RSS
 

ALTEC 1570A 独特の音の凄み(^^♪

17 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

アメリカのカーネギーホール向けに専用に設計されたアンプなんだけど・・
と言っているが、全く資料が見当たらない・・
Nyannは「エレクトリ師匠」から最初に教わったんだけど・・
いくつかのWEBページにも同じような事が書いてあった・・
アルテックのスピーカーに関してはあーだのこーだの色々と書かれているけど・・
アルテックのアンプの事に関してはとても資料が少ない・・
特に「1570A」に関しては・・
検索すると自分のブログばかり出てくる( ;∀;)

話が変わりますが・・
今日の様な夕方からの雨の日はなぜか我が家のシステムはよく鳴る(笑)

北欧組曲


北欧組曲
1977年録音
日本人の演奏だ・・
高橋達也と東京ユニオン
曲は好きなんだけど・・
録音が??

少し前、「ALTEC 1568」で再生してみましたが・・
カートリッジを「SHURE M447」で掛けた時はオーケストラなのに広がりがあまり無く・・
なんかもこもこして線が細い・・
ところが、今のカートリッジ「SHURE M3D」に変えた所、別物のように鳴りだした・・
生き生きと鳴り始めた(笑)

ALTEC 1570A POWER AMP


ところがどうだ・・
「ALTEC 1570A」では・・
音が太いのは当たり前だが・・
格段に音の切れが良い・・スピード感が格段に増している・・
音のエネルギー感が本来のオーケストラでの再生を彷彿させている・・
リアリティーが数段増した感じ・・
音がどんどん迫って来る・・
総評として・・演奏に独特の凄みが加わった・・

このレコードこんなにエネルギーが入っていたんだ・・嬉しい悲鳴(^^♪

この感覚は「ALTEC 1570B」も同じ・・と言うかBタイプの方がパワーがある分もっと凄いかも!!!

この独特の凄みのある音は「BLOG」の記事にいくら書いても解らないと思います・・
残念ながら「ALTEC 1570A」「ALTEC 1570B」を所有してい者でしか味わえない音かもしれない!!

ただし・・好みの問題ですよ・・あくまでも・・
特にハイエンド系が好みの場合は、ほぼ真逆なので受け入れられない感覚です・・

過去にFBで何処かの方がコメントをしていました・・
アルテックの「1567」や「1570」は毒っ気のある音を吐く・・と言っていましたが・・
まさにその通りかもしれません!!!

アルテックはオーディオ機器ではありませんから(笑)
あくまでも公共の拡声装置です(^^♪

ALTEC 1570A POWER AMP

だからアルテックは止めらんねぇ==(爆)

アメリカの拡声器は良い感じですね~~(^^♪

 

Leave a Reply

 
 
  1. Redseamark

    2018年10月2日 at 9:20 PM

    Nyann様
    こんばんは
    今日OMRONに問い合わせしてみました。
    BU100RSというUPSを勧められたのですがRE100FW2も明日再度聞いてみようと思いますが、双方インバータ式なのでノイズカットの何かしらの機器を挟む必要があるように思いますが、そのあたりの知見はお持ちでしょうか。

     
    • admin

      2018年10月3日 at 8:05 AM

      >双方インバータ式なのでノイズカットの何かしらの機器を挟む必要があるように思いますが

      Redseamark 様
      おはようございます

      OMRONの製品に関してはあくまでもカタログ上での選択のためフィルターの要・不要関係は解りません・・

      私の場合は「CSE社の アイソレーション・レギュレーター」を使っていますがフィルターは不要です。

      このアイソレーターも正弦波の常時インバーター方式です。

      残念ながらCSE社は無くなってしまったので、故障した場合の後継機種を探していたところこのOMRONのRE100FW2を見つけました。

       
      • Redseamark

        2018年10月3日 at 8:51 AM

        Nyann様
        実は昨晩CSEのアイソレーション・レギュレーターを調達することになりまして、Nyann様はCSEの出力は昇圧されていますでしょうか?

