RSS
 

Archive for 6月, 2017

ALTEC 1570A Repairing(修理)その3 夏眠

26 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ALTEC 1570A Repairing (修理)
ALTEC 1570A Repairing(修理)その2 通電・試聴
の続き・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER OUTPUT-165W

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
先週、試験的に電源を入れ各部のチェック・試聴を行いましたが・・
暑い暑い・・
エアコンがフル稼働の状態で日中は部屋の温度が下がり切らない・・
やっと下がってきたのは夕方の7時過ぎ頃・・
冬は、ストーブいらずで一石二鳥なんですがね~!!
冬眠ならぬ「夏眠」をします(^^♪

若いころは、暑くても平気で一年中稼働させていたものですが、
ここ数年は歳をとってきたのか、最近は体が暑さに弱くなってきたこともあり、
高圧直熱管独特の音を聴くときは少し構えて聴くため、聴いていて疲れてくることがあります。

おのずと「ALTEC 1568A」40Wの出番が増えてますね(^^♪
傍熱管「EL34」(6CA7)シングルPPの音は、若干ソフトな感じで耳障りも良く疲れない音です。

将来「ALTEC 1568A」40Wでは役不足となる「A7-500」導入時には・・
「ALTEC 1570A」165Wでなければ味わえない世界が待っています(^^♪
館の環境も整えて・・「A7-500」で爆音三昧(笑)

サブ機の「ALTEC 1568A」40W
オーディオ的には「ALTEC 1570A」に比べると多少聴き劣りはしますが・・
出力も「40W」と今の家のスピーカーシステムには丁度よいバランスです・・

ALTEC 1568A POWER AMPRIFIER


 
虫の音が聞こえる時期まで・・いや!
木枯らし一号が吹く頃まで・・
しばらくは「ALTEC 1568A」をメインに聴き続けます・・

ALTEC 1568A POWER AMPRIFIER


 
次回・・
またこんなのを手に入れてしまった(笑)
モノーラルオーディオのお勧め(^^♪
「EMI 3972」

EMI 3972


イギリス製 2Way オーバルスピーカー
Nyannとしては・・
友達の、ロジャース「LS3/5A」以来イギリスの音は聴いたことないので・・
タンノイとかはよく聞いていたので正確には・・
何十年ぶりかの「LS3/5A」以来「イギリス スタジオモニタースピーカー」の音(^^♪

 

Nyannの炒め飯(チャーハン&ピラフ⁺)

22 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・ご意見がありましたらコメントを頂けると嬉しいです(^^♪

久しぶりの料理の掲載です・・
沢山撮り貯めている写真の中から一部・・Nyannのチャーハンとピラフを少しご紹介しますね(^O^)/
あと・・ケチャップライスもね!!

赤と緑のピーマンの彩ピラフ

赤と緑のピーマンの彩ピラフ


(赤・緑ピーマン・・玉ねぎ・・ひき肉)
 

作り方の工程は
チャーハン?・焼き飯?・なぁ~んちゃってピラフを見てください。

チャーハンとピラフ・・違う点は・・中に入れる基本の調味料です。
塩・コショウ(黒コショウ)などは共通です!!
卵は炒飯に入れるのが基本ですが、ピラフに入れるのも良し・・ご家庭のお料理なのでお好みで!
パルメザンチーズ(粉チーズ)はコク出しなので、これもお好みで入れてください。
ピラフの仕上げにチリペッパーなどを入れるとピリッとするので良いかもしれません。(入れすぎ注意)
ほんの少しですが「タバスコ」を入れることもあります。(入れすぎ注意)
 
ピラフ
基本の火力は(中火)
ベースの味付けは(コンソメ)・・「オリーブオイル」・・「バター」
 
チャーハン
基本の火力は(強火)
ベースの味付けは(顆粒鶏ガラ)・・「サラダ油」または「ラード」・・「醤油」(鍋肌に沿って)
調味料は「味の素」ではなく「いの一番」を一振り
ネギは長ネギの白い部分と色づきで青い部分を使います(玉ねぎを入れる場合もあります)
仕上げは
「日本酒」を(大さじ1/2)位鍋肌に沿って入れます・・(お好みで)
ぐうっとお店の味に近づきますよ!!
「日本酒」の代わりに「紹興酒」を入れるとまた独特の香りがして「中華街」風になります!!
こちらもお好みで(^^♪

ピラフもチャーハンも中に入れる野菜は冷蔵庫の中身次第(笑)
最近赤や黄色やオレンジ色などのピーマンが出ていますね・・
3色のピーマンを加えて色合いの良い「ガパオライス」風・・なんていいかも!!
注意点は・・
葉物を入れる場合はよく水気を切ってくださいね・・特にレタスは(^^♪
 
ケチャップライス
基本の火力は(中火)
ベースの味付けは(トマトケチャップ)・・「サラダ油」または「オリーブオイル」・・「ナツメグ」
基本ピラフと同じですが、どうしても家庭用のコンロだと少し(べチャッ)としてしまいます・・
かといってあまり強火で長い間炒めると辛くなったり焦げっぽくなるのでお勧めできません。
何回か作るうちに最適の火加減が解ると思います。

