RSS
 

憧れのスピーカーシステムはJBLだった(笑)

28 8月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

さかのぼること42年前・・細かい(笑)
まだ中学生の頃・・
JBLが大好きでした・・(持っていなかったけど)

1975年頃の秋葉原はそこいらじゅうで「JBL」がガンガン鳴っていました・・

ステレオで揃えるとうん百万もするようなシステムが・・
無造作に置かれてガンガン鳴っていました・・

もちろんオーディオ店の試聴室なんかにはパラゴンも置いてある・・
しかも中学生の私がこれ鳴らして・・って言うとその何百万もするものを快く鳴らしてくれた!!

今では考えられない光景が目前に有った・・

D-44000 PARAGON
低域用:38cmコーン型(LE15A)×2
中域用:ホーン型(375+H5038P)×2
高域用:ホーン型(075)×2
ネットワーク:LX5、N7000(各2)
ネットより抜粋

JBL D44000 PARAGON


 
中学生の私には当時このスピーカの良さは解らなかった・・たぶん!!
これから音が出るのが不思議だった(笑)

やはり素晴らしかったのはコレ・・
JBL4343BWX
低域用:38cmコーン型(2231A)
中低域用:25cmコーン型(2121)
中高域用:ホーン型(2308+2307+2420)
超高域用:ホーン型(2405)
ネットより抜粋

JBL 4343BWX


 
正直・・初めて聴いたとき今でも覚えていますがすごい衝撃でした・・
目の覚めるような青いバッフル板に確りとしたエンクロージャー・・
ビジュアル的にもすごくインパクトがありました・・
38センチのウーファーがボコボコピストン運動をしながら爆音で鳴っている・・
爆音で鳴っているのに全く音が崩れていない・・

もう一つ
JBL4333A
低域用:38cmコーン型(2231A)
中域用:ホーン型(2308+2312+2420)
高域用:ホーン型(2405)
4343よりはコンパクトでしたが、その分4343よりも更にモニター的なハイスピードな音・・
ネットより抜粋

JBL 4333A


 
当時は今の様なモダン・・ハードバップ・・
デキシーランドジャズよりも・・
フュージョン系やクロスオーバー系ってジャンルを聴いていました・・
ボブジェームス
ハーブアルバート
ベンシドラン

チックコリアなんかも好んで聴いていましたね・・
なのでJBLは打って付け・・

「JBL43・・」ほんとインパクトのある音を出していました・・
全てが生々しくて煌びやかで・・
目の前で生演奏を聴いているような・・
迫力も十二分・・

お次はコレ・・
JBLのバックロードホーン
JBL4520BK
モニターシリーズとはまた異色でこれも迫力ありました・・
こんな大きいの普通はホールやライブ会場位しかお目に掛かれませんよね・・
当時はこんなのがオーディオ店の軒先に有ったんです・・
ネットより抜粋

JBL 4520BK


 
ALTECと同じくJBL業務用PAシステム
ネットより抜粋

JBL ENCLOSURE


 
独特のホーンレンズを持ったホーンたち
ネットより抜粋

JBL MID/HIGH FREQUENCY HORN


 
こんなのを組み合わせて部屋に入れて爆音で聴くのが夢でした・・(当時自分の部屋が無かった(爆))

もう一つ・・
より現実的なスピーカーシステムとして
JBL4311
初代コントロールモニター
これは本当に欲しかった・・
より現実的に手に入れたかったですね!!
真っ白なコーン紙・・憧れでした!!
ただこれとて当時の私には高嶺の花・・
1台¥198,000でしたからね・・
バイトもしていない中学生には無理無理(笑)
低域用:30cmコーン型(2212)
中域用:13cmコーン型(LE5-2)
高域用:3.6cmコーン型(LE25)
ネットより抜粋

JBL 4311


 
これもいい音していました・・
大型のモニターシステムとはまた違った音で・・とても聴き易く・・なのに明瞭で良かったですね!!
私がよく言っている「美味しい音」・・
今でもブックシェルフタイプでは「最高のスピーカーシステム」だと思います(^^♪

結局のところ
高校3年位からバイトをはじめて大学生の頃は
長岡鉄男先生の元でバックロード「ダイナロード9」を作成
就職してからは「エレクトリ師匠」と出会いアルテックシステムを導入
現在に至る今の今までJBLには今まで一度も縁がありませんでした・・

