白い部分と色づきで青い部分を使います(玉ねぎを入れる場合もあります)
仕上げは
「日本酒」を(大さじ1/2)位鍋肌に沿って入れます・・(お好みで)
ぐうっとお店の味に近づきますよ!!
「日本酒」の代わりに「紹興酒」を入れるとまた独特の香りがして「中華街」風になります!!
こちらもお好みで(^^♪

ピラフもチャーハンも中に入れる野菜は冷蔵庫の中身次第(笑)
最近赤や黄色やオレンジ色などのピーマンが出ていますね・・
3色のピーマンを加えて色合いの良い「ガパオライス」風・・なんていいかも!!
注意点は・・
葉物を入れる場合はよく水気を切ってくださいね・・特にレタスは(^^♪
 
ケチャップライス
基本の火力は(中火)
ベースの味付けは(トマトケチャップ)・・「サラダ油」または「オリーブオイル」・・「ナツメグ」
基本ピラフと同じですが、どうしても家庭用のコンロだと少し(べチャッ)としてしまいます・・
かといってあまり強火で長い間炒めると辛くなったり焦げっぽくなるのでお勧めできません。
何回か作るうちに最適の火加減が解ると思います。

ケチャップライスの主役はもちろんケチャップですね・・
Nyannはケチャップは「デルモンテ」を使います。
酸味が強い方が好みの場合は「カゴメ」を入れてください。
甘みが強い方が好みの場合は「ハインツ」を入れてください。

ナポリタンなどを作るときは「デルモンテ」:「カゴメ」の2種類を
「6:4」くらいの割合で使って甘みと酸味を調整しています(^^♪

甘み—「ハインツ」–「デルモンテ」–「カゴメ」—酸味

ケチャップライス

ケチャップライス


(ピーマン・・人参・・玉ねぎ・・ベーコン)
 

シンプルすぎる卵オンリー炒飯

卵のみ炒飯


(卵)のみ・・鶏がら・塩コショウで味付けしています(^^♪
 

ちょっとピリ辛・鳥皮炒飯

ちょっとピリ辛・鳥皮炒飯


(鳥皮・・卵・・ピーマン・・玉ねぎ・・鷹の爪)
このチャーハンは油をごま油にしています
(癖があるので最後の香り付に小さじ1杯位加えても良いですよ)
鷹の爪は種を取って丸ごと炒め(1本)、ご飯を入れる前に取り出します(^^♪
 

釜揚げしらすとレタスの炒飯

釜揚げしらすの炒飯


(釜揚げしらす・・シイタケ・・ベーコン・・ピーマン・・レタス)
釜揚げしらすの塩気があるので、塩は加えていません・・
レタスは細く千切りで・・よーく水気を切って最後に加えます・・
醤油も気持ち少な目で十分に味が付いています(^^♪
 

赤と緑のピーマンの彩炒飯

赤と緑のピーマンの彩炒飯


(赤・緑ピーマン・・玉ねぎ・・ハム)
 

ニンニクの芽炒飯(これお勧めです・・ニンニクの芽の香ばしく後味の甘みが良いですよ)

ニンニクの芽炒飯


(ニンニクの芽・・キャベツ・・ばら肉)
 
チャーハンばかりですね(・´з`・)

シメジと鮭のピラフ

シメジと鮭のピラフ


(ピーマン・・シメジ・・鮭フレーク・・ばら肉)

写真はまだまだあるんですが・・また次回(^^♪

 
Nyannの炒め飯(チャーハン&ピラフ⁺) はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

07 4月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また料理ネタだゾ~~~ン(・´з`・)
第10弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理
先日買った菜の花がまだ残っているので(笑)
「菜の花入りタンメン」を作ってみました・・

「菜の花入りタンメン」Nyannオリジナル

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

約1人分です
1.中華麺(太麺):1玉(お好みです中太麺でも大丈夫です)・製造は埼玉県
2.菜の花:3房(お好みで増減してください)・群馬県
3.ばら肉:スライス2枚・埼玉県
4.今回はお手頃な・ミックス野菜(イトーヨーカドー)を使いました
 セブンプレミアム・顔が見える野菜ちょっと使える野菜炒め用セット(150g)

ちょっと使える野菜炒め用セット


 (すべて国内産)
 もやし・神奈川県
 キャベツ・鹿児島県
 人参・茨城県
 ニラ・高知or千葉県
 ・・だそうです
 (食の安全を考えて国内産に拘る商品が増えてきましたね)

5.ピーマン:1個・群馬県
6.マイタケ:1/3房・新潟県
7.木耳:2枚・新潟県
8.顆粒鶏がらスープ:大さじ1/2杯
9.白醤油:大さじ1杯(白だしでも良いですよ)
 いずれも無い場合は「薄口醤油」(大さじ1/2杯)位入れてください
10.塩:小さじ1杯(できれば天然塩)
11.コショウ:2振り(粗挽き黒コショウ)
12.ナツメグ:1振り(無いときは入れなくてもいいですよ)
13.片栗粉:小さじ1杯
14.ラード:大さじ1/2杯
15.チーユ:大さじ1/2杯(鶏油)
16.水:500cc

下ごしらえ
 今回はミックス野菜を使ったので野菜の下ごしらえが大幅に省けてとっても楽でした(^^♪
A.菜の花は「5センチ」位に縦に切ります(下茹ではしません)
 (風味をより出すために下茹ではしませんが、えぐみが気になる場合は熱湯で湯通ししてもいいですね)
B.ばら肉は「3センチ」位に切っておきます
C.ピーマンは「細く輪切り」に切ります
D.マイタケは「1口大」にちぎっておきます
E.木耳を水で戻して同じく「1口大」に切ります

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

 Nyannの台所のコンロは3口あるのでフルに使います
 3口無い場合は・・
a.まず500ccのお水をお鍋に入れて火に掛けます
 「顆粒鶏がらスープ:大さじ1/2杯」
 「白醤油:大さじ1杯」
 「塩:小さじ1杯」
 「コショウ:2振り」
 「ナツメグ:1振り」
 を全て入れて沸騰したら火から降ろします

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

b.別の鍋に水を中華麺用に(2~3リットル)(分量外)ほど入れて沸騰させます
(bとcは同時進行です)
c.フライパンに「ラード:大さじ1/2杯」を入れて「強火」で熱します(此処からずっと強火)
 中華は火力が命(笑)(焦がさないように注意してくださいね)
d.「ばら肉」を入れて色が変わるまでフライパンを煽ります

