RSS
 

FX-AUDIO TUBE-01J

28 4月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

映像ネタも機械ネタも無いので・・・たまにはネタついでに・・・

と言う訳でも無いけど・・

夏に向けての暑さ対策!!

最近巷では「ラインバッファーアンプ」なるものが流行っているらしい・・

正確には増幅をしていないらしいので「ラインバッファー」が正解かな・・

「密林商会」をググると各社結構出ているみたい・・

物は試しで一番安い「FX-AUDIO」なる処から出ている「TUBE-01J」なるものを購入!!

FX-AUDIO TUBE-01J


下のアンプは3年前位に買ったデジタルアンプ・・
出力は「20W」位だと記憶している・・
やはり暑さ対策で買ったのだが・・
実につまらない音なので押し入れにお蔵入りしていた・・・
 

FX-AUDIO TUBE-01J


見ての通り「北京」と書いてある中華球・・・
日本向けのミリタリークラスの選別球らしい・・・
頭の「J」の印刷は日本向けの意味か???

しかし誰が思いついたんだろう・・
真空管の下からの光はLEDらしい・・
せっかくの真空管のフィラメントの光が台無し(・´з`・)

下のパワーアンプも・・
青色LEDが光っていて全くセンスゼロ・・

元々青色発光ダイオードは目に刺さる光なので嫌いである(・´з`・)

そのうち余計な部品は全部撤去・・

パイロットランプの青色発光ダイオードもオレンジ色LEDに交換(^^♪

組み合わせたのはレコードでの再生がメインなので「SHURE M64A EQUALIZER」

SHURE M64A EQUALIZER


 
お次は「ELAC MIRAPHON 18H」

ELAC MIRAPHON 18H


 
カートリッジは「SHURE M3D」

SHURE M3D


最初「SHURE M44-7」で掛けてみたが・・
若干レンジが広く感じられ、中音域の密度が薄く感じられた・・
「SHURE M3D」の方がナローレンジなので・・
 
「ALTEC AMP」の代わりなので・・スピーカーはうちのメインスピーカー

ALTEC SP SYSTEM


スピーカーシステムの構成は過去の投稿ををググってくださいね(^^♪

デジタルアンプで悩んでいるオーディオファイルには朗報なアンプかも知れない・・
デジタルアンプのつまらない音がこの「TUBE-01J」を通すと真空管による倍音が加わるのだろうか?
デジタルアンプが何とか使い物になる(^^♪
コンデンサー系を交換するとか・・
互換球もあるようなので、機会があったら差し替えてみようと思う・・

評価的には・・
音楽のエネルギー感はやはり少ない・・
低域の出方の質はもたつきが無くて良い・・
帯域のバランスは良いようだ・・
打楽器・・パーカッションのアタックは若干弱い・・
音像が若干引っ込む・・
奥行き感はやはり少ない・・
小ざっぱりした音である・・

まあこれからの暑さを考えると我慢できるレベルまでは上がったように思う・・

昔買ったデジタルアンプが無駄にならなかったのは朗報であるし・・

オールアルテックのアンプとの比較なので無理もないが・・だいぶ健闘していると思う(^^♪

しかし当たり前だがSNは良い・・
シーとかシャーとかジーになれている私的にはとても違和感がある・・慣れの問題か(笑)

オマケ映像

ELAC MIRAPHON 18H


手前に見えるのはマニュアルリフター・・
非常に便利です(^^♪

 
FX-AUDIO TUBE-01J はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, ELAC Miracord & Miraphon

 

Comments are closed.