アルテックのスピーカーと同じく・・(アルテックは殆ど布か紙エッジなので交換不要!)
JBLのスピーカーもエッジを交換すれば確りとした新しい頃の音が再生できますからね・・

一生に一度JBL4343を手に入れてレストアして自宅で鳴らしてみたいです(^^♪

 
  1. akise

    2017年12月26日 at 9:53 PM

    初めまして
    以前からちょくちょく覗かせてもらってました。

    JBLのスピーカーはこの時代が一番華やか?でしたね。
    私は当初D130 x 2 を秋葉原のテレオンで購入して自作ボックスに入れて聴いていました(高域追加予定で断念)。
    ’80前後に4311BWXを経て’81に4343BWXに落ち着きました。
    ウレタンエッジは一度業者に交換してもらいました。
    アンプは当時ヤマギワで販売中のMcIntosh C26 MC2125(世代が違いますが)をこれまでずっと使ってますが3年ほど前にオーバーホールに出しました。
    他にオリジナルのC22,MC75 x 2 が手元にありますが完動状態に無い状態で残念です。

    そうそう、ELAC Miracle 10H(117V/60Hz)を年初に購入して電源変換(100V/50HZ → 117V/60Hz)して使ってます。
    最新の状況ではアイドラー外周に嵌め込んでいるゴム部分に一部凹みがあって “モーターゴロ?”が出ていて対処中です。

    長々と書きましたが、また寄らせていただきます。

     
    • akise

      2017年12月26日 at 10:02 PM

      ELAC Miracle 10H → ELAC Miracord 10H ですね (^_^;

       
    • admin

      2017年12月28日 at 10:00 AM

      コメントありがとうございます!!

      >JBLのスピーカーはこの時代が一番華やか?でしたね。

      その通りですね・・
      この時代オーディオ業界全盛期・・
      まさか今のような状態になるとは思いませんでした。

      >他にオリジナルのC22,MC75 x 2 が手元にありますが完動状態に無い状態で残念です。

      もったいないですね・・
      少々修理にお金がかかりますが・・やはり球は良いですよ!!

      Miracord 良いですね・・
      簡素なデザインで無駄が無くまた見ていて飽きないです!!

      私のMiracord & Miraphon はドイツ本国仕様なので
      ボタンが「センチ」表示です・・

      220V50Hzのため、やはり昇圧トランスを入れています。

       
  2. かまやん

    2017年9月10日 at 4:04 AM

    昨夜は酔っぱらったせいか、つまらん書き込みをして申し訳ありませんでした。

    中学生の時に上新電機やニノミヤ無線の海外製品売場で聴いたあの感動を
    いつまでも忘れないでおこうと思っています。

     
    • admin

      2017年9月10日 at 3:21 PM

      いえいえ年代の正確性は重要です・・

      アルテックの記事は結構確認するのですが・・
      それでも違っている時が多々あります。

      昔は秋葉原のサトームセンの視聴室に通うのが一番多かったと記憶しています・・

      マークレビンソンとか・・
      ハイエンドはヤマギワだったかな・・・

      アルテックネタですが記事を更新したので
      宜しかったら見てください(^^♪

       
  3. かまやん

    2017年9月9日 at 12:29 AM

    はじめまして、
    わたしもオーディオにのめりこんだのは
    JBLの4343を聴いてからでした。
    ですから、持っていませんが、思い入れはあります。

    http://audio-heritage.jp/JBL/speaker/4343.html
    4343は1976年発売のようです。
    4343がBになったのは、1980年
    http://audio-heritage.jp/JBL/speaker/4343b.html

    4343と同時期に販売されていたのは、
    たしかに4333Aですが、

    http://audio-heritage.jp/JBL/speaker/4331a.html

    これですね。

     
    • admin

      2017年9月9日 at 3:27 PM

      書き込みありがとうございます!

      なるほど・・仰る通り・・

      1975年頃ではなくて正確には1976年でしたね・・

      記憶が定かではなくて
      4343か4343Bかも今となっては定かではありません(*´з`)

      4333が隣に展示してあった記憶があるので・・
      4343Bではなくて4343だったかもしれません!!

      いずれにしてもいつかは手に入れて鳴らしてみたいです(^^♪