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

e.「ミックス野菜・ピーマン・マイタケ」を入れます
f.全体的に1/2位に(しなっと)なったら「菜の花」を入れ2~3回フライパンを煽ります

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

g.先程作って置いたスープをフライパンに全量入れます

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

h.別の鍋で中華麺用に火に掛けた水は沸騰していると思いますので・・
 「中華麺」を投入し指定時間通りに茹でます・・
 (煮こぼれやすいので火加減を調整してください)

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

i.フライパンの中のスープが煮立ってきたら
 「チーユ」(鶏油)「大さじ1/2杯」を入れて風味を付けます
 「片栗粉:小さじ1杯」を「小さじ2杯」の水で溶いてスープを回しながら少しづつ入れます
 (少し照りが出る程度です)

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

j.肉・野菜入りのスープのスープを先にどんぶりに入れます
k.茹で上がった中華麺の湯をよく切ってスープの中に入れます

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

l.箸でスープと麺を絡めたら・・フライパンの肉・野菜を上から掛け入れ出来上がり(^^♪

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

野菜てんこ盛りの・菜の花入り春のタンメンで~~す

菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル

熱いうちにフーフー言いながら召し上がれ(^^♪

日高屋さんの「野菜たっぷりタンメン」が好きでよく食べるんです(^^♪

でわでわ(^^♪

 
菜の花入りタンメン・Nyannオリジナル はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

キムチ・スンドゥブを作る

29 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また料理ネタだゾ~~~ン(・´з`・)
第9弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理
春らしく・・冬に逆戻り(笑)
「キムチ・スンドゥブ」を作ってみました・・

ここのところ花冷えですね・・
「三寒四温」で冬に逆戻り・・
何時も寄る「肉のハナマサ」の入り口にレシピカードがあるんです・・
いちばん簡単そうな料理は~~~
ん・・これがいい・・って訳で「キムチ・スンドゥブ」

Wiki抜粋
—————————————————–
スンドゥブ
豆腐そのもののスンドゥブは、豆乳に凝固剤を加えた状態のままのもので、絞らないので水分を多く含み柔らかである。チゲなどの食材とするほか、そのままヤンニョムカンジャン(薬味入りの醤油)などをかけて食べたりする。スンドゥブの呼称は「純豆腐」の朝鮮語読みとも「水豆腐(スドゥブ)」が変化したものとも言われているが、定説はない。但し現在では漢字表記で紹介されるときは「純豆腐」と書かれることが多い。

スンドゥブ・チゲ
スンドゥブ・チゲは、その名の通りスンドゥブを使った鍋料理である。小型の土鍋(トゥッペギ)などにアサリやシジミを敷き、スンドゥブと肉・野菜を入れて水またはスープを張り、コチュジャン、唐辛子粉、ニンニク、ごま油などを使った合わせ調味料で辛味の味付けをして煮込み、最後に生卵を落とす。飲食店ではご飯やパンチャン(おかず類)と共に、スンドゥブ・ペッパン(白飯=大衆料理としての「定食」のこと)として供される。
—————————————————–
だそうな・・・

なので・・正確には「韓国風」・・(^^♪

韓国料理なので石鍋なんですね・・
参考画像です・・(Wiki抜粋)

スンドゥブ・チゲ


こっちの方が美味しそう(^^♪

石鍋は無いので・・
前回ご飯炊きで活躍した「万古焼」7号土鍋を使います
まずは食材下ごしらえ

約2人分です
1.木綿豆腐:1丁(絹ごし豆腐でも良いですよ・お好みで)
2..卵:1個
3..ばら肉:スライス2枚
4.にら:売っている一房の半分
5.玉ねぎ:大きいので1/2球
6.白菜:葉っぱ4枚
7.シイタケ:1個
8.もやし:1/2袋
9.市販のキムチ:量はお好みで
10.お水:500cc
11.顆粒鶏がらスープ:大さじ1杯
12.醤油:大さじ1/2杯
13.コチュジャン:大さじ2杯

キムチ・スンドゥブ

下ごしらえ(上の写真の様な感じ)
A.お豆腐は「半分」に切ります・・
B.ばら肉スライスは「縦3センチ」位に切ります・・
C.にらは「縦5センチ」位に切っておきます・・
D.玉ねぎはスライスしてください・・
E.白菜は「5センチ角」位に切ってください・・
F.シイタケはスライスしてください・・
G.もやしは2センチ位に縦に細かく切ってください・・(適当で大丈夫です)

キムチ・スンドゥブ

a.土鍋にお水「500cc」と顆粒鶏がらスープ「大さじ1」と醤油「大さじ1/2」を入れ火に掛けます
 中火位で
b.煮立ったらコチュジャン「大さじ2杯」を入れ更に煮立たせます

キムチ・スンドゥブ

c.コチュジャンが煮立ってきたら・・
 豆腐を入れ上からばら肉野菜類を鍋に入れて煮込みます
(汁が煮立っているので火傷をしないように気をつけてくださいね)

キムチ・スンドゥブ

d.白菜に火が通ってきたら真ん中に卵を落として出来上がり(^^♪
(吹きこぼれやすいので火加減など気を付けてください)
(汁が多い場合は、一旦別の容器に移しておいてください・・後で使います(・∀・)/ ハーイ)

「キムチ・スンドゥブ」

キムチ・スンドゥブ


熱いので・・
汗拭き用タオルを用意して・・
ハフハフしながら召し上がれ(^^♪

ダイエット中の貴方・・あぁ・・私だ(爆)
お豆腐と野菜がメインなのでとてもヘルシーですよ~~

韓国のコチュジャンの辛さは・・
中国の豆板醤とはまた違う辛さで・・
沢山入れても火を噴く様な辛さではなく少し甘みのある優しい味ですね・・
まだたっぷりあるので、また違うお料理に使いますよ~~(^^♪

今回は5種類の野菜とお肉でしたが・・
それ以外にも、マイタケやシメジ、エノキ等・・
アサリなどの貝類なんか入れて・・「海鮮・キムチ・スンドゥブ」も美味しそうですね(^^♪