         
        • admin

          2018年10月3日 at 1:12 PM

          Redseamark様

          >Nyann様はCSEの出力は昇圧されていますでしょうか?

          私の場合はアイソレーターの出力が100Wとパワーアンプには使えないため主に1567Aの電源として使っています。

          100V⇒120Vにトランスで昇圧しています。

          1567Aのミキサーなので今まで特に支障はありませんでした・・

          1570Aパワーアンプで使う場合は、トランスの唸り方次第で何処まで昇圧するか否かを決められたほうが良いと思います。

          その際でも規定電圧内の
          100V⇒117Vまでの昇圧のほうが安全かと思われます!!

          60年以上前のビンテージですからね!!

           
          • Redseamark

            2018年10月3日 at 2:04 PM

            Nyann様

            早速ありがとうございます。

            1570Aは117Vへの昇圧トランスを使ってみます。
            Nyann様のBlogが無ければ、50Hz/120Vで使ってしまっていたところです。大変助かりました!!

            あとは1567Aの20W✕2台をどうするか思案です。CSE outputは700Wで1570Aで使い切ってしまうので。

            あとはCSEの置き場が、、、とある棚の上部が空いているのですが、さすがに32kgの個体をそこに持ち上げるのは危険で、別部屋に置いて配線を引っ張るかどうか悩みどころです。

             
            • admin

              2018年10月3日 at 2:29 PM

              Redseamark 様

              私の友達の多くがアルテック系の重量物を持っているのですが・・

              たとえばマグニやA5やA7の移動手段にてこずっています・・
              スピーカーに直接キャスタを付けたくないので・・

              私が彼らに何時も薦めているのは・・
              キャスター付き平台車です・・
              日通さんなんかがよく重量物を運ぶ際に使う台車です・・
              これ便利ですよ・・

              この台車の上にスピーカを置きっぱなしで使うように薦めています・・

              載せっぱなしで良いですからね!!

              私のスピーカや1570Aが乗っている台も写真では解りませんがキャスターが付いています。

              東北の震災の時もキャスターがフリーになっていて自由に動いて免震の役目をしたため上に乗っているスピーカがずり落ちずに済みました!!

              ご参考に!!!

              https://www.monotaro.com/g/01286428/

               
              • Redseamark

                2018年10月4日 at 11:17 AM

                Nyann様

                重量物は大変ですね。
                H825は床がフローリングであれば、ダンボールなどをそこに敷けば摩擦抵抗が少ないフローリング側がある程度フリーになって移動できますが、ホーンがHタイプの場合はそれもどかさねば動かくのにはしんどいです。
                H110はさすがに無理なので送っていただいたような台車に載せましたが、大きすぎて自宅には入れずに倉庫の一時しのぎで設置してしばらくモノラルで聴いた後で手放しました。

                この台車はいろいろ役立ちますよね!

                 
  2. Redseamark

    2018年9月25日 at 9:12 PM

    こんばんは

    M3Dはほんとうに「ぶっとくて美味しです」という表現が当てはまり楽しいですよね。
    オリジナルのNOSは今もeBayで手に入りますが、私がぞっこんになって集めたときの相場の2〜3倍になってしまっているようです。
    当時は同じSHUREで揃えようとM65フォノイコライザーも使用していました。ターンテーブルはGarrard301でしたが今は手放してありません。Nyannさんのブログを見ているうちにELACを使ってみたくなってきています。
    これらのSHUREは温存していますのでプレーヤーを入手すればすぐに再稼働です。
    一方、最近どうしても十代の頃に憧れたDENONのアナログシステムを使いたくなり昇圧は4722にしていますが、そこだけはMade in Japanです。ちなみにDENONはDP-7000というターンテーブルですがM3Dの味は十分に出ていました。アームは放送局用のシンプルなものです。

    音楽再生の領域での製品づくりや技術革新は本質とミスマッチを起こしやすいように私も感じています。
    製造メーカーはビジネスで挑み、我々は趣味の世界で評価するのでなかなか相容れないことが生じやすいのでしょうね。
    一旦完成されきったように感じてもメーカーや開発者は立ち止まれない、技術革新という名のもとに何かをする、そういうことになってしまうのかと。
    暴言ではなく顧客の声のひとつの象徴であると思います、賛成です!

