RSS
 

Archive for 8月, 2015

FM専用チューナー

28 8月

やっとまともなFM専用チューナーで聴いています。

tu

以前はパイオニアの古いレシーバーのREC OUT端子より信号を取り聴いていました。

tu1

長野の家に寝ていたSONYのFM専用チューナーを持ってきて繋げています。

こちらも古いですが!!

音は、少しは良いかも(^^♪

 
FM専用チューナー はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

ラーベオプタ 段ボール箱の改造

23 8月

久々の投稿です

暑い日が続いて何もする気になれません。

相変わらず、休みの日の土日は、

“Premium Mini Amp”を朝から晩までつけっぱなしで楽しんでおります。

使うほどに、どんどん音が良くなってきます。

Vintage Joinさんから発売中の「Premium Mini Amp」

プリメインアンプです。

CDプレーヤーやイコライザーアンプが直接繋げます。

熱が出ない・コンパクト・省エネ!

miniamp1-1

ラーベオプタ入りの段ボール箱にウイングを付けてみました。

段ボールは良いですね、手軽に改造ができます。

涼しくなったら木箱を作ろうと思います。

それまでに色々と思考錯誤をしています。

まだ、投稿をしていなかったのですが、以前、ダクトを付けました。

30Hzと50Hzのダクトも作ってみましたが、

70Hz付近が一番自然につながるため、現時点では70Hzに合わせてあります。

opta2-1

ウイングを付けたことで、よりアナウンサーの声がリアルになりました。

バッフル効果で低域が若干増幅された事で、声に含み(奥行)が出た為と思います。

当然、後ろに回り込む分が前に出てくるため、音量も上がります。

ウイングは両翼(10度)程内側に振ってあり、

少しホーン効果が出ているのもその「含み」に貢献していると思います。

opta3-1

次回は、以前 Vintage Joinさんから提案された、

スピーカーユニットのマグネットを直接支えて、バッフルから浮かせる方法。

それも試してみようと思います。

ラーベオプタで、どういう効果があるか楽しみです。

まだ時間があるので、色々やってみようと思います。

 
ラーベオプタ 段ボール箱の改造 はコメントを受け付けていません。

Posted in モノラルオーディオの勧め

 

夏の助っ人オーディオシステム

03 8月

少しの間ALTECシステムは、小休止!

この期間を利用し室内で出来る作業として、ALTECアンプをメンテナンスしようかな!!

夏の暑いこの時期の主役は、土曜・日曜の夏の助っ人オーディオシステム

歳とともに夏が辛くなってきます。

昔は、夏が待ち遠しかったような・・・(もっと夏は涼しかった)

私なりの、今のこの猛暑にマッチしたオーディオシステムを!!!

№1は プリメインアンプ!

暑い夏には”Premium Mini Amp”

Vintage Joinさんから発売中の「Premium Mini Amp」

熱が出ない・コンパクト・省エネ!

L+Rの合成トランスもだいぶ馴染んできました。

特に、Dinah Washingtonと Sarah Vaughanのボーカルが生々しくとても良かった!

miniamp1-1

№2は イコライザーアンプ!

オペアンプで自作した9V電池で動くRIAAイコライザーアンプ。

電池だけで連続1週間持ちます!

eq1-1

№3は フルレンジスピーカー!

「1956年ドイツ製ラーベ・オプタ」

だいぶ覚醒してきました!早くちゃんとした木箱に入れたいです!(早く涼しくなぁーれ)

やばい!なんか段ボール箱が馴染んできたみたい。

ALTECはアナウンサーなど、人の声がとても聴きやすいスピーカーなのですが、

このオプタも、FMラジオなどのアナウンサーの声がとても明瞭です。

「レイチェル・チャンさん」、「リアド慈英蘭さん」の声は、とてもチャーミングに、

「滝川クリステルさん」の声は、すこ~しハスキーで、ちょっと含みのある大人のトーン、

喋りの語尾の、「です・・ます・・」が自然な感じで上がるのが特徴!

魅力的でとても気に入っています。

opta1-1

№4は 音源!