でわでわ(^^♪

次の日・・
別に取り置きしておいた汁と余った野菜をとキムチ・スンドゥブの残りを使って
「キムチ・スンドゥブ・ラーメン」

キムチ・スンドゥブ・ラーメン

これが結構いけるんですよ(^^♪

隠し味で豆板醤を小さじ1杯位お好みで加えてください・・
汁の濃さが足りない場合はコチュジャンと残ったキムチを足してくださいね・・

麺は「肉のハナマサ」プロ仕様の「太麺」

肉のハナマサ プロ仕様 太ちじれ麺


肉のハナマサ「プロ仕様・生中華麺」・・
モチモチの麺で、少々多く煮てしまってもモチモチ感が損なわれず美味しくいただけます・・
お勧めですよ(^^♪

ちじれ麺で(細めん・中太麺・太麺)とあるんですが、今回は太麺が合いますよ(・∀・)/ ハーイ
「キムチ・スンドゥブ・ラーメン」

キムチ・スンドゥブ・ラーメン

今度は「豆板醤」を使った「四川辣油 麻婆豆腐麺」が食べたくなってきた・・
当分痩せられませんね・・・(・´з`・)

でわでわ(^^♪

 
キムチ・スンドゥブを作る はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

菜の花とほうれん草のパスタをつくる

27 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また料理ネタだゾ~~~ン(・´з`・)
第8弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理
春らしく・・
「菜の花とほうれん草のパスタ」を作ってみました・・
3連休
お墓参りに行った帰り・・道の駅に寄ったんです!
「道の駅」っていいですね・・地元の農家さんの朝採れ野菜が沢山(^^♪
どれもこれも目移りしちゃって・・つい沢山買い込んでしまいます
どれもこれも安いので感動してしまいます(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
「道の駅」・・とても良いアイデアですね!!

そこで見つけた春の香り・・菜の花野菜
隣にあったほうれん草も勢いがよく新鮮・・

早速パスタ料理にして見ました「菜の花とほうれん草のパスタ」

何時もの「銀行の粗品」で貰ったお皿・・

菜の花とほうれん草のパスタ

約1人分です
1.乾燥パスタ1.6mm:100g
2.菜の花:3房(お好みで増減してください)
3.ほうれん草:3房
4.ばら肉:スライス2枚
5.顆粒コンソメ:大さじ2分の1杯
6.顆粒鶏がらスープ:小さじ1杯
7.塩:一つまみ(できれば天然塩)
8.コショウ:2振り(粗挽き黒コショウ)
9.片栗粉:大さじ2分の1杯
10.オリーブオイル:大さじ2杯
11.水:200cc(具材が少し浸る位)

下ごしらえ
A.菜の花は「5センチ」位に縦に切ります(下茹ではしません)
 (風味をより出すために下茹ではしませんが、えぐみが気になる場合は熱湯で湯通ししてもいいですね)
B.ほうれん草は「5センチ」位に縦に切っておきます・・
C.ばら肉は「2センチ」位に切っておきます・・(ベーコンが無かったので代用です)

お鍋に、適当に水を入れ・・お鍋に「6割」位・・
水は多い方がパスタが美味しく煮えるかもしれません・・
Nyannの場合「塩」は入れません・・
(Nyannの場合ゆで汁に塩を入れてしまうと塩加減が濃くなったり薄くなったり上手くいかないんです)

パスタを袋の指示通りの時間茹でる・・

パスタのゆで時間4分前位になったら・・

a.フライパンにオリーブオイル:大さじ2杯を入れ火に掛けます
 中火位で
b.ばら肉を入れて色が変わる位・・(此処はベーコンが正解です)
 (ベーコンと違うのであまり火を通し過ぎないように注意してくださいね)
c.菜の花とほうれん草を全部入れてフライパンをあおりながら火を通します
 (菜の花とほうれん草は火を通していくと3分の1位になります)
d.直後に顆粒コンソメ「大さじ2分の1杯」と顆粒鶏がらスープの素「小さじ1杯」を入れます
e.菜の花とほうれん草が「しなっと」(3分の1位になります)なったら「水200cc」を入れます
f.煮立ったら塩・コショウを入れ
g.片栗粉を「大さじ1杯の水」で溶いて少しずつ、フライパンの中の具材と混ぜながら入れます
 (固さは・・照りが出る位で十分です)
h.最後にお決まりの味見をして塩コショウで調整します
 (少し味を濃い目に・・パスタに絡めるとちょうど良い加減になると思います)
i.パスタが茹で上がったらお湯をよく切ってお皿に盛る
j.パスタの上にフライパンの具材「アン」を掛けて出来上がり

菜の花とほうれん草のパスタ

菜の花とほうれん草のパスタ


さあ・・温かいうちに召し上がれ(^^♪

オリーブオイルが菜の花の味を引き立ててちょっと春を感じる味に仕上がっています(^^♪
片栗粉を加えることで「アン」がパスタに良く絡みます・・
お好みでお皿に盛り付けてからオリーブオイルを少し掛けてみても美味しいかもしれませんね!!

でわでわ(^^♪

 
菜の花とほうれん草のパスタをつくる はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

ポトフ「8種の野菜とあらびきウインナー」

24 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

また料理ネタだゾ~~~ン(・´з`・)
な~んか雑居ブログ(爆)
第7弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理
「ポトフ」を作ってみました・・

近所のスーパーの品揃えと価格から春を感じる今日この頃・・(´Д`)ハァ…
な~~んか侘しいです・・

八ヶ岳ブルーの空の下・・春の息吹を感じたい・・・
たぶんこれからは代表的な「タラの芽」「ふきのとう」「こごみ」等をはじめ・・
山野草が息吹を吹き返す頃(^^♪
お山を一回りすると採りたての山野草が、かごにいっぱい(^^♪

現実に戻って・・
冷蔵庫の中を見たら期限切れ一週間程経った「粗挽きウインナー」が・・
まあ・・真空パックで封を切っていないのでまだ食べられる?・・食べちゃお~~(笑)
ウインナーの出汁を利用して「煮込み野菜とウインナーのスープ」でも作りましょう・・

日ごろの野菜不足を少しでも補いましょう・・
「ブロッコリー」「キャベツ」「玉ねぎ」「ジャガイモ(男爵)」
「にんじん」「ほうれん草」「マッシュルーム」「シイタケ」
8種類入れて・・