ケチャップライスの主役はもちろんケチャップですね・・
Nyannはケチャップは「デルモンテ」を使います。
酸味が強い方が好みの場合は「カゴメ」を入れてください。
甘みが強い方が好みの場合は「ハインツ」を入れてください。

ナポリタンなどを作るときは「デルモンテ」:「カゴメ」の2種類を
「6:4」くらいの割合で使って甘みと酸味を調整しています(^^♪

甘み—「ハインツ」–「デルモンテ」–「カゴメ」—酸味

ケチャップライス

ケチャップライス


(ピーマン・・人参・・玉ねぎ・・ベーコン)
 

シンプルすぎる卵オンリー炒飯

卵のみ炒飯


(卵)のみ・・鶏がら・塩コショウで味付けしています(^^♪
 

ちょっとピリ辛・鳥皮炒飯

ちょっとピリ辛・鳥皮炒飯


(鳥皮・・卵・・ピーマン・・玉ねぎ・・鷹の爪)
このチャーハンは油をごま油にしています
(癖があるので最後の香り付に小さじ1杯位加えても良いですよ)
鷹の爪は種を取って丸ごと炒め(1本)、ご飯を入れる前に取り出します(^^♪
 

釜揚げしらすとレタスの炒飯

釜揚げしらすの炒飯


(釜揚げしらす・・シイタケ・・ベーコン・・ピーマン・・レタス)
釜揚げしらすの塩気があるので、塩は加えていません・・
レタスは細く千切りで・・よーく水気を切って最後に加えます・・
醤油も気持ち少な目で十分に味が付いています(^^♪
 

赤と緑のピーマンの彩炒飯

赤と緑のピーマンの彩炒飯


(赤・緑ピーマン・・玉ねぎ・・ハム)
 

ニンニクの芽炒飯(これお勧めです・・ニンニクの芽の香ばしく後味の甘みが良いですよ)

ニンニクの芽炒飯


(ニンニクの芽・・キャベツ・・ばら肉)
 
チャーハンばかりですね(・´з`・)

シメジと鮭のピラフ

シメジと鮭のピラフ


(ピーマン・・シメジ・・鮭フレーク・・ばら肉)

写真はまだまだあるんですが・・また次回(^^♪

 
Nyannの炒め飯(チャーハン&ピラフ⁺) はコメントを受け付けていません。

Posted in 料理・レシピ

 

ALTEC 1570A Repairing(修理)その2 通電・試聴

19 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER OUTPUT-165W
アメリカ ニューヨーク州 ニューヨーク市 マンハッタン区 ミッドタウン
カーネギーホール 向け 専用設計のアルテックパワーアンプ

これ一台で「ALTEC 515」15インチ(38センチ)ウーファー6発をドライブします

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER

1年半ほど前から色んな接触不良でだましだまし使っていたけど・・
相次ぐ整流管のソケット不具合やらパワースイッチの故障やら・・

ついに1年ほど前からピンチヒッターの「ALTEC 1568A」(40W)機にバトンタッチ・・

ALTEC 1568A POWER AMPRIFIER


 
あんまりほっとくのも不味いので・・やっと重い腰を上げて修理開始したのが先々週(笑)
整流管のオクタルソケットの金具交換及びパワースイッチ交換・・
各所半田盛り直し・・
ALTEC 1570A Repairing(修理)

通電・試聴
CH1 (LEFT)側アンプ通電

ALTEC 1570A Repairing


 

ALTEC 1570A Repairing


 

ALTEC 1570A Repairing


 
CH2 (RIGHT)側アンプ通電

ALTEC 1570A Repairing


 

ALTEC 1570A Repairing


 

ALTEC 1570A Repairing


 
もう一枚・・上から

ALTEC 1570A Repairing


 
プリアンプは定番の「ALTEC 1567A」ミキサープリにて繋いでいます・・

ALTEC 1570A Repairing


 
「ALTEC 1567A」ミキサープリ側からは・・
写真の一番左側の赤い丸いトランス「15095」ライントランスにて「600Ω」バランス伝送出力

ALTEC 1570A Repairing


 
「ALTEC 1570A」パワーアンプ側は・・
写真左側の灰色の四角いトランス「4665」ライントランスにて「600Ω」バランス伝送入力

ALTEC 1570A Repairing


 
「15095」トランス「15,000Ω」:「600Ω」–バランス–「600Ω」:「80,000Ω」「4665」トランス

久しぶりに「ALTEC 1570A」の音を・・
電源投入直後は、一年ぶりの動作なので少し低域が重く全体的に重心が下がり気味でしたが・・
3時間ほど通電していくと次第に元の「altec 1570A」らしい張りのある音に・・

「ALTEC 1570A」の音は「811A」の「トリュームタングステン フィラメント」独特の音色・・
中低域の音は高圧直熱管ならではのパンパン・・と張りのある音・・
中高域はスーッと透き通った濁りの少ない音・・
サブの「ALTEC 1568A」に比べてグッと奥行き感が増してきます・・
「ALTEC 1568A」もほかに比べれば十分レベルは高いですよ・・
「ALTEC 1568A」のウォームトーンも良いですが・・
「ALTEC 1570A」の圧倒的なパワーによるスピーカーの制動力・・
ダンピングファクタではないですよ・・
(低域から高域まですべてスピーカを完全に制圧しているという意味です)

「ALTEC 1570A」に出会うまでは、名立たるド級パワーアンプでもこの制圧感はありませんでした(^^♪
今まで自分が聴いてきたパワーアンプの中では類を見ない制圧力のある音を出しています!!