レコード音源と、昔の古いパイオニアのレシーバーのREC出力よりFMラジオ音源を取っています。

結構聴きやすい音で気に入っています。

こちらもあまり熱を出さないため楽です。

レコード音源とFMは、J-WAVEと東京FMをとっかえひっかえ聴いています。

phono1-1

CDは、パソコン音源で聴いています。

そのうち専用機を揃えようかと思います。

最近、この組み合わせで一日中聴いています、飽きません!!

 
夏の助っ人オーディオシステム はコメントを受け付けていません。

Posted in モノラルオーディオの勧め

 

“Premium Mini Amp”

02 8月

 ”Premium Mini Amp”

暑い!8月に入り猛暑が続いていますね。
暑くて、何もする気にならない。

Vintage Joinさんから発売中の「Premium Mini Amp」を購入し、

ドイツ製のスピーカー「ラーベ・オプタ」を鳴らしています。

土曜・日曜の休日のほとんどの時間をこの「Premium Mini Amp」で音を鳴らして過ごしています。

P-AMP-1

トランジスターアンプはとっくに処分してしまい、

私のリスニングルームは真空管アンプばかり!

エアコンが無いわけでは無いんですよ・・・ちゃんと掛けていますよ。

木造の2階だし、西日は入るし、

私の真空管アンプはスイッチを入れると20本以上のヒーターが温まりだすおかげで、

見ているだけでも暑い。

1570A

熱がほとんど・・・全然出ない「Premium Mini Amp」

本当にありがたいです・・緑色のLEDが一つ、涼しげに点灯するだけ・・エコですね!!

で・20㎝変形オーバルのドイツ製スピーカー「ラーベ・オプタ」をMONOで!!

P-AMP-6

前回投稿のライントランスでステレオをMONOに合成、

主にFM放送&自作の9V乾電池で動くPhono Equalizerアンプを繋ぎレコードも聴いています。

P-AMP-7

この「Premium Mini Amp」

出力1Wしか出ないんです。

でも、とても良くチューニングされた完成度の高いアンプだと思います。

試しに私のメインシステムに繋いだところ、

これ本当に1Wしか出ないの??というような力強い鳴り方でのALTECを鳴らしてくれます。

この「Premium Mini Amp」

 倍音もしっかり出ているし、何よりも音の情報密度が濃い!

私は、

 良く出来た真空管アンプは、情報密度がとても濃いと思います。

 それが、いまだに真空管アンプの魅力として多くのファンを引きつけているのだと私は思います。

この「Premium Mini Amp」

 今までのトランジスターアンプの音とは違います。

 トランジスターとか、真空管とかのカテゴリーを超越した音のアンプです。

  周波数特性がどうの、ダンピングファクターがどうの、何ワット出るの、

  動作がAクラスだのABクラスだの、DCアンプだのACアンプだのDIGITALアンプだのって、

  そうなんだ、スペックも良いけど、肝心の音楽は楽しめてる?・・・というような!

この「Premium Mini Amp」

 オーディオという無骨なメカの存在を感じさせない、

  情報量が多い!楽しいんです!音楽が!(ALTECでもLOEWE-OPTAでも)

  決して無難な音ではないです。そういう音であればこのアンプを選びません。

  レコードなんか、今までしまい込んでいたものまで引っ張り出して、

  これはどうか・・この曲はっ・・てな感じで次々と音楽を聴きたくなる!一日中鳴らしっぱなし。

  私の、ラーベ・オプタとの相性も良く!

  バランス良く、情報量が多い!「とにかく私好みの心地よい、いい音」で鳴っています。

※決して大げさに言っているわけではないです。

デザインもシンプルで良いです、

 女性が手に取れば、これ「可愛い」と言われそうなデザイン!

 デザインって、とても重要なファクターだと思うのです。

 私は、緑色ですが、他には、青色や赤色のもあります。

この夏、Vintage Joinさんから発売中の「プレミアム ミニ アンプ」

1台(STEREOは2台)いかがですか?

ショップで実際に音を聴く事を是非お勧めします・・・(ほかにも色々HP確認!)

Vintage Joinさんは、

実際に一つ一つ音を聴いて納得していただいて製品を求めて頂く、

対面販売を重視しているそうです。

百聞は一見にしかず →「百読は一聴にしかず」!!!

 
“Premium Mini Amp” はコメントを受け付けていません。

Posted in モノラルオーディオの勧め