Nyannの食卓は常に7~8種類の野菜を置いています
無くなってくるとスーパーで買ってきて補充します・・
特に「玉ねぎ」と「ジャガイモ」は大好きで・・
長野の入笠山の家へ行くたびに地元の「びっくり市」という大きなお店で10kg単位で買ってきます(^^♪
(ちなみに・・玉ねぎとジャガイモは、北海道産です)

これって「ポトフ」って言うらしいです(^^♪

全部入れて煮込むだけ・・簡単ですよ(^^♪
何時もの「銀行の粗品」で貰ったお皿・・

ポトフ


約4人分です
1.ブロッコリー:一房の半分
2.キャベツ:葉っぱ4枚
3.玉ねぎ:大きいの1個
4.ジャガイモ(男爵):大きいの1個
5.ニンジン:1本
6.ほうれん草:3房(スーパーで一袋5~6房入っています)
7.マッシュルーム:2個(白マッシュでも普通のマッシュでも)
8.シイタケ:2個
9.顆粒コンソメ:大さじ1杯
10.塩:小さじ1杯(できれば天然塩)
11.コショウ:5振り(粗挽き黒コショウ)
12.粗挽きウインナー8本(お好みで)

下ごしらえ
A.ブロッコリーは大きな房から小さな房毎に小分けに切ります
B.キャベツは「2センチ」角位でざく切りに・・
C.玉ねぎは「1センチ」位で輪切りに・・(縦に半分に切って、繊維と垂直に横に切る)
D.ジャガイモは「2センチ角」位に・・
E.ニンジンは縦に「5ミリ」位に切って大きい部分は縦に半分に切ります・・
F.ほうれん草は「5センチ」位に縦に切っておきます・・
G.マッシュルームとシイタケは薄切りに・・
H.粗挽きウインナーは半分の4本は2分の1の斜め切り・・(後の半分は切らずにそのまま)

下処理
ブロッコリーは水洗いし耐熱ガラスまたはセトモノの容器に入れラップをして電子レンジで1分加熱します
ニンジンも同じくラップをして電子レンジで1分加熱します
電子レンジから取り出したらラップをすぐに取ります・・
(ラップをすぐに取らないと収縮して野菜がぺちゃんこになっちゃいます)
(容器が熱くなっているのと、ラップを取る際に蒸気が熱く吹きだすので、十分注意して!)

a.お鍋にお水を1リットル程入れます
b.顆粒コンソメを大さじ1杯いれます
c.「キャベツ」「玉ねぎ」「ジャガイモ」「ニンジン」
 「マッシュルーム」「シイタケ」「粗挽きウインナー」を入れます・・
(ブロッコリーとほうれん草以外全部入れ)
d.塩:小さじ1杯と粗挽きコショウ5振りを入れます
 沸騰するまで強火で
 沸騰したら中火で「10分」位茹でます
e.10分程経ったら「ブロッコリー」と「ほうれん草」を入れます・・
(電子レンジで加熱した際にブロッコリーから出た汁もお鍋に入れてくださいね大事な栄養分が入ってます)
f.ブロッコリーを入れてさらに
 一番弱火でコトコト「10分」程煮込みます
g.最後に味見をして塩コショウで調整して出来上がり(^^♪

「ポトフ 8種の野菜とあらびきウインナー」

ポトフ


野菜のエキスと粗挽きウインナーのエキスが解け出てコクのある美味しさです(^^♪

暖かいうちに召し上がれ・・

Nyannは生のサラダは苦手なんです・・
こうやって煮野菜にして食べると沢山食べられます!!
沢山の野菜と豚肉の粗挽きウインナーでお腹にも優しい栄養バランスの良いメニューです(^^♪

カレーなどと一緒で、一晩置くとさらに風味が増して美味しいですよ(・∀・)/ ハーイ

でわでわ(^^♪

 
ポトフ「8種の野菜とあらびきウインナー」 はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

ペペロンチーノをつく~~る「Nyann’s スぺシャル」

22 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

料理ネタ・・ばっかり(・´з`・)
第6弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

主に・・土・日のお料理

「ペペロンチーノ」を作ってみました・・簡単ですよ(^^♪

Wiki抜粋
———————————————————————–
イタリア語で
アーリオはニンニク
オリオは油(特にオリーブ・オイル)
ペペロンチーノはトウガラシ
を意味する。これら3つの素材をソースに用いたパスタ料理を指す。

パスタとしてスパゲッティを選んだものが、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノである。
このパスタは別名「絶望のパスタ」とイタリアでは呼ばれることがあるが
その理由は諸説あり
一例として「貧困のどん底にあってもオリーブ油とニンニクと唐辛子さえあればなんとかなるパスタ」
との説がある。
———————————————————————–
だそうな・・・

もう一つは・・(Nyannの聞きかじり)
塩加減だけで味の決まる「ペペロンチーノ」は、
その単純な味付けが災いして「シェフ泣かせ」のお料理でもあるそうです。
なので「残酷なパスタ」とも言われているそうです(^^♪

ということで・・(Wikiを載せた意味は特にないんですが(笑))

「ペペロンチーノNyann’s スペ」
何時もの「銀行の粗品」で貰ったお皿・・

ペペロンチーノNyann’sスペ

なんで「Nyann’s スペ」かというと・・
余計なものが入っているんです・・
それは・・「パセリ」
「イタリアンパセリ」ではないですよ・・ただの「パセリ」
そう・・料理の端にちぎって一つ置いてある・・苦いので大体の人は捨てちゃう(笑)

でもね・・
ただの「パセリ」は、油で熱を加えると甘くなるんです・・

例えば・・
「春菊のてんぷら」とか「大葉(青じそ)のてんぷら」とか・・
これから味わえる「タラの芽」「ふきのとう」のてんぷら等と風味が似ています!