過去の管球王国の何号か忘れましたが・・
他の名立たるパワーアンプと比べて次元の違う音が出ている・・
という記事があったようです(「ALTEC 1570B」です)

でも暑いので・・
中も外もきれいに掃除をしたし・・
来週には綺麗に包んでスピーカ台の下で冬まで・・冬眠ならぬ夏眠します・・

ALTEC 1570A Repairing


 
Nyannは音の良さより暑さに負けるので・・暑い間は「ALTEC 1568A」の出番です(笑)

 
ALTEC 1570A Repairing(修理)その2 通電・試聴 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

ALTEC 1570A Repairing (修理)

12 6月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER OUTPUT-165W

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER

Nyannのオーディオ装置の大御所「ALTEC 1570A」過去にも何度か掲載したことがあります。
以下のブログに初めて掲載・・
メインシステムのパワーアンプ
入手のエピソード何なんぞ・・
エレクトリ師匠とALTEC LANSING

1年半ほど前から色んな接触不良でだましだまし使っていたけど・・
ついに1年ほど前からピンチヒッターの「ALTEC 1568A」にバトンタッチ・・

相次ぐ整流管のソケット不具合やらパワースイッチの故障やら・・

最初に掲載したのは・・
2016年3月8日
右チャンネルの整流管ソケットの一つが不具合で、足の太い整流管に交換・・
整流管5U4GBの交換

2016年6月13日
左チャンネルのパワースイッチの故障
ALTEC 1570A 壊れた(笑)・・冬眠→夏眠

2016年6月19日
ここらへんから調子が悪くなり
ALTEC 1570A 壊れた(笑)・・の続き

その後左チャンネルの整流管ソケット不良で7月末に予備のアンプ「ALTEC 1568A」にチェンジ・・

2017年3月6日
やっとラックから引っ張り出した・・
ALTEC 1570A POWER AMP 大御所をラックの外へ出す

「1570A」の記事は故障の記事ばかりか(笑)

そんな訳でやっと重い腰を上げて修理修理!!!
まずは整流管のオクタルソケットの金具から・・
真空管のソケットの金具を交換しようと思いジャンクから部品を取った・・

8Pオクタルソケット金具


 
左チャンネルのアンプ修理・・(ソケット交換とパワースイッチ交換)
左はソケットから金具を取ったところ・・
真ん中は古い金具と入れ替えの金具・・
右はソケットに金具を挿入したところ・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
こんな感じに配線します・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
まあこんなにボロボロだとは・・よく今まで動いていたなぁ・・
左の3つなんか原型を留めていない・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
故障していたパワースイッチもジャンクから取り出した代替えスイッチと交換

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
右チャンネルのシャーシ配線(だいぶくたびれてるけど意外と丈夫です)

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
左チャンネルのアンプ修理・・(ソケット交換とパワースイッチ交換)
右チャンネルと同様の交換(白丸で囲んだ部分)

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
左チャンネルのシャーシ配線
(よく見ると解るが・・
こちらの方が20番新しいせいか・・固定バイアス用の整流器がシリコンダイオードになっている)
(右チャンネルはセレン整流器)
入手当初は修理後にシリコンダイオードになったのかと思ったが・・
シリコンダイオードの仕様だった!!
若干バイアス電圧は違うが・・音も出力も左右同じ・・流石メーカー品である(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


修理は完了・・後は老けている半田をチェックし半田の上げ直し・・
大した修理じゃないの休み休みやっていたので時間ばかし掛かってしまった(爆)
 
にわか修理ベンチで・・修理完了

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
左から
4665:インプットトランス(ALTEC 1570B は15095インプットトランス(赤くて丸いトランス)
12AX7 6SN7:入力段
6W6GT:ドライバー段
811A:出力段
整流管:5U4GB(ALTEC 1570B は5R4GY)

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
「4665」インプットトランス
「1570A」を手に入れてから2年程探しましたね・・
今みたいのオークションとかなかった時代なので足で探しました・・
確か京都のビンテージショップでやっと見つけました・・
当時で9万円程しましたが・・ここで逃したら手に入らない・・
思い切って購入しました!!
案の定・それ以来・・現物は一度しかお目にかかったことがありません(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
オマケで写真を沢山載せておきます・・

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 

ALTEC 1570A POWER AMPRIFIER


 
設置及び電源投入は来週の予定です・・
フィラメントの灯ったところの写真はその後掲載します(^^♪