RSS
 

RFT L2226 東ドイツ製スピーカー テキトウ修理その1

13 2月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

2月はなぜか忙しい・・
3月はもっと忙しいか??

「RFT B 4124」を手に入れてからまた「RFT」(笑)
前回までは西ドイツの「HECO」ばっかり4個も集めちゃった(笑)

今度は小さいやつ20センチ角位かな・・
箱の型番は無いんだけど・・RFT L2226と言うユニットが搭載されています。
これは5インチ位の小さなユニット(^^♪

RFT L2226

RFT L2226

バッフルが取れる

RFT L2226


面白い構造ですね・・
バッフル板を脱着式にする発想は初めて見ました!!

構内用のPAスピーカーだったんでしょう・・
マッチングトランスが付いています・・
使わないし、配線も切られているので外します!!
ついでに左右の引き出しケーブルが違うものが付いているのでこれも交換・・

片方のボックスの底面の突き板が欠けています・・
直角に切り直して・・

RFT L2226

物置で物色したテキトウな色の突き板シールを貼り付けます・・

RFT L2226


めちゃめちゃテキトウ・・
どうせ底面後ろ側なので普段は見えない(笑)

少しペイントをしてごまかす(爆)
どうせ底面後ろ側なので普段は見えない(爆爆)

RFT L2226


ついでに100金で買った滑り止めの足を付ける・・

一枚目の写真でもわかるように、バッフルに変な四角く黒いスポンジシールが張ってある・・
フロントにアッテネーターが付いていたみたいで穴が開いているのをこのシールで隠している・・
サランネットのデザインが気に入っているので残念なんですが、次回張り替えます(^^♪
テキトウ修理その2へ続きます・・

次はこのユニット・・

ドイツスピーカーでは始めて8インチ(20センチ)のユニットを購入・・
ドイツ製品なのできっちり20センチ・・
開口面18センチ・・

RFT L2960 PB

またこれが良い音で・・(^^♪

 
RFT L2226 東ドイツ製スピーカー テキトウ修理その1 はコメントを受け付けていません。

Posted in ALTEC オーディオな日々, モノラルオーディオの勧め

 

Comments are closed.