パセリも初夏頃から大きくなり黄緑色の新芽が出てきます・・
この新芽のてんぷらが最高ですよ・・
騙されたと思って作ってみてください・・(新芽でなくても美味しいですよ)
病みつきになっちゃうかもしれませんよ~~~
パセリの独特の甘さを利用したペペロンチーノなんです・・
なので・・
「Nyann’s スペ」では・・「イタリアンパセリ」では独特の風味が出ないんです(^^♪
もともとペペロンチーノにはイタリアンパセリは入れませんよね(・´з`・)

一人分です
1.パスタ1.6mm:乾燥状態で100g(スーパーで売っている普通の乾燥パスタです)
 ・・一番安い奴(爆)
2.赤トウガラシ:1個(お好みで・・でも入れすぎるとただの辛いパスタになるので注意してね)
3.ニンニク:1片
4.パセリ:2房(スーパーで大体一袋5房位入っています)
5.ベーコン:2枚(お好みで・・お金があればパンチェッタでも良いですよ)
6.ほうれん草:3房(スーパーで一袋5~6房入っています)
7.塩:一つまみ(塩は、出来れば、博多の塩とか、岩塩とかの自然塩)
8.粗挽きコショウ:3振り
9.オリーブオイル:大さじ2杯

下ごしらえ
A.パセリを茎からちぎる・・(茎が入っても大丈夫ですよ)
 包丁で・・これでもか・・という位細かく「みじん切り」に・・
 (なめ牢を作るときみたいに確りと叩くように粉砕する)・・「なめ牢」なんてもっと解らない(笑)
B.ニンニクは適当に「みじん切り」・・「スライス」でも良いですよ・・
 (初めに縦に半分に切って真ん中の芽の部分を取ってくださいね)
C.ベーコンは縦に「1~2センチ」位に切ります・・
D.ほうれん草は「5センチ」位に縦に切っておきます・・
E.唐辛子は中の種を取り出して「2mm」位に輪切りにしておきます・・

お鍋に、適当に水を入れ・・お鍋に「6割」位・・
水は多い方がパスタが美味しく煮えるかもしれません・・
Nyannの場合「塩」は入れません・・

パスタを袋の指示通りの時間茹でる・・

パスタのゆで時間3分前位になったら・・

a.フライパンにオリーブオイル:大さじ2杯を入れ火に掛けます
中火位で
b.ニンニクのみじん切りと唐辛子を入れて「20秒位」したら
c.ベーコンを入れてかき混ぜながら・・固さはお好みで
d.ほうれん草を全部入れてフライパンをあおりながら火を通します
 (ほうれん草はフライパンに入れたときは多すぎかと思いますが、火を通していくと三分の一位になります)
e.パスタが茹で上がった頃だと思うので鍋からパスタを取り出してフライパンに入れる
 (煮汁は少し残しておいてください)
f.パスタを入れたら・・みじん切りにした「パセリ」を水をよく切ってフライパンに入れる
(Nyannの場合手で直接パセリを握って水を出します・・細かいのが手につきますが・・お構いなし)
強火にして
フライパンを煽る・・
g.塩を一つまみ
h.粗挽きコショウを3振り程入れて・・
菜箸で勢いよくかき混ぜながら煽る煽る・・(これぞ男の料理です・・(笑))
味を見て薄ければ塩を少し足します・・(入れすぎると辛くなってしまうので注意してください)
(途中・・パスタの煮汁を大さじ2杯位フライパンに入れて煽るときれいにパセリが拡散します・・)
写真のようにパセリが混ざったら出来上がり(^^♪

お皿に盛って

ペペロンチーノNyann’sスペ


さあ・・温かいうちに召し上がれ(^^♪

でわでわ(^^♪

 
ペペロンチーノをつく~~る「Nyann’s スぺシャル」 はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

天津飯をつく~~る

21 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

料理ネタ・・
第5弾・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります

平日はコンビニ弁当か近所の食堂で朝昼晩なので・・
土・日・・くらいは自炊生活(^^♪

「天津飯」を作ってみました・・簡単ですよ(^^♪

中華用のお皿が無くて・・
何時もの銀行の粗品で貰ったお皿・・

天津飯

あんの中身・・ちょっと多めです(2人分位で丁度いい量だと思います)
計量スプーンで
1.お水:200cc
2.顆粒鶏ガラ:小さじ1杯
3.お砂糖大さじ:1杯
4.お酒大さじ:1杯
5.お塩:一つまみ
6.しょうゆ:大さじ1杯
7.酢:大さじ1杯

全部混ぜて中火で沸騰する直前まで温めてください(煮立ったら火を中~弱火にしてください)
8.片栗粉:大さじ1杯
片栗粉大さじ1杯を倍量の大さじ2杯のお水に溶いて・・
かき混ぜながら固さを見ながら少しづつ投入してください・・
(一気に入れるとあんが白く濁ってしまいます)

固さはお好みで・・

卵の部分(一人分です)
1.卵:2個
2.カニ風味かまぼこ(「オホーツク」・商標名):2本
3.シイタケ:2個
4.顆粒鶏ガラ:中さじ1杯
5.塩コショウ:2振り

ボールに卵とカニ風味かまぼこを細かくちぎって入れる
椎茸を薄切りにして入れる
全部をかき混ぜて塩コショウを振り入れる

フライパンに
6.サラダ油:中さじ1杯位入れる
火加減は:強火
温まったら、先程のボールの中身を全部入れる
火加減は:中火から弱火
菜箸で軽くかき混ぜながらある程度固くなるまで焼く・・
焦げ過ぎないように・・
ちょくちょく裏面を見て、少し「きつね色」になったら火を止める・・

暖かいご飯を・・食べたいだけお皿に盛って・・
フライパンで焼いた卵焼きを乗せて・・
あんを上から食べたいだけ掛けて・・
召し上がれ(^^♪

天津飯

卵に混ぜる具材は、ある程度お好みで良いと思います・・
人参などを混ぜても彩が良いかもしれません・・
硬いものを混ぜるときは千切りか、みじん切りで・・
前もって電子レンジなどで加熱して柔らかくしておいてくださいね・・

でわでわ(^^

 

「生姜焼き」をつく~~る・・

10 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

すみません・・また料理ネタです(爆)
料理カテゴリー投稿・・
第4弾・・

「生姜焼き」をつく~~る・・何処かの番組か??

