RSS
 

Archive for 1月, 2017

ELAC Miracord 10H ただなんとなく写真を載せる

13 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

「ELAC Miracord 10H」ドイツ製のレコードプレーヤーです
日本では・・
アメリカ仕様で輸出された「Benjamin Miracord 10H」が一般的なようです・・
そちらのレコードプレーヤーは「120V」「60Hz」で動きます・・

私のはドイツ本国仕様・・
「220V」「50Hz」で動きます・・

ただなんとなく写真を整理していたら・・
ただなんとなく良く撮れていた写真があったので・・
ただなんとなく載せますね・・

このレコードプレーヤー・・

ショップで聴いた感じは・・
別段インパクトのある音が出ていた訳ではない・・
そろそろ「YAMAHA GT-2000」一台では飽きてきたし・・
こういうデザイン好みなので・・
フルオートプレーヤーも面白そうって感じのノリで買った・・

自宅に到着して・・
ケーブルのハム音に少してこずり・・
今のアルテックと繋いで初めて、このプレーヤーの音の良さがわかった・・
というか
このプレーヤー・・マイ「ALTEC」と相性が良い・・
だけかも(爆)

マイ・アルテックに繋ぐと・・
同じくらいの年代の「Garrard 301」やその後の「Garrard 401」
「THORENS TD 124」とか・・
「ELAC Miracord 10H」決して引けを取らない音が出る・・
太っとくて確りした音が・・

なので・・
マイ・アルテックシステム以外
あなたのシステムに繋いだ時の音は保証しませんよ・・
カートリッジと針を付ければ音は出ます(笑)
ただし、アンバランス接続なので、機械によってはハムにてこずります!!

「ELAC Miracord 10H」ドイツ製

ELAC Miracord 10H


 
オートチェンジャー機能を備えています

ELAC Miracord 10H


 
オートリターン機能ももちろん
(居眠り扱ける)

ELAC Miracord 10H


 
ボタン一つで動かせるところが有難い
(酔っ払い仕様)

ELAC Miracord 10H


 
確りしたトルクで音も抜群ですよ・・

ELAC Miracord 10H


 
気に入ったので2台持っています
左が「Miraphon 18H」右が「Miracord 10H」
共にドイツ本国仕様

ELAC Miracord 10H & 18H


ー 以上 ー

 

スピーカーから出ている音≄耳で聴いている音?

08 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

2017年になりました・・
毎度、使い回しの映像で失礼いたします(笑)

私はめったに人に自分のシステムの音を聞かせません・・
「マイファイ」ですから・・
ネットのオフ会など以ての外・・

今のアルテックシステムになってからは、唯一今までに2人だけ・・
(エレクトリ師匠)と(京橋のマスター)
アルテックを熟知している先輩である両名に聴いてもらえれば十分・・

今年は、何十年ぶりかで・・

10年来の地元の焼き鳥屋で知り合った一回り近く若い年下のオーディオマニアが遊びに来ました・・

ALTEC My-Refarence


 
彼曰く、私の音は厳しい音だ・・

なるほど・・
確かに機器の構成から言ってすべて業務用だし・・
特に中高域など、「ALTEC A7」用「802-8D」コンプレッションドライバー+「H-811B」ホーンの音を
わずか2~3メートルのところで聴かせている・・
普通ならきついわな・・
私は、慣れているのでそれほど感じなかった・・

アンプは「ALTEC 1568A」40Wタイプでよかった・・
私には、優しい方のアンプ

ALTEC 1568A My-Refarence


 
「ALTEC 1570A」165Wタイプだったらもっと厳しい音が出ていたはず・・

ALTEC 1570A My-Refarence


 
私は、スピーカーユニットは違えど、この音のバランスでもう40年近く来ている・・
自分には40年ほとんど変わらない音量バランスで聴いているつもりだが・・

歳とともに耳は劣化するもの・・

もしかするとシステムから放たれている音は、私にはちょうど良くても・・
一回り近く若い彼の耳で聴くと、きつい音が放たれているのかもしれない・・

今後は、良い悪いは別として、恥を忍んで、色々な人に聴いてもらうことも必要かもしれない(爆)・・

そういえば「エレクトリ師匠」も、ちょうど50代半ば・・
私が30代後半の頃よく・・
左右の音バランスがよくわからないから代わりに合わせてくれって頼まれたっけ・・

今、ちょうど私も昔の「エレクトリ師匠」と同じくらいの年代・・

ALTEC My-Refarence


 
歳は取りたくないものだ(^^♪

 
スピーカーから出ている音≄耳で聴いている音? はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

AUDIOシステム My Refarence の音決め(^^♪

01 1月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

2017年になりました・・
私的には一日進んで西暦がリセットされた・・って、とこかな・・でも休めるのは嬉しい(^^♪

お金もないので、新しい機材を購入できるでもなく、置き場もないので・・
毎度同じ光景で失礼いたします(笑)

ALTEC My-Refarence


 
ところで・・
マイ・リファレンスのオーディオシステムはお持ちですか?

ALTEC My-Refarence


 
マイ・リファレンスの音決め(チューニング)には時間が掛かりました・・

私の一番のリファレンスのテーマはオール「ALTEC」・・
音の傾向は決まっています・・
「ALTEC」システムの自分流の忠実再生・・
そこに近づけるための調整に、半年ほど掛かりました(^^♪

全体を聞きながら、バランスでチューニングしているつもりなのですが・・
スネアなど打ち込みの軽さ・・
シンバルのタッチと響きの余韻の鳴き方・・
バスドラのタッチ音・・など
気にしながらチューニングしていたような・・
人それぞれチューニングの癖があります・・

ベースの鳴き方は重心が上がりすぎず・・適度に膨らみを持たせて・・
ベースの音階は極力刻めるように・・

スピーカーのボン付き定在波には昔よく悩まされましたからね・・
ボンつくよりは、少し量感を犠牲にしてもスピード感を重視・・

そんな点に趣を置きながらのチューニング・・
中域の太さは、このシステムの組み合わせでは何もせずに「ぶっとい」ので特に調整はしませんでした・・
しかし・・すべての機器間の電気的整合は規格を忠実に守り、きちっと揃えました・・

音の太いのとナローなのは別物ですからね・・

あくまでも自己流ですが、美味しい音が出ています(^^♪

アンプ類はすでに以下の「ALTEC」で決まっているため、その点は楽でした・・
それを基準に「スピーカーシステム」のみチューニング!!

メインアンプは以下の2種類「ALTEC 1568A」手前 「ALTEC 1570A」奥

ALTEC My-Refarence


 
プリアンプも以下のミキサーアンプ「ALTEC 1567A」

ALTEC My-Refarence


プリとメインの接続は「600Ω」バランスで・・
最初は大変ですが、リファレンスがあると自分の音の基準が確立されています・・
たまに浮気しても・・もとに戻れますね(^^♪
 
皆さんは、どうでしょう?