RSS
 

ALTEC 342B AMPLIFIER

23 9月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

アメリカの運動会用のアンプと言えば「ALTEC 342B」(笑)

本当に運動会で使ったかは不明(爆)

なんとなくそんな拡声器を鳴らしていたような・・・

久々に3連休なので引っ張り出して聴いています(^^♪
ALTEC 342B

ALTEC 342B

けっしてコンパクトとは言えないアンプだけど・・
アルテックにしてはコンパクトかもしれません(笑)

ALTEC 342B

「ALTEC 1568A」に「ALTEC 1567A」を少しチャンネル数を減らして・・
プリメインアンプに仕立てたようなアンプ・・

トーンコントロールも付いていて便利ですよ・・
効き方も中心周波数からスイングするタイプではありません・・
リニアな効き方なので、イコライザーのカーブを補正するような使い方です!!
「ALTEC 1567A」のトーンコントロールと効き方は全く同じです!!

ALTEC 342B


構成は・・ザッと・・
プリ部:12AX7
ドライバー部:6CG7
出力部:7027A PP (6L6GCの高信頼管)
整流部:5AR4

イコライザーアッセンブリーは「1567A」と同じものが使えます・・
なので直接プレーヤーから接続できます(MMカートリッジ)!!
お手軽ですね(^^♪

「ALTEC 342B」は一応2台あるのですが、メインに繋ぐのはめんどくさいので・・
「JENSEN 525H」で鳴らしています・・

JENSEN H525 15INT COAXIAL

今日は気圧が低いらしく、出力管から久々に蛍光が出ています(^^♪
蛍光はいつ見てもきれいですね!!!
左から「5AR4」「7027A PP」

ALTEC 342B

音は、ストレートで素直な出音です・・
出力は30Wで、フルレンジスピーカーなんかをサクッと鳴らすのには良いかもしれません・・
もちろんアルテックトーンですよ(^^♪

 

Leave a Reply

 
 
  1. ケロリン

    2018年12月1日 at 7:23 PM

    Nyann様 こんにちは、ALTEC1567Aの記事を探していたらこちらのブログにたどり着きました。
    モノラル用のプリにと考えておりますが、12864phonoユニットを2つのチャンネルに入れて合成することはできますか?私は現在タムラのTD-1を使用して合成しておりますが・・・あと、12862assyVUメーターにALTECのロゴが入らないのもありますでしょうか?
    私はSPからALTECに入りましたが、1520Tの音の良さに驚いて、常用しております。ELACも好きでgarrardもありますが常用はもっぱらELACです。普段から聞いているのは50年代のJAZZで、ELACやSHUREのMMカートリッジを使用して球アンプでALTECを鳴らすのがRVGの方向性に合うと思ってます。(奇麗な音ではなくて勢いのある音)

     
    • admin

      2018年12月4日 at 7:57 AM

      コメントありがとうございます!

      すみません!!時間が取れなくて返信が遅くなってしまいました

      >12864phonoユニットを2つのチャンネルに入れて合成することはできますか?

      「1567A」の「3チャンネル」と「4チャンネル」に12864を装着しL・Rを接続すると合成できます。

      >12862assyVUメーターにALTECのロゴが入らないのもありますでしょうか?

      「12862assy」として売っているもので、ロゴの入っていないものはすべて「レプリカ」・・偽物です!!

      オリジナルの12862assyVUメーターには必ず「ALTEC」のロゴが入っています。

      ただのVUメーターとして構造が全く同じものもあるみたいですね!!

       
      • ケロリン

        2018年12月6日 at 10:42 AM

        Nyann様 教えていただきありがとうございます。じっくり探します。モノ合成にはいいですね。あとひとつソケットには通常マイクですから4722が入ると思うのですが、4722は一次が38Ωと150Ωですがマイクを使う場合どちらのインピーダンスを選択するのでしょうか?また、150Ωの場合1567Aは1と3が出力になりますか?もし分かればお手数ですが教えてください。よろしくお願いします。

         
        • admin

          2018年12月6日 at 1:39 PM

          >じっくり探します。
          12862ASSEMBLYと
          12864ASSEMBLYは
          まず皆無だと思います・・
          12862ASSEMBLYは、1台1セットのため、たとえばシャーシーなどが潰れてしまったものから部品取りで出てくるのがあればですが・・
          交換部品としてはもうとっくに放出済みのようです。

          12864ASSEMBLYは、オリジナルのものは今まで一度も見たことがありません・・
          たまにアダプター的なものがあると期待するのですが100パーセントハイインピーダンス入力用の抵抗が入っているだけでした。
          回路図はあるので、私はレプリカを作って装着しています。

          >4722は一次が38Ωと150Ωですがマイクを使う場合どちらのインピーダンスを選択するのでしょうか?
          使うマイクによります。
          どちらかというと150Ωが多いかもしれませんが・・
          ファンタム電源が付いていないのでコンデンサーマイクは使えません・・
          ダイナミックマイク専用ですね!
          ダイナミックマイクはほとんどが600Ωですので本来の使い方が出来るかどうか解りません!!

          4722は、別にケーシングをしてMCカートリッジの昇圧トランスに使う方が良いかもしれません。

          >150Ωの場合1567Aは1と3が出力になりますか?
          4722の150Ω入力が4と6なので1567A側の入力は1と3がホット4がシールドグランドです。
          4722の38Ω入力が4と5なので1567A側の入力は1と2がホット4がシールドグランドです。

           
          • ケロリン

            2018年12月6日 at 1:51 PM

            Nyann様 回答ありがとうございました。マイクロフォンは600Ωという認識がありましたので4722を入れて使用することが不思議でした。4722は過去所有したことがありますが、MMやモノMCに変更したため売却してしまいました。常用はshureM44-7で自分では満足してます。

             
            • admin

              2018年12月6日 at 3:55 PM

              >マイクロフォンは600Ωという認識がありましたので
              現代はそうですね。

              AL1567A MIXERが生産されていた頃は、
              ALTECのマイクロフォンは以下のようにインピーダンスのマッチングの取れるマイクロフォンが主流でした。

              ALTEC 633 MICROPONE
              ALTEC 670 MICROPHONE
              ALTEC 670B MICROPHONE
              ALTEC 671B MICROPHONE

              出力インピーダンス
              30Ω/50Ωor150Ω/250Ω切り替え

              ALTEC 632C MICROPONE
              ALTEC 639 MICROPONE

              出力インピーダンス
              30Ω/50Ω切り替え