野永シェフのレシピを参考にしました(^^♪
(シェフごはん)野永 喜三夫シェフのレシピ

作成工程の写真・・
すべて取り忘れました・・(笑)

具材はすべて冷蔵庫にあるもの・・

早速作ってみました(^^♪

生姜焼き

タレ
タレの配合は計量スプーンで
1.お醤油:大さじ2杯
2.みりん:大さじ2杯
3.お酒:大さじ4杯
4.生姜:ひとかたまり(30g)位

ボールに1~3までのタレを入れてください・・
次に、4 の「生姜」の皮をむいて、おろし金で、ボールの中にすり入れてください・・
(指を怪我しないように気を付けてくださいね)

具材
(その時あるもので、分量は大体でいいですよ)
5.肉:300g位・・ある量でOKです
6.球ネギ:大きい球で1/4位
7.ピーマン:大きいので1個
8.マッシュルーム(白):2個(シイタケがあればそちらの方が良いです)

お肉をお好みの大きさに切って・・
タレと生姜の入ったボールに入れて・・
手で、軽く肉にタレをもみ込んでください。

玉ねぎ・マッシュルーム(シイタケ)は:薄切り
ピーマンは:細切り

切り方の参考写真・・
この写真のピーマンは輪切りです・・

薄切り

次に
切った野菜類も同じくボールに入れて・・
菜箸または手で軽く混ぜてください。

サラダオイル:大さじ1杯
サラダオイルをフライパンに入れたら・・

すぐに
ボールの中のタレや・肉・野菜・すべての具材をフライパンに入れてください・・

強めの中火で・・(強火でも大丈夫!あまり焦がさないように注意して)

菜箸で軽く混ぜたり
フライパンを時々煽って・・
肉や玉ねぎに火が通ったら1分程煮詰めて・・

仕上げに
塩一つまみ
コショウ(今回は粗挽き)をお好みで3振り程振ります・・

此処で味見をして必要であれば、塩コショウで調整してください!!

そして出来上がり(^^♪

生姜焼き

キャベツの千切りなんか添えるといいと思います・・(この時はキャベツがなかったもんで)(笑)

優しくふんわりした味に仕上がりました。
コツは、特にありません(^^♪

暖かいご飯で召し上がれ・・・

今回は「ばら肉」を使ったので、火加減はラフでも大丈夫でした・・
「ばら肉」は少しくらい火を通し過ぎても固くなりません・・
下ごしらえも不要で、初心者には扱いやすいお肉です。

でも・・
生姜焼きは普通「ロース肉」を使いますね・・
「ロース肉」は火を通し過ぎると固くなってしまいます。
また・・
「ロース肉」は固くならないように下ごしらえが重要です!
肉の叩き棒で少し薄く延ばすとか・・
コカコーラで30分程漬けるとか・・
フォークで突っつくとか・・
固くならないための工夫が必要です。

ネットに色々なやり方が載っているので、試してみるのも楽しいですよ(^^♪

でわでわ(^^♪

生姜焼きの続き・・

生姜焼き「ロース肉」版を作ったよ~~

レシピは同じ・・
ばら肉がロース肉になっただけでーす(^^♪
「生姜焼きロース肉」版

生姜焼き ロース肉

こちらの方が美味しそうに撮れてる(笑)
レタスが間に合ったのでレタスてんこ盛り・・

生姜焼き ロース肉

ロース肉柔らかく焼けました・・
漬けこんだロース肉をまんべんなく「フォークでブスブス刺して」から焼きます(^^♪

でわでわ(^^♪

 
「生姜焼き」をつく~~る・・ はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

なめ茸を作る

07 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

料理カテゴリー投稿・・
第3弾・・

「なめ茸」をつく~~る・・何処かの番組か??

私は昔から「なめ茸」が好きで、スーパーなどで気が付くと一瓶買って帰るのですが・・
なめ茸の一瓶は、結構量が少なくてすぐ無くなってしまう・・
美味しくて良いのですが・・量の割には値段が高い・・

写真は参考写真です

市販品 なめ茸


 
そこで、自分でも作れないかと探していると、結構色々作り方が載ってるじゃん(^^♪

早速作ってみました(^^♪

自家製 なめ茸


直径15センチ程の「ラーメン鍋」(自己流の呼び名)を使います・・(鍋は何でもいいですよ)
火にかける前に・・

計量スプーン
1.お醤油:大さじ3杯
2.みりん:大さじ2杯と二分の一
3.お酒:大さじ3杯
4.お砂糖:小さじ2杯
をお鍋に入れる

昔は適当に加減で調味料などを入れていたのですが・・
なんとなく入れすぎたり・・作るたびに味が違っていたり・・
なので、最近は必ず「計量スプーン」を使うように心がけています(^^♪

「エノキ」:200g

たぶんスーパーで売っているえのきだけは大体一袋200gが多いようです
一袋100gだったら2つ買ってくださいね(^^♪
「エノキ」は「もやし」と並んで一年を通じて安くて助かります・・
地元のスーパーでは常に¥100(税込)以内の値段で出ています!!

石突を切り落とします
※ポイント・・
絶対にエノキは洗わないでください
ゴミが付いていた場合は丁寧に取り除いてください

自家製 なめ茸


 
3等分に切ります・・(お好みで)

自家製 なめ茸


 
先程混ぜたつゆの入っているお鍋に全部投入します・・

自家製 なめ茸


 
これから火に掛けます
最初は少し弱い中火で・・

自家製 なめ茸


 
2~3分経つと沸騰してきます・・(たまにかき混ぜてくださいね)
絶対・・焦がさないように注意して・・
焦げそうなら火加減を調整してください・・

自家製 なめ茸


 
沸騰したら弱火にします・・(たまにかき混ぜてくださいね)
絶対・・焦がさないように注意して・・
焦げそうなら火加減を調整してください・・

自家製 なめ茸


 

こんな感じになってきます・・
少し「とろみ」がついてきます・・
火に掛けてから・・約5分位かな・・

お酢を投入します
計量スプーン
5.お酢:大さじ1杯と二分の一

さらに弱火で3~5分程煮込みます・・(たまにかき混ぜてくださいね)
絶対・・焦がさないように注意して・・
焦げそうなら火加減を調整してください・・

自家製 なめ茸


私は「酢」を入れていますが、お好みで、酢を入れたり入れなかったりしてください・・
酢を入れないとまた違った味になりますがお好みで調整してくださいね・・

私は少しパンチの効いた味が好きなので・・
2.みりん:大さじ2杯と二分の一
5.お酢:大さじ1杯と二分の一

としていますが・・

基本のレシピでは
2.みりん:大さじ3杯
5.お酢:大さじ1杯

となっています・・

こちらもお好みで調整してください・・
 
こんな感じになるので
これでお鍋を火から下ろします・・

自家製 なめ茸


 
完全に粗熱を取ると
こんな感じになります

自家製 なめ茸


 
タッパーウェアに移します・・
ジップロックでも良いですよ・・
汁が漏れない容器に移してください・・

自家製 なめ茸


 
このまま一時間程冷蔵庫で冷やせば食べられますが・・
冷蔵庫で一週間ほど寝かせると「酢の」角が取れてまろやかな味になるので
一週間程寝かせることをお勧めします(^^♪
(酢が入っていない場合は寝かせず、早めにお召し上がりください)