    ところで写真をアップしました。
    まだ製作中ですが途中経過にて。

     
    • admin

      2018年9月26日 at 9:42 AM

      Redseamark 様
      おはようございます

      「1570A」のこういうのははじめて見ました・・
      業務用なので、用途に応じていろんな形に改造されていますね(^^♪

      「1570A」 さすが業者さんです・・
      配線の色がとてもきれいですね(^^♪
      何も塗布しないでこのままでも大丈夫だと思いますが!!

      「1567A」からパッチベイまでの配線が多いので大変そうですね!!

      19インチラックに組むとなかなか壮観です・・

      わんこ可愛い(^^♪

       
      • Redseamark

        2018年9月26日 at 10:05 AM

        Nyann様

        おはようございます。

        そうですねこの1570Aはラックマウントのために改造されています。せめてパネルはグリーンにしてほしかったですね、、、、
        1567Aからの配線はこれからです。ベイから全端子のケーブルが配線されていますが、実際可動させるのは1567A 2台でそれぞれ2chになると思います。
        この個体はNewPortの設備で使われていたもので、今となっては汚いのですがテプラでCH連番が貼られて4台一式で運用されていたようなので、バラバラにしてしまう気になれずまとめて温存しようと考えています。
        名だたるアーティストの生音がこのミキサーを通り抜けたと思うと緊張します。

         
        • admin

          2018年9月26日 at 1:45 PM

          Redseamark 様
          こんにちわ

          >NewPortの設備

          アメリカでの出所がわかるととても歴史的なロマンを感じますね・・

          それを今一人で独占しているのだから特別な思いがあります・・

          同じ中古品でもただの中古ではないその使用感がたまりません!!!

          「1570A」などのクラスのアンプはアメリカでも比較的大型のホールやスタジアムなどで使われていたようです・・

          アメリカで大型のパブリック施設は日本でも有名なところが多いです・・

          もともと「1570A」は「カーネギーホール」向けの専用設計ですからね!!!

          「NewPort」の「1567A」だったら・・
          ニューポート・ジャズフェスティバルなどで・・
          マイルス・デイビスデューク・エリントンジョン・コルトレーンなどの名だたるミュージシャンの演奏がこれを通して拡声されたり録音されたりした可能性が大きいですね(^^♪

          「1567A」ミキサーアンプは有名な「BlueNote」の初期のモノーラル録音に使われていたそうです・・

          このミキサーを会場に持って行ってライブの生音を採っていたそうです(^^♪

          とても有名なロックフェスティバル・・
          「ウッドストック・フェスティバル」にも「1567A」が使用されていました・・
          写真に残っています(^^♪

          当時のアルテックの業務用システムはアメリカ全土のほとんどで使われていたようです!!

          日本ではスピーカーだけが先行して・・
          アルテック・・・
          スピーカーのメーカーとしてしか知られていなかったイメージですね!!

          特にアンプ類はあの偉大なウエスタンエレクトリックの人気が高く・・
          アルテックのアンプ類はその陰に隠れてあまり有名ではありませんでした・・

          ここ10年くらいですか・・
          季刊のステレオ誌などでアルテック特集があったりビンテージアンプの鳴き比べだったり・・
          そんなこんなで知れてきた感があります・・

          ステレオ誌の何月号だったか・・
          (マッキン・マランツなど比較にならない音だ・・)
          なんて言う記事が載ったものだから「1570B」なんかものすごく高くなってしまっています・・
          困ったものです・・

          あまり無知な人が使ってそのうち感電死なんてあるかもしれません(笑)

