RSS
 

ALTEC 1570A レストア直後(初めての音出し時)の写真

21 10月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

写真を整理してたらこんなのが出てきた(笑)

「ALTEC 1570A」 を調達・・レストアが完了したばかりで初めての音出しの時の写真・・

ALTEC 1570A


今と変わりはありませんね・・
整流管のメーカーが違うだけ位かな・・当時は「Philips-ECG」

当時のメインスピーカーは「ALTEC」ではありませんでした!
「DYNALOAD-9」(ダイナロード ナイン)「FE203Σ 2発」

ALTEC 1570A


「長岡鉄男」先生・設計の「DYNALOAD-9」
「長岡鉄男」先生が設計したバックロードスピーカーの中では最大の大きさ・・
サイドの板厚は先生設計の21mmより倍厚い42mmありました(^^♪

「DYNALOAD-9」を作成した当時・・
「ミューズの方舟」のメンバーも「DYNALOAD-7」までは作成者がいましたが・・
「DYNALOAD-9」は私だけでした・・
「長岡鉄男」先生に作成したことを報告したら・・
ニコニコしながら(あんな大きいの作ったの・・調整が大変だぞ!!)

確かに、最初はとんでもないのを作っちゃったって後悔しましたが・・
「DYNALOAD-7」では出せないダイナミックな音が出てきました(^^♪

「DYNALOAD-7」よりも「DYNALOAD-9」は大きさが1.5倍ほど大きかったですから!!
「DYNALOAD-9」は珍しかったので・・
「ミューズの方舟」のメンバーも何回か音を聴きに遊びに来ました・・

発売したての「YAMAHA A-2000」と「YAMAHA GT-2000」でドライブする組み合わせでしたから・・
私のオーディオもそれなりにハイエンドオーディオ時代でしたね(爆)

「DYNALOAD-9」は21歳頃の作成ですから・・
「ALTEC 1570A」が乗ったこの写真はそれから十数年後のものです!!

「DYNALOAD-9」と「ALTEC 1570A」の組み合わせで音を聴いていたのは・・
世界広しと言えども私だけだったでしょう(笑)

右下に懐かしいフォステックスの「UP-103」もありました・・これ、いい音してたんですよ!!
センターには「ALTEC 419-8B」をプレーンバッフルに入れて・・
このころすでにモノーラル再生も楽しんでいたんですね(笑)

「ALTEC 1567A」も専用キャリングケースを手に入れる前・・1セット所有のみでした・・
パワーアンプは自作の「2A3」シングルステレオアンプ・・
(直結式のロフチンホワイト)

ALTEC 1567A

当時はあまり部屋に何もなく今よりはずっとスッキリしていました(^^♪

私の自宅での「2A3 SINGLE」から「ALTEC 1570A」に変わった際の感想は・・
このころすでに 「ALTEC 1570A」は何台か修理レストアしていたので・・
予想通り・・という感じだったと思います。

もちろん「ダイナロード9」も十分にドライブ出来ていましたね(^^♪

 
ALTEC 1570A レストア直後(初めての音出し時)の写真 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々

 

Comments are closed.