ご飯に掛けて食べると美味しいよ~~

自家製 なめ茸


土鍋炊飯の炊きたてご飯に乗せて召し上がれ・・

「大根おろし」に「なめ茸」を乗せて薄口醤油なんか掛けてもお酒のおつまみによく合います(^^♪

でわでわ(^^♪

 

馬鹿のうどん覚え

03 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

オーディオネタがなかなかなくて・・
みなさん、オーディオネタ沢山書かれていて・・
次から次へと色んな機械を出してきて・・
よくそんなに所蔵品があるなぁ・・
というか、その所蔵品一つ一つが、結構高価な品々で・・
やっぱりオーディオブログを毎日更新するには、よっぽどお金持ちでなければできないなぁ・・・
最近つくづく思うのですが・・いかがでしょうか!!

話題が無いので・・

料理カテゴリー投稿・・
第3弾・・ではなく・・

ある日の料理(笑)
※画像をクリックすると大きくなります


ある日の朝食 鍋焼き紐皮うどん


紐皮うどんで鍋焼きうどん・・(ほうれん草入り)
 

ある日の昼食 紐皮うどんでカルボナーラ なんちゃってローマ風


朝の残りの紐皮うどんで・・
紐皮うどんのカルボナーラ・・(ほうれん草入り)
(卵しか使わない・・こだわりのローマ風・・なんちゃって)
 

ある日の夕食 鍋焼きけんちんうどん


結局・・何も思いつかなくて
けんちん汁を作り・・
ご飯を炊くのが面倒くさくて・・
鍋焼きけんちんうどん・・(ほうれん草入り)
 
結局一日中「ほうれん草入りうどん」・・でした

「馬鹿の一つ覚え」ならぬ
「馬鹿のうどん覚え」・・(爆)

ワンポイント
かけ蕎麦・かけうどんの汁(関東風)
すみません関東生まれなもので・・

かつお出汁汁500cc(カップ2杯)に対し

(計量スプーン)
1.お醤油(濃い口):大さじ2杯
2.みりん:大さじ2杯
3.お酒:大さじ2杯
4.お砂糖(できればザラメ砂糖):小さじ1杯

これが、お蕎麦屋さんのかけ蕎麦の基本的な配合のようです・・
ご参考になれば幸いです(^^♪

もう少し写真も工夫しなくちゃ・・
でわでわ・・

 
馬鹿のうどん覚え はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

チャーハン?・焼き飯?・なぁ~んちゃってピラフ

23 2月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

料理カテゴリー投稿・・
第2弾・・

冷蔵庫の余り物・アンド余った冷や飯・でチャーハン・のような焼き飯・のような「ピラフ」をつくる(^^♪

昨日家に帰ったら、夕飯を食べていないことに気が付いて・・
余りの冷ご飯を見つけて・・
ピラフの様なチャーハンが食べたくて・・

今回の余り具材は・・
・冷ご飯 お茶碗1杯半位
・玉ねぎ 半分(小さい場合は1個)
・ピーマン 1個(小さい場合は2個)
・シイタケ 2個
・国産ばら肉 スライスの物 2枚

※具材の量はラフで大丈夫です・・好きな具材は多めに入れてくださいね(^^♪

ピーマン・シイタケは5~7ミリ角・位に大体で切る
玉ねぎはみじん切り
国産ばら肉は0.5センチ~4センチ位の間でお好みの大きさで切ってください
野菜類はこんな感じ

余り物ピラフ

お肉はこんな感じ

余り物ピラフ

フライパンに・・
オリーブオイル計量スプーン大さじ2杯

余り物ピラフ

少し温まってきたら・・
お肉を投入・・

余り物ピラフ

写真の様な感じに肉が焼けてきたら・・

余り物ピラフ

先程切って置いた野菜類を一気に投入・・
フライパンをガンガン煽って素早く混ぜる・・
・・あ・・今回のガスの火力は、最初から最後まで最大火力で・・
なので、焦げそうと思ったら、フライパンを上手く火から離してくださいね・・

余り物ピラフ

次にバターを計量スプーン大さじ1杯
(カロリーが気になる場合は、少なめに・・入れなくても大丈夫です・・お好みで!!)
さらに煽る・・

余り物ピラフ

塩コショウは普通の塩コショウで 3振り
コンソメは顆粒
計量スプーン小さじ 2杯
キューブの場合は・「1個」入れちゃってください・・

余り物ピラフ

さらに煽って大体混ざったら・・
一旦フライパンから取り出してお皿に盛ってください・・
プロは卵・米・具材の順番にどんどん投入しますが・・火力の弱い素人のコンロでは無理なので・・
この取り分ける方法が良いと思います(^^♪

余り物ピラフ


塩コショウ・コンソメ投入のタイミングで、入れ忘れた「ナツメグ」を2振り(笑)

フライパンは洗わず、油も投入せず次の工程へ進みます・・

野菜を炒めたフライパンに、卵・・投入・・
普通・・ピラフなので、卵は入れないんです・・
でも入れちゃう(笑)

余り物ピラフ

(ご飯が冷えている場合は電子レンジで30秒程温めてください)
卵を落としてから「8秒」位待って、ご飯投入・・
ここからが特に忙しいです・・
ご飯投入直後卵と混ぜるためにまず一回フライ返しをして、ご飯の上に卵が乗っかるようにしてください・・
ご飯を木のしゃもじで切るように混ぜます・・
混ぜたらまたフライ返し・・
フライパンを細かく揺らして木べらを前後にスライドさせて一気に混ぜます・・
(この動作は、場数を増やすと誰でも上手くなりますよ!!)