           
          • Redseamark

            2018年9月26日 at 11:12 PM

            こんばんは、
            Nyannさんはアルテックの物語にお詳しいですね。
            勉強させていただきます!
            私はJAZZ以外にSOULも聴くのですが、有名なMOTOWNも1567Aを使用していたようです。
            確かにアルテックのシェアは凄かったようですね。
            私は2000-2006年ぐらいまでの期間に北米のアルテックが使われていた業務設備の更新等で廃棄されるものを個人輸入していました。現地の知人が建築関連の仕事の関連で設備更新時にそうした物品の入手が容易にできた関係で多くのスピーカーユニット、ホーン、エンクロージャー、アンプ類等々を輸入しました。Nyann様の言われるように、そういった場ではゴミ扱いで我々がアプローチしなければ解体されてたものかと思います。オーディオという観点で扱われるものではなかったのでしょうね。
            ただ、そうこうしているうちに韓国バイヤーが高額なオファーを提示して買い取りしていくようになり、丁度その頃国内でもオーディオ専門誌で具体的なインプレッションや製品の情報提供が盛んになり価格の上昇を招き、その次に中国勢が参入して資源が枯渇したような状況になっていったような気がします。
            私の手元にあるシステムはそんな流れの中で、自分で残すべきと思ったものの組み合わせになっています。
            もう今一度最初から集めようと思っても無理なのだろうと思います。
            感電は怖いですね、死に至ってしまう以外にも、障害が残ったりしたら大変です。私のラック実装もワンコがいるのであの写真の状態に加え空気が滞留しないような工夫を施しながらガードを設ける必要があるのかなと思案中です。
            Nyann様の猫ちゃんはオーディオ機器の部屋に自由に出入りしていますか?

             
            • admin

              2018年9月27日 at 9:33 AM

              Redseamark様

              おはようございます

              >猫ちゃんはオーディオ機器の部屋に自由に出入りしていますか?

              普段誰もいないときは出入り自由です・・
              うちの猫はあまりオーディオ機器には興味を示さないみたいです・・

              でも、一応気まぐれで危ないので主だった機械には掛け物だったりカバーを掛けています(笑)

              アメリカで機械を集められていたんですね・・
              羨ましいです・・
              当時は宝の山でしたからね!!

              私もその頃土日だけ頼まれてビンテージオーディオショップで修理のアルバイトをしていました・・

              当時から、店主曰く、需要はたくさんあるんだけど供給には限界があるのでそれが悩みだと言っていました!!

              中国人や韓国人は機械を本当に好きでなく投資目的で根こそぎ持って行くので気に入りません!!!

               
              • Redseamark

                2018年9月27日 at 11:51 AM

                Nyann様

                動物たちは気まぐれなので、万が一感電とかが心配ですね。
                人間が責任を持って動物たちを守らねばならぬと思います。

                修理のアルバイトをされていたのですね!
                であればお詳しいですね!
                ちなみに1570Aは仕様上は117V、1570Bは105-130Vだと思いますが、1570Aの120V使用についてはどう思われますか?
                200Vから120Vへのステップダウントランスを使う予定なのですがメンテナンスの方からは古い機器なので高い電圧にはならないようが良いと言われたもので悩んでいます。

                供給には限界ありですね、、今はもう業務用更新分はほとんど採掘はされ尽くして流通ものだけでしょうか。
                節操の無い投資目的はいやですね。当時の現地の知人(米国人)も同様の感を持っていました。

                 
                • admin

                  2018年9月28日 at 1:37 PM

                  Redseamark 様
                  こんにちわ

                  >1570Aの120V使用についてはどう思われますか?

                  Redseamark 様の使用地域は
                  50Hz地区でしょうか?
                  60Hz地区でしょうか?

                  60Hz地区では鳴らしたことが無いのでどうなるか解りません!

