RSS
 

BELL 2122 AMP 修理その6

11 3月

自分のサーバーのブログなので好き勝手に書いております・・
話が前後したり、話のストーリーが滅茶苦茶だったりします・・
・・もし気に入ったら読んでみてください(^^♪
・・コメントがございましたら頂けると嬉しいです(^^♪

昨年手に入れた「BELL 2122 MONO PRIMAIN AMP」
修理第1弾 出力トランスが半分死んでいて換えのトランスを準備したとこまでで終わり・・
修理第2弾 壊れた出力トランスの撤去とパワーステージの部品撤去・・
修理第3弾 リベット止め部品(一部コンデンサーベース等も撤去)を除きすべての部品撤去・・
修理第4弾 パワートランスの再塗装・・
修理第5弾 端子盤その他リベット留めとパワートランスの実装・配線・・

自作を止めてから何年ぶりかなぁ・・ゆっくりやって行きます(^^♪

パワートランス以外の部品はほとんど使えません・・
修理と言うより・・「リメイク」その2弾(笑)

手に入れた当時はこんな感じ・・
BELL 2122 MONO PRIMAIN AMP

BELL 2122 MONO PRIMAIN AMP

端子盤の数が足らなそうなので新たに「ブラインドリベット」を使って2箇所留めました・・
ちょうどパワートランスの下だったので・・
しょうがないから一度配線をはずしてパワートランスを撤去・・
端子盤を追加後にまた再度配線し直し・・
2度手間なので疲れました・・

追加前

BELL 2122 MONO PRIMAIN AMP

追加後

BELL 2122 MONO PRIMAIN AMP


写真が逆なのでわかりにくい・・
上下右寄り2箇所追加しました・・

少し明るい写真・・

BELL 2122 MONO PRIMAIN AMP

アウトプットトランスも実装しました・・
右側の黒いやつ・・
小さいけど取り付け穴位置がオリジナルとどんぴしゃ同じ・・
性能とかでなく改造せず実装できるか否かで選びました(笑)
シャシーの穴あけをせず実装できた(^^♪

ついでに2次側の配線とパワースイッチの配線を追加・・

アウトプットトランスはオリジナルより小ぶりです・・
特性は出ているんだけどね・・国産なので肝心の音が??
どういう音が出るやら??

とりあえずまともに音が出てくれれば良いか(^^♪

 

Leave a Reply

 
 
  1. tombo

    2019年3月12日 at 6:05 PM

    ご無沙汰しておりますがblogは更新の度拝見してました(^^)
    BELLのアンプは順調ですか?
    Westernサウンドを楽しみにしています
    最近同軸スピーカーが気になっちゃってまして色々と眺めては悩んでいます(^^;

     
    • admin

      2019年3月14日 at 2:26 PM

      こんにちわ!!
      BELLのアンプは筐体と電源トランスだけの状態ですね!

      国産の出力トランスだし・・出来上がりは別物でしょうね!

      もっとも・・元々まともに鳴っている
      BELLのアンプの音を聴いたことが無いので
      ちゃんと音が出れば良いかと思っています。

      昔はALTECか
      JENSEN
      ELECTOROVOICEなどアメリカ系ばかりでしたが・・

      最近・・オクでヨーロッパ系の同軸スピーカの出品も
      増えてきて、選択肢が!!!

      ヨーロッパ系もみんな音が違うから迷いますね!!!