余り物ピラフ

ご飯がなかなかほぐれない場合は計量スプーン大さじ 2杯位・のお水を入れても大丈夫ですよ・・
下の写真の様な感じになるまで頑張ってフライパンを振ってください・・
ここまでが一番大変です(^^♪

余り物ピラフ

先程炒めてお皿に取り置きした野菜を再投入します・・
野菜の水分があるので・・少し「ビチャッ」としますが・・
野菜投入後すかさずフライパン返しと木べらで混ぜれば水分が飛んで行きます(^^♪

余り物ピラフ

ご飯と肉野菜類が混ざってきたら「パルメザンチーズ」(粉チーズ)を2振り程入れてさらに混ぜます・・
チーズもお好みです・・入れた方がコクが出ます(^^♪

余り物ピラフ

最後に「黒コショウ」を入れます・計量スプーン小さじ 2杯位
こちらもお好みで入れてくださいね・・

余り物ピラフ

写真のように大体混ざったら完成です(^^♪
少し味見をして、塩加減を調整してくださいね!!

余り物ピラフ

混ざり加減色合いはこんな感じです・・

余り物ピラフ

お皿に盛り付けて完成(^^♪

余り物ピラフ

素人の・・
冷蔵庫の余り物アンド電子ジャーに残った冷や飯で作る・・
なぁ~~んちゃって・チャーハンのような・焼き飯のような・ピラフ(^^♪

冷ご飯さえあれば!
お肉は・ベーコン・ソーセージ・ハム・・
贅沢な場合はパンチェッタ・グアンチャーレとか・・
ニンジンやキャベツ・ほうれん草など入れても美味しいですよ(^^♪

でわでわ(^^♪

 

万古焼土鍋で米を炊く

21 2月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

料理カテゴリー投稿・・
第一号は・・
万古焼土鍋で米を炊く(^^♪

万古焼土鍋7号

万古焼土鍋7号


7号土鍋で2合の米を炊きます

分量は
1合の米櫃カップ2杯
水400cc

電子ジャーで炊く時と同じ要領で米を研ぎます
研いだお米を土鍋へ移し水400cc(米2合計量時)を入れ1時間以上浸水させます

1時間浸水させたらガス火は「中火」で炊き始めます。
写真の火加減を見てください・・

万古焼土鍋7号


炊きの時間は15分
蒸らしの時間は15分
トータル30分で出来上がり・・

「中火」で炊き始めてから「約7分」位で、写真のように勢いよく湯気が上がります
この「7分」はあくまでも目安です・・ガスの種類や器具によって違います!
(・・湯気が吹きあがったら弱火・・)
と覚えてください

万古焼土鍋7号

こうなったら次は「弱火」で残り※制限時間15分間まで・・
※今回は7分で湯気が上がったので残り8分間
チョロチョロ炊きます・・
写真の火加減を見てください・・

万古焼土鍋7号

キッチンタイマーをセットすると良いですね・・
炊き時間はトータル15分にセットします。
15分経ったら火を止め・・また15分待ちます・・
蒸らし時間15分です。
火を止めたらタオルを鍋の上に掛けて置くと良いかもしれません・・

蒸らし時間15分が終わったら・・
お楽しみ(^^♪

万古焼土鍋7号


こんな感じで炊けます・・

万古焼土鍋7号

お茶碗によそって・・
なめ茸をかけて・・
新鮮な卵があったら卵かけごはんも良いですね(^^♪

万古焼土鍋7号

この「なめ茸」も自家製料理です・・
凄く簡単なので作ってみてください・・
次回投稿しますね(^^♪

万古焼土鍋7号

料理の投稿は初めてで、ラフです・・
次回からは各工程の写真をちゃんと載せますね・・

土鍋で炊飯は、何度か水加減などを試して柔らかめ・固め・それぞれお好みで調整してください。
お焦げが好きな人は「炊込み15分」の終わりに10~30秒位強火で炊いてください・・

でわでわ(^^♪

 

熊本ラーメン 美味し(^^♪

15 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

沖縄そばとラーメンには目が無いNyannです(^^♪

「JR東日本エキナカ5大プロジェクト」の一環で
JR大宮駅にも「エキュート」があります。
ご当地品物産店エリアがあり1ヶ月単位で、地方の色々なものを売っています。

今回は熊本の物産品(たぶん震災の関係での特別出品ではないと思います)の番みたいで・・
陳列棚を見ると美味しそうなラーメンが・・
つい買ってしまいました。

何種類かありましたが・・今回は
コレ
「濃い味・味千拉麺」(^^♪

Ramen-2s

味千拉麺・濃い味


熊本ラーメンなのでもちろんベースは「豚骨スープ」
そしてもう一つ・・濃い味・・がミソの
「焦がしネギ?+焦がしニンニク?+何か?」だと思うのですが、「特製スープ」がもう一つ!!
固めの細いストレート麺に良く絡む「濃い味」を裏切らない「コク」のあるとても美味しスープ!

そして新しい発見・・
日本蕎麦に入れる「揚げ玉」・・
試しに入れてみたら・・合う合う・・
醤油味でも塩味でも味噌味でも上手く合わなかったのですが・・
「豚骨スープ」とはとても相性が良いです。
・・ご自分でトッピングされる際は自己責任で・・(爆)

Ramen-1s

味千拉麺・濃い味


とても美味しく頂きました。

作り手のセンスが悪いので美味しそうに写ってないm(__)m
でも、味は本当に美味しいです・・久々のヒット!!

今日はどれを買って帰ろうかな(^^♪

 
熊本ラーメン 美味し(^^♪ はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

ドライブイン国界のラーメン・・美味し!

20 1月

中央自動車道「小淵沢」インター出口を国道20号線側(左折)を降りて、
突き当りの国道20号線の「国界」丁字路信号機の角左側に
「ドライブイン国界」があります。

「ドライブイン国界」のラーメンは、
一度食べると週一は必ず食べたくなります。

・・・何系か?どんな感じの味か?・・・
・・・まずは行ってみて、ご自分の舌で確認してください・・・
・・・期待を裏切らないと思います・・よ!

基本的にはレストランなんですが、ラーメンが大人気!!
もちろん、ヒレカツ・ロースカツなどの他の料理も文句なくとても美味しい!!
肉も厚くて柔らかく、衣はサクッとジューシー!!

ドライブイン国界のラーメンは、
ラーメンでもチャーシューメンでもどちらも美味し!!!

男性の方は是非、大盛りがお勧めです(^^♪

場所は↓「食べログ」を載せますので、サイトを見てください。

http://tabelog.com/nagano/A2004/A200405/20000400/

地元リピーターにとても人気の店なので、特にお昼時など平日でも大変混んでます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
ドライブイン国界のラーメン・・美味し! はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ, 長野県・八ヶ岳エリア