                  私の住んでいる、50Hz地区で120Vまで昇圧して使うと
                  「1570A」の電源トランスは60Hz専用設計なので・・
                  トランスの唸りがとても大きくなります・・

                  50Hz地区で使用する場合は117V以下で使ったほうがトランスのためには良いと思います。

                  同じ部屋で聞いた場合にはトランスの唸り音がとても大きくなりますので、視聴に影響が出ます。
                  また、発熱も増えます・・

                  すぐに壊れるどうこうは無いと思いますが・・

                  私も120Vのトランスに繋いだことがありますが・・
                  私の狭い部屋では唸り音が大きくて気になって使い物になりませんでした・・

                  たった3Vのオーバーですが、規定の電源117VでB電源の電圧が930Vにもなる1570は・・120Vだと、たぶん1000V近くまであがっている可能性があります。
                  (デジタルテスターだとオーバーロードの表示が出ます)

                  また、知り合いのトランスを製造している友達に相談したところ、やはり60Hz仕様のトランスを50Hzの電源で鳴らすと唸り発熱が60Hz地区よりも多くなりコイルのダメージが多くなります・・特にオリエントコアーなので、あまり進められない・・ということでした。

                  トランスの種類にもよりますが・・
                  60Hz117V仕様の場合
                  50H地区では出来れば105V以下で使うほうが望ましいようです・・

                  私の場合も50Hz地区なので昇圧しない100Vで動かしています!
                  最大出力は出ませんが・・

                  常用のパワーはおそらく出して3・4Wくらいだと思いますので良しとしています・・

                  真空管の「811A」はトリウムタングステンのため、規定のヒーター電圧で使わないと若干寿命が短くなるらしいのですが、アンプはビンテージ品ということもあり、球よりもトランスを優先させて優しく使っています(^^♪

                  ヒーター電圧は6.3Vのところ5.8V位ですが特に問題なく動いています(^^♪

                  「ALTEC 1568A」を持っていますが・・
                  このトランスは50Hz・60Hz兼用の設計なんです・・
                  なので「1568A」を使うときは120Vまで昇圧しますが・・
                  唸り音が大きくなることは全くありません(^^♪

                  やはりパワーの出方が強力になります!!

                  「1570B」であれば105Vで動かせるので良いですね!!!

                   
                  • Redseamark

                    2018年9月29日 at 12:04 AM

                    Nyann様

                    大変参考になる情報ありがとうございます。
                    確かにお蔵入り前に120Vでの使用で1568A,1569A,などいくつか使用しましたがシーンとしており、1570Aのみフーンと唸り気味でした。
                    200V-100Vのダウントランスもあるのでそれを使うようにします。
                    周波数変換器も使ってみたくなるような気がしてきましたが、どうでしょうか、、、

                     
                    • admin

                      2018年9月29日 at 2:11 PM

                      Redseamark 様
                      こんにちわ

                      >周波数変換器も使ってみたくなるような気がしてきましたが、どうでしょうか、、、

                      60Hzに変換できれば一番理想的ですね!!

                      きちっとした「正弦波」を出せるアイソレータまたはUPSなどで・・

                      出力は「1570A」が700W・「1567A」が40W・・
                      740W必要ですから・・
                      変動分などを考慮して1000W位ですかね・・

                      欲く言えば1200W位あるとベストでしょう(^^♪

                      電圧を上げた時の効果より・・
                      ヘルツを上げた時の効果の方が大きいかもしれません!!!

                      関西圏のジャズバーなどは力強くていい音出してますからね・・特に神戸当たり(^^♪

                       
                  • Redseamark

                    2018年9月30日 at 10:19 PM

                    Nyann様

                    そうですかやはり西日本は音がいいですか!
                    関西に知人がいるのですが、なんとなく同じような機器構成なのにいい音するなと以前から思っていたのですが、そういうことだったのかもしれません。

                    ところで周波数変換は結構大変そうですね。
                    ほとんどインバータ方式のようなのですが、さすがにインバータは逆に良くない影響ありますよね?

                     
                    • admin

                      2018年10月1日 at 2:21 PM

                      Redseamark 様
                      こんにちわ

                      >ほとんどインバータ方式のようなのですが、さすがにインバータは逆に良くない影響ありますよね?

                      インバーター方式はコストが掛かるというだけでこちらのほうが私的には良い方法だと思います。

                      ちゃんとした正弦波の出力を得ようとしたならば方式的にインバーター方式しか選択の余地がありませんね。

                      インバーターとは
                      商用電源(交流50Hz)⇒直流に整流(DC化)⇒基本周波数発信器(正弦波60Hz)を同期させ再度交流変換(復調)⇒出力
                      ざっとこういう感じですかね・・

                      出力1000Wで60Hz専用出力の発信器みたいなものですね・・

                      UPS(無停電電源装置)など
                      常時インバーター方式で無い場合は
                      通常時は商用電源での給電50Hz
                      停電時インバータ給電60Hz
                      となり・・
                      60Hzにするには常にバッテリーでの給電となってしまいます。

                      常時インバーター方式ならば
                      通常使用時から60Hzにて給電可能です!!
                      ただ。最近のUPSは商用電源同期となってしまっていて出力周波数の選択が出来ないものがほとんどです。

                      そこで私が目をつけているのは・・

                      OMRON社製・・交流安定化電源装置(CVCF)
                      UPSではないんですよ(^^♪

                      RE100FW2 1000W出力1台でドライブするか

                      RE60FW2 600W出力2台でドライブする・・
                      RE60FW2 600W出力2台でドライブしたほうが若干出力波形の歪が少ないみたいなので・・
                      ただ・・こちらのほうが・・2台購入するので、お金が掛かる!!

                      ————————————————
                      出力周波数
                      同期モード:入力周波数に同期
                      非同期モード:50/60Hz±0.5Hz
                      出力波形 正弦波
                      ————————————————
                      ここいらへんが良いですね・・
                      詳しくは
                      https://www.oss.omron.co.jp/ups/cvcf/re60-100fw2/re60-100fw2_spec.html
                      見てください(^^♪

                      これならば大型バッテリーとか余計なものも無いので良いですね!!

                      あくまでも・・カタログ上での選択なので・・
                      自己責任で・・

                      もしも導入する際にはよくメーカーに問い合わせをして検討してくださいね(^^♪

                       
  3. Redseamark

    2018年9月20日 at 9:37 PM

    M3Dお使いなんですね!
    私もこのカートリッジに出会った時はびっくりしました。個人的にはオルトフォンより好きでSPUを全て手放してM3Dをストックしました。
    何故かあまり注目されないカートリッジですが大好きです。
    1570Aの「凄み」という表現もまさにですね。
    一旦この凄みを聞いてしまうと離れられなくなりますね。

     
    • admin

      2018年9月25日 at 4:50 PM

      Redseamark 様

      こんにちわ

      M3Dは
      ぶっとくて美味しです・・
      楽しいです・・

      私のM3Dはエレクトリ師匠から貰ったものなんです・・
      オリジナルの針はとっくにだめになっていて、針はレプリカのものです・・

      私の場合はM3Dは、YAMAHAのGT2000で鳴らすと全くだめでした・・

      今メインで使っているELAC Miracordのプレーヤーによるものが大きいです!!

      たまたまですが・・Miracord とM3Dの相性が良かったのかもしれません!!

      あとから聞いた話で、SHUREはELACのカートリッジのパテントを取得したのが最初と聴いておりますのでELAC Miracordとの相性の良さはそこからきたのかもしれません!!

      SHURE M3Dの時代と今私がメインで使っているELAC Miracord 10H・18Hの時代が大体重なっています!!!

      こういう古いカートリッジで音を聴いていると今の最新のオーディオって何なんだろうな・・
      技術革新って何なんだろうって・・

      確かに新しい素材を使ったり製造技術は進んでいるとは思うのですが・・
      音楽を聴く道具なのか?
      技術革新の成果を聞く道具なのか?

      本来再生音楽は音の良さだけではなく演奏家の音楽を・・情熱を・・
      肌で受け止められて何ぼの世界のような気がするのですが・・

      技術はそれを再生するための最低限の技術を提供すれば良いのであって・・
      技術革新そのものの音を聴いても全く面白くない!!!

      これは私の持論で暴言です(爆)

      みんなこんなことを考えているとオーディオ業界が成り立って行きません・・
      これで食べている人・・がんばっている人もたくさんいますからね・・

      暴言です大変